« 息子は、薄情なもの | トップページ | 『高橋さんの作り方』 »

『パリ・オペラ座のすべて』

6月7日(月) sun

Photo パリオペを題材にした映画、2000年製作の 『エトワール』 が ドキュメンタリータッチで お気に入り。 その後を描く作品として、購入。

DVDの「口コミ」に 「冗長過ぎて 退屈だった」 というものもあったが、繰り返し登場する パリの街やオペラ座館内のショットは、そう。 同じものは 1度で十分だと、私も思う。 『エトワール』 同様、ドキュメンタリーとしては 大変面白いので、これも 何度も見ることになるだろう。 そういう意味で、私としては、ロードショーで観る料金を DVD購入に回した方がいい coldsweats01

監督:フレデリック・ワイズマン、出演:パリ・オペラ座ダンサーたち、ブリジット・ルフェーヴル、パリ・オペラ座職員

登場する演目: 「ジェニュス」「パキータ」「ロミオとジュリエット」「くるみ割り人形」「メディアの夢」「ベルナルダの家」「オルフェオとエウリディーチェ」

2007年の撮影なので、エトワールも少し古い顔ぶれ、「今の」とは言えないが、『ロミオとジュリエット』を含め、本場にでも遠征しないと観る機会のない 未見の新しい作品(日本公演では、古典が多い)が色々見られて、楽しい lovely フランスのTV局が、何年おきかに こんな ドキュメンタリー番組 を作ってくれると、嬉しいんだけどな~ heart02 芸術性を問う 作品である必要はない。 NHKが 買って放送してくれれば (無料で)録画できるし、販売するとしても、番組のDVDなら、価格も安くなるという意味で。

« 息子は、薄情なもの | トップページ | 『高橋さんの作り方』 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/35135838

この記事へのトラックバック一覧です: 『パリ・オペラ座のすべて』:

« 息子は、薄情なもの | トップページ | 『高橋さんの作り方』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ