« 『パリ・オペラ座のすべて』 | トップページ | らっきょう漬け »

『高橋さんの作り方』

6月9日(水) cloud

グループ る・ばる 公演

グループ る・ばる は、1986年、松金よね子、岡本麗、田岡美也子の 3人の女優が集まって結成した演劇ユニット。

Photo作:土屋 理敬、構成・演出:鐘下 辰男

出演:グループ る・ばる(松金よね子、岡本 麗、田岡 美也子)、中村 まこと(猫のホテル)、児玉 貴志(THE SHAMPOO HAT)、高尾祥子(東京乾電池)、伊藤毅

【内容】「インターネットの悩み相談サイトの素人カウンセラー1名募集。人生経験豊富な方」 という、求人広告に応じて集まった中高年の男女。 集団面接の会場で、彼らのとんでもない人生経験が次第に明らかになっていく。 「高橋さん」とは、ネット相談者のハンドルネーム。

話がまるで噛み合わない対話 から始まった舞台、不条理劇 と 思いきや、カウンセリング体験だった sad 相談者に対応できないカウンセラー志望って、何よ という導入部。 松金よね子岡本麗 の早口の台詞が 本当に達者で、気軽に笑っていたら、ネットカフェ難民だの ひきもり・自殺だのと、講師も含めた「とんでもな人生」が 次々と明らかになっていくという展開。 もう、ビックリだわ wobbly

特に、義母の介護をやっと終えたら、「20年以上も前から、夫には 愛人と息子がいた」という事実を知った主婦、岡本麗に 心底同情しちゃって ・・・。 介護をさせるために「妻」にしておいたってことよね、残酷過ぎる weep また、ラストのシーンで、「死なないでくださいよ」という カウンセラーからの電話に涙する 田岡 美也子、本当に泣いていた weep 「ああいう時に、ああいう一言で この世に踏みとどまるのかな」って思った。

« 『パリ・オペラ座のすべて』 | トップページ | らっきょう漬け »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/35177284

この記事へのトラックバック一覧です: 『高橋さんの作り方』:

« 『パリ・オペラ座のすべて』 | トップページ | らっきょう漬け »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ