« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

『過速スキャンダル』

2月24日(水) sun

Photo

すっごく良かった heart04 ハートフルなコメディーで、主演3人の演技力も◎ レディース・デーだったので、出かけたついでに 六本木に足を伸ばして正解だったわ~ flair

監督・脚本:カン・ヒョンチョル、出演:チャ・テヒョン、パク・ボヨン、ワン・ソンヒョク、ホン・ギョンミン(2008年、韓国、108分)

物語】ナム・ヒョンスは 30代半ばの人気ラジオDJで、恋人は美人キャスター。 掃除の行き届いたマンションで、ゴージャスな独身生活を謳歌している。 ところがそこに、身に覚えのない「自称 娘と孫」が リュックを背負って 転がり込んでくる wobbly 彼らは、彼が中3の時に 隣の家のお姉さんと初体験して「できちゃった」という娘と 彼女が高1で「できちゃった」息子。 母娘で シングルマザーって訳だ sweat01 再会した 娘の元カレ(孫の父親)に「愛人」だと誤解されたり 芸能記者に孫をさらわれたりと、災難が振ってくる。

このとんでも設定、普通なら (友人の動物病院で秘密裏に行った)DNA検査で「間違いだった~」となるところだが、そうはならないところが笑える wink  主人公の落胆ぶりも、分かるわ coldsweats01

notes 娘役は、タレ目の童顔、田舎くさい子だ。 でも歌わせるとスゴい(本職は実力歌手か と思ったら、5曲歌っているうちの2曲は 吹き替えだって sweat01 )とか、これもタレ目の 愛嬌たっぷりの孫役(これが初出演だというのが信じられない演技力)は、花札とピアノの天才とか、一芸に秀でているあたり、「元歌手」だった主人公の芸能の血筋かと思わせる。

娘親子に散らかされた部屋を主人公が掃除しまくる一方で、歌のコンテストで着るドレスを娘に、そして好きな女の子に「ダサい」と振られた孫のために 高級服を買ってやるなど、家族愛に目覚めていく主人公の姿に笑えるし、動物病院をやってる親友(独身で、「子育てもしていないのに孫までできて、ラッキーだ」って言うの。 正論だわ。 いい娘と孫なんだもの)や娘の元カレ、幼稚園の園長先生との絡みも利いている shine

監督は これが初監督作品だそうで、韓国では『JSA』や『シュリ』『猟奇的な彼女』よりも大ヒットしたんだそうだ。 日本じゃ、無理だろうけど・・・

DVDが出たら(高かったら中古)買って、何度でも見たい作品 delicious

『大奥』 第5巻

2月24日(火) sun

Photoよしなが ふみ著、白泉社 (2009/9/29)

油断してましたね~、出ているのに 今朝まで 気付かなかった sweat01

第4巻が出てから1年が過ぎているんだから、探してみるべきだったわ dash  検索していたら、映画化の話まで見つけてしまった。 柴崎コウと二宮和也だって sign02 凛々しく美しい 有功(ありこと)のイメージと違っていて、戸惑うばからでございまする coldsweats02

さて、1年以上のブランクがあるので、いつものように 前巻を読み直してから、と。 今回は、5代将軍 綱吉の御世。 3代将軍家光に愛されてながらも 側室を辞して 大奥総取締となった お万の方(有功)が、家光の娘である 4代将軍にまで愛されてしまい、大奥を離れてからのお話。

有功の小姓だった玉栄(桂昌院)が 綱吉の父親として幅をきかせ、将軍の妹分である 吉宗とつるんで、大奥を牛耳っている。 有功を崇拝し、血気盛んな美少年だった子が、中年太りしちゃって、権力をかさにきて 吉宗を愛人にしてるなんざ、ビックリだわ wobbly

京から来た 公家出の美男、右衛門佐が今度は大奥総取締となって、有功の 代わりの役どころを務めるってとこなんだけど、有功の出てこない話は、やっぱりワクワクはしない。

見所は、「生類憐みの令」や「吉原」「赤穂浪士の討ち入り」などという史実を 違った状況で書いていること。 とっても面白い shine

そして最後、綱吉と親戚筋の少女(後の吉宗) の出会いがある。 吉宗は、色気なんざ これっぽっちも無く、キッパリさっぱりした 聡明で度胸のよい少女。 第 1巻で将軍として登場するまでのことが、次巻で語られるのかな。

川畠成道特別演奏会

2月20日(土) sun

文京シビック大ホールにて、マチネ

バイオリン:川畠成道、指揮:梅田俊明、川畠成道特別編成オーケストラ

曲目:ヴォーン・ウィリアムス「グリーンスリーブスによる幻想曲 」、ブルッフ「スコットランド幻想曲」、エルガー「愛の挨拶」、クライスラー「愛の喜び」、チャイコフスキー「メロディ」 他

主催者が知り合いで、行くことに dash 近いし 良席だったし、その後に お誘い意した友人と おしゃべりできたしで good

音を伸ばす曲がお好きなようで、バイオリンの 滑らかで長音が際立つコンサートだった。 ハープが入る曲が多く、それも嬉しかった shine チャリティーということで、盲導犬を連れた方や付き添いと腕を組んだ方が目立った。 (演劇もできる多目的ではなく)コンサートホールなので 音の響きも良かった notes

霜花店 ( サンファジョム )

2月19日(金) sun

Photo 監督・脚本:ユ・ハ、出演:チョ・インソン、チュ・ジンモ、ソン・ジヒョ、イム・ジュファン (2008年)、六本木シネマートにて

韓国では 随分話題になった映画。 なのに・・・昨秋の 『 韓流シネフェス 』 で は たった一回の上映で、出し惜しみしてた作品 pout

サイトを見ると 「 去勢 」 だの 「 晒し首 」 だのって 残酷そうなので 迷っていたけど wobbly PC作業と会議に疲れて、気分転換にと、外出 dash

【 内容 】 高麗時代末期、王は 美児を集めて教育・鍛錬し、近衛隊として身辺の警護をさせている。 中でも、隊長に任命している ホンニムがお気に入りで、昼夜を分かたず 共に過ごしている。 から迎えた王妃には 何の感情も もってはいないし、( ゲイなので ) 世継ぎはできない。 そこにつけこまれて、元の王族を時期国王にするよう迫られているし、重臣の多くもそれに与している。 一方、王妃は 夫の愛人 ホンニムを恨み、孤独を募らせている。

世継ぎが必要な王は、自分の身代わりとして、ホンニムに 王妃を身籠らせるよう命ずる。 仕方なく 床を共にする二人だが、初めての異性との交歓と互いの人間性に 惹かれていく。 しかし、それは 許されてないこと。 王は、ホンニムが王妃に惹かれていくことに気付き、嫉妬に狂う。

diamond 近衛隊長を巡る 王と王妃の三角関係なのだが、何しろ、三人の愛が 一途で激しい thunder その純愛に感動さえした heart02

ポルノみたいで、インソンくんのファンはかわいそ う 」 とブログに書いていた人がいたけれど、 『 ラスト・コーション 』 より ぎこちないというか、演技が下手っていうか sweat01 確かに、濡れ場シーンが多過ぎる気はする ( 半分でイイ ) が、長身でスリム、贅肉が全然ないからか、王妃と隊長は脱いでも 色気なし coldsweats02  「 一途 」 で切ない愛に身悶える顔の表情は、三人とも 予想以上に◎ 王妃の威厳王の狂気も、見応えがあった shine

隊長と王妃は 「 自分よりも、相手の命が大事 」 と いう ノーマルな愛、王のは 「 相手の愛を得られないなら 相手の命を奪う 」 という 独占欲。 王は、権力で 隊長を愛人にしていた ( 真に 愛されてはいなかった ) ことに気付かされて、とても哀れだった sweat02 絶望しながら死んでいくって、とっても不幸よね heart03

特訓したという 古楽の音色や 衣装・調度品もステキだったし、武術も見応えがあった flair

足のリフレクソロジー

2月16日(火) cloud rain

前にも書いたように、火曜日の夕方は 足のリフレクソロジーの時間。 パソコンで原稿を書いたり レイアウトをしたりの日々で、肩も背中も張っていて bearing

足を刺激してもらっていたら、背中や肩、首まで感じてきて、内臓に触れられているような気もして・・・ 気持ち悪い wobbly

疲れている部分が浮き上がってくるような、そんな感じ。

フーム、足裏は身体の部位と繋がっているのだと、実感したわ confident

「疲れているみたいだから、早く寝てね。」-「イヤ、これから会議なの coldsweats01 」 しかも、私が召集して 司会もするし。

「普段、自分でやるといいのよ」と言われたけど、やんないよ~、面倒くさくて coldsweats02

李政美コンサート 「わたしはうたう」

2月13日(土) rain

Photo_2 Photo_3やなか音楽ホールにて、16:00~

『子ども劇場』の音楽好きな仲間達が、年に 1回開いているコンサート。今年は、在日コリアンの シンガーソングライター、李 政美さん。 ホールも、ユニークだわ~ notes 西日暮里駅近く、客席 100にも満たないホールで 「生音で聴く」という、贅沢。 床暖房なのも、うれしい happy01

ギター:金 元誠(きむ うぉんそん)、ウッドベース:芹澤 薫樹(しげき)

1部は、フォークソング。 相手を肯定して寄り添う、或いは自分を大切にするといった内容の歌詞を 澄んだ声で心を優しく包むように歌う。 李 政美さんは長身で清楚な雰囲気、アイボリーのドレスがよく似合う。 成人したお子さんがいるようには、見えない flair

Photo_4休憩中に、中 2階にある バーカウンターで ドリンクのサービス wine  いゃ~、洒落たスペースだわ heart04

2部は、アイルランド民謡朝鮮民謡。 李 政美さんの民族楽器演奏もあって、とっても楽しい note

「キーンアリラン」や「珍島アリラン」「密陽アリラン」などの 「アリラン」を歌う声が、心に沁みる confident 被差別部落や在日コリアンの差別を背景に歌った「京成線」、お話を伺って 歌詞に込められた意味が分かって良かった。

会場には、辛 淑玉(しん すご)さんがいらしてた。 李 政美さんとかなり親しそうだった。

バレンタイン・デーの贈り物

2月12日(金) rain cloud

penguin さぶっ・・・と思っても、札幌の義母や義姉、宮城の父や兄家族のことを思うと、口には出せません。 あんな寒いところに、もう絶対 Uターンできないわ wobbly

さて、今年のバレンタイン・デーは 日曜日。 なので、夫が山ほど 義理チョコをいただいてきました。 「 バレンタイン・デーって、何日なの? 」なんて、今更聞いてくる夫。 あっ、14日が日曜日だから、今日、もらったんだ sign01」だって gawk

「ホワイト・デーには、○人分用意しなくちゃ」などと きっちりメモしているところは 几帳面だが、実際に用意するのは、私だし sweat01

今年は、ハート型のお煎餅があって、嬉しい heart04 今年、流行なのかな。 チョコは、お気に入りの 六花亭 ロイズで、これも 嬉しい heart02

Photo tv さて、今、録画して夫婦揃って見ているのは、韓国ドラマ 『アクシデント・カップル(2009年)』。 BSで毎日放映されるので、テンポ良く進むのもいい。 「実は兄弟(姉妹)だった」 とか 記憶喪失とかの 定番 トンデモ設定がない(金持ちの息子とスターは出てくるけど sweat01 ) ハートウォーミングなコメディーで ハッピーエンド(既にサイトで調査済み)なのが、気楽でいい。

主役の人の良さ、相手を思いやり、謙虚に振舞う姿に感動し、正直に的確にしゃべるのに 大きく頷き、それが相手に伝わるのが嬉しくて heart01  仲のいい兄妹、姉弟のエピソードも 微笑ましい shine 性格の悪い敵役の父子のシーンは 腹が立つので、早送り dash

主演の ファン・ジョンミン、最初、誰だかわからなかった wobbly 仕事ができなくて リストラ候補 No.1 の「いけてない」郵便局員を演じていて、『ハピネス(2008年、ホ・ジノ 監督)』で イム・スジョン ちゃんを 棄てた「酒と煙草の女に溺れてた役」とは 大違いなんだもん flair

その妹役の イ・チョンア も『狼の誘惑(2004年)』以来だから、懐かしい shine

『近藤良平 トリプルビル』

2月11日(日・祝) rain

Photo新国立劇場 小劇場にて

演出・振付:近藤良平、美術・ディレクション:森本千絵、照明:坂本明浩(OneDrop)、音響:原嶋紘(SONICWAVE)、衣裳:青柳美智子・石野良子

eye B席を買ったら、2階バルコニー席。 舞台から近いし、前にも後ろにも人がいなくて 快適(コートを背もたれにかけられたし) heart04 やっぱり端は、切れるけど coldsweats02 まず、近藤良平がギターを持って登場。 弾き語りで ユーモアたっぷりのご挨拶 notes

「牧神の午後への前奏曲」 音楽:ドビュッシー

出演:平原慎太郎、大貫勇輔

予想通り、面白い構成・振り付け。 肌色のサポーター姿(つまり、お尻丸出し sweat01 )で登場した男が 2人。 振り付け家が「2人は、できています impact 」と始まる前に宣言していた coldsweats01 殆ど裸なのに、平原くん(Noisumでお馴染み)は ハンチング帽を被っていたり、大貫くんは ハイソックスだけ履いていたりと、変 sign04 2人は絡みながら踊り、合間にシャツやズボン、コート、靴を身に付けていく。 でも、2人揃ってではない。 少しズラして笑いをとったり 予想を裏切るのが、常だから flair

「damp squib」

出演:青木尚哉、小笠原大輔、藤田善宏、笠井晴子、ノリエ・ハマナカ、福泉陽花、演奏:坂口修一郎(ダブルフェイマス)、吉田とおる、近藤良平

近藤良平を含む演奏トリオ「ラ・平原(自分で、そう名乗った)」が、平原の中の柵の中にいる。 6頭の牛が それらしい衣装で(ちょっと恥ずかしくて 絶対着たくないような sweat01 )出てくる。 牡牛と雌牛は、デザインが違う。 コミカルな振りで、時々 牛たちが奇声を発する wobbly  休憩のアナウンス「皆様の体は固まっていますので、ロビーでほぐしましょう」なんて流れて wink

「レモンツリー」 映像・演出:森本千絵、カメラ:MASAHIRO SHODA、出演:斉藤美音子・皆川まゆむ・近藤良平

スルッとしたバービー人形のようなダンサー 2人。 赤毛のおかっぱとお下げのかつらを被って、「人形振り」なんかをする。 後半、近藤良平も絡んで 3人で踊る。 脈絡がなくて、少し退屈 gawk  角度と幅に変化をつけた 南欧風の白壁(平らではなく、人が塗った感じの質感がいい)は、スクリーンにもなり、効果的な舞台装置だ shineshine 千秋楽だからか、最後は出演者と一緒に スタッフもズラッと舞台上に並び、拍手に応えた paper

映画 『シャネル&ストラヴィンスキー Coco & Igor 』

2月8日(月) sun

監督:ヤン・クーネン、原作:クリス・グリーンハルジュ、音楽:ガブリエル・ヤレド、出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、2009年 フランス、119分、シネスイッチ銀座にて

Photo春の祭典』の初演光景が観られると バレエファンの間で話題になっている映画。 「バレエ・リュス」を率いた ディアギレフ ニジンスキー も出てきて、面白かった。

シャネルは『春の祭典』の初演で ストラビンスキーと出会い、再演までの2人の不倫関係(あくまで想像の域を出ない)が描かれる。

シャネルがパトロンとして ディアギレフに多額の資金を出していたこと、幾つかの作品で 衣装デザインをしたこと、ロシア革命で財産を失った ストラビンスキーと 彼の家族を 2年間、パリ郊外の別荘に住まわせたのは、事実だそうだ。 妻と 4人もいる子ども達の飲食まで含めて 面倒を見たのだから、かなりお金持ちだったことがわかる。 香水を売り出すまでの話も含め、時代の雰囲気がわかって 楽しい lovely

『春の祭典』の初演では、罵声と「ブラボー 」が入り混じり、オーケストラ(客のすぐ目の前、距離がない)もダンサーも、集中できなくて 困ったろうな wobbly  ディアギレフは、ストラビンスキーとニジンスキーに「余りに斬新で大胆だから、観客がついてこられないだけだ」と言って、慰める。

笑えるのは、ストラビンスキーとニジンスキーが「振り付けが悪いからだ」「作曲が悪いからだ」と なじり合うシーン happy02 お互いを理解できない天才同士っていうか・・・。

これ、R18指定なんだけど、シャネル役(シャネルの広告モデルもしている俳優さん、長身で美人、美化し過ぎだ~)の身体付きのせいか、いきなりそのシーンに突入するからか、全くドキドキしない。 シャネルは 言葉や表情があまりないし、ストラビンスキー役が 私の好きなタイプではないこともあって、2人の関係には 全く興味がもてなかった coldsweats01

妻が夫とパトロンの仲に気付いたのは 気の毒だったけど、彼女はね、2人それぞれを きっちり非難する。 そして、シャネルに「子どもには父親が必要だから、返してくれ」と言う。 きちんとものを言う彼女たちには、何の同情も要らない。 『春の祭典』再演で成功する ストラビンスキーにもね。

しかし、匿名で 再演の資金を出すシャネルは、カッコいい flair 成功させて、恋人を自立させる(=別れる)っていうのがね。

大人になりました

2月7日(日) sun

異動で、「ぬるま湯」のように(とは、本人の弁)快適な人間関係とお別れした、息子 T。 お別れに際しての 職場の人達とのエピソードを話してくれた中から・・・

アルバイトの女の子(中国人、20歳、日本語中級レベル)から、「大人になりました」と、声をかけられたそうだ。

wobbly 「えっ 俺のお陰で 成長したってこと それ程関ってないけど・・・。 それとも、俺が ここで成長したってこと って言っても、2ヶ月いただけだし・・・」と悩んでいると、

「あ・・・・お世話になりました。」

なぁーんだ coldsweats01

car 一方、息子 R は、今日、父親から車を借りて、同期の友達と 3人で バンジージャンプ をしに 読売ランドに行った。 彼は私に似て 乗り物酔いをするので、飛行機やバス・船に乗る時は、酔い止め薬の世話になる。

私達はエレベーターで急上昇した後の ストン! と落ちる感じ、アレが苦手なので、「バンジー、大丈夫なのか?」と心配していたが、快感 sign03 で、2度もやったそうな。 ふぅ~ん、乗り物酔いとは無関係なのか・・・。

私は ジェットコースターやスキーなど、スピードの出るものは苦手なので、わざわざやろうとは思わないけど sweat01

マニュエル・ルグリの新しき世界 <Bプロ>

2月6日(土) cloud

train 久しぶりのバレエ公演。 ご贔屓のダンサーが出ている訳でもないので、2階後方席。 遠いので避けていた ゆうぽうと。 あんまら久し振りだったんで、いつもと違う乗り継ぎをして、高額・遠回りしちゃった sweat01 早めに出たので良かったけど。

ゆうぽうとホールにて、13:30~16:00

第1部

◆「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」

振付:ジョージ・バランシン、音楽:ピョートル・I チャイコフスキー

ヘザー・オグデン、ギヨーム・コテ(ナショナル・バレエ・オブ・カナダ)

◆「モペイ」 振付:マルコ・ゲッケ、音楽:C.P.E.バッハ、クランプス

フリーデマン・フォーゲル(シュツットガルト・バレエ団)

◆「スリンガーランド」

振付:ウィリアム・フォーサイス、音楽:ギャビン・ブライアーズ

アニエス・ルテステュ(パリ・オペラ座バレエ団)、パトリック・ド・バナ

暗い照明に、バナは肌色、ルテステュはアイボリーの衣装で、映えないことこの上ない gawk そこに メリハリのない音楽と振り付けだから、眠りに導入されているようで、辛い sleepy

◆「アザー・ダンス」 振付:ジェローム・ロビンズ、音楽:ショパン

オレリー・デュポン(パリ・オペラ座バレエ団)、デヴィッド・ホールバーグ(アメリカン・バレエ・シアター)

交互に踊るソロはいいが、ユニゾンがズレるのが気になった despair フォーゲルとの交替で、合わせる時間があまりなかったからか。 

◆「優しい嘘」 振付:イリ・キリアン、音楽:クラウディオ・モンテヴェルディ、カルロ・ジェズアルド、グレゴリオ聖歌

マニュエル・ルグリ、シルヴィ・ギエム

15年振りの共演だとか。 2人の世界が確かに築かれていた。

【第2部】

◆「マリー・アントワネット」

振付:パトリック・ド・バナ、音楽:アントニオ・ヴィヴァルディ

アニエス・ルテステュパトリック・ド・バナ

このペアは、白が好きなのかね、今度は 白い透ける生地の衣装。 ルテステュはプロポーションのいいダンサーだが、露になった太腿で 年齢を感じてしまった sweat01 全編、悲劇っぽいトーンで、「一生辛かった訳? 飢えて辛い思いをしている民衆だって、大変だったろうに」などと毒づきたくなった。 音楽・振り付け共に 単調で退屈。 新味も感じなかったし、感銘も受けなかった sleepy

◆「ハロ」 振付・出演:ヘレナ・マーティン、音楽:アラ・マリキアン、ホセ・ルイス・モントン

フラメンコダンサーが、大きなショールを 埃がたつんじゃないかと心配するほどに 、バッサバッサと振り回す wobbly

◆「ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ」

振付:マニュエル・ルグリ、音楽:ガエターノ・ドニゼッティ

上野水香、高岸直樹(東京バレエ団)

◆「失われた時を求めて」

振付:ローラン・プティ、音楽:ガブリエル・フォーレ

ギヨーム・コテ、デヴィッド・ホールバーグ

肌色のレオタードはやめてほしい。 床と同化して見える。 ホールバーグは身体のラインが美しいダンサーだが、顔がデカい(苦手なの。だから、ペッシュとかウバーロフも)。 気になって、集中できず sleepy

◆「三人姉妹」 振付:ケネス・マクミラン、音楽:チャイコフスキー

マニュエル・ルグリ、シルヴィ・ギエム

15年ぶりの共演だとか。 大佐は軍服が似合う人じゃないと、私、物語に入り込めないのよ coldsweats02 ルグリ先生の軍服は…無理があるわ、やっぱり sweat01

※演奏:録音、渡邉浩子(「アザー・ダンス」「三人姉妹」)

こうやって書いてくると、あまり楽しめない舞台だったように思えるか舞台装置もないガラ公演だから、仕方がないとも言える。 技術は、堪能させていただきましたよ、ハイ coldsweats01

もう、転勤?

2月4日(木) sun

息子 T が、「明後日から、大宮店に異動することになった」って wobbly  てか、11月に異動したばっかじゃん sign02 夫の勤務先や R が研修している本社からも、私の活動場所からも近くて、行き易かったのに~ weep

彼はこの2ヶ月余り、店長から 仕込みと全体の調整という仕事を振られていた。 今日はお休みで、池袋に職場への菓子折りを買いに行ったついでに「いい鯛があった」と、鯛を 2種類買ってきた。 今度の店で「いきなり 刺し場 を任されて、腕が落ちてると困るから」と、店から引き揚げてきた マイ包丁で、まずは、つま作りから。

Photo夫は外食だったので(息子 R のこと、忘れてないかって )二人で 試食会 wink 鯛は淡白な白身なので、私も食べられる heart04 今の店は、上司に恵まれて 愚痴もボヤキもなく 勤務してこられたから、とっても残念だけど、今度の店には 生け簀があるので、それは楽しみだそうで fish 

長期講座、終了!

2月3日(水) sun snow

9月に開講して 14回 sign01 も続いた講座が、終わった。 企画した方がこんなこと言うのも 何だけど・・・ 長かったわ、ホント  coldsweats02  責任者だったので、同じ数ほどやった企画運営会議も欠席できないし(私の都合がつかない日には、行われないから)、欠席するスタッフのカバーもあるしで。

でも、結局、受講生が満足してくれて、私たちスタッフの思いが伝わったことで、充足した修了式となった。  スタッフ何人かで 久しぶりに beer して(時間も遅かったので、ちょっとだけ)、お互いの労をねぎらった。 帰る頃には、みぞれが止んだ。

あとは、まとめ会と受講生も加わる懇親会をして、プロジェクトの終了となる notes

shock 昨晩から、また 腰痛が thunder 安静にしていた方が良かったのだが、どうしても外せない取材があって出かけた。 今も、温湿布と貼るホカロンを交互に使ってで何とか凌いでいる。 腰を温めると、効果てきめんだね、やっぱ good

雪が降ったね~

2月1日(月) cloud rain snow

eye いつものことだが、2月と3月のカレンダーは、同じ。 私は2ヶ月表示のカレンダーを愛用していて、この時期は、3月が上になっている。 なので、2月の予定を3月に、3月の予定を2月に書くという間違いをしがちなの wobbly

house 今日は、新しい食卓と椅子が届いた。 昨年12月に 食卓の脚に斜めに亀裂が入り sweat01 1月には 途中で すっかり割れてしまって(上と下が接続していない状態) 危険だった bearing  家で一番重い 息子 も、食卓に腰掛けるのを止めたそうだ(そんなお行儀の悪いこと、してたんかいな annoy )。 色と形を指定して、それから作るという製品だったので、3週間ほど前に買ったものが やっと届いたのだ flair

椅子の方は、結婚前に夫が使っていたのが 徐々に 壊れていき、2脚単位で買い足してきたのだが、気に入るものがなくて 間に合わせで買い足したのが 2脚残って、それを使っていた(あとは、籐の丸椅子)。 テーブルと同じメーカーのものが気に入ったので、この際、4脚揃えて買いたかったのだが、残る 2脚を処分するのは もったいないので、また 2脚だけ買った。

今度は長持ちしてほしい(死ぬまで使いたい)ので、これまでのよりも 上質のもの。 木地や張り地の材質・色も選べて、今後も椅子を買い足していけそうなのが嬉しい heart04

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ