« 『差別と日本人』 | トップページ | 潤滑油も必要 »

『悪あがきのすすめ』

1月28日(木) sun rain

Photo 辛 淑玉 著、岩波書店 (2007/06)

へこたれない、泣き寝入りしない、「悪あがき」と言われても 諦めない。 そんな著者の体験談が、諦めたり弱気になったりした時に 励ましてくれる。 悪あがきの「コツ」も、ユーモアたっぷり flair

女で、朝鮮人で、学歴がない」 という、「日本の社会で虐げられる条件の トップ 3を独占」している著者が、「ある時期から、公的な審議会に呼ばれるようになった」というエピソードが、面白い。 彼女 1人を入れれば、「女も外国籍住民も入っている、学歴など関係なく 能力主義」だと 言い訳ができるからだと。

皆が諦めている中で戦った 魅力的な方達の実録も、感動的 shine

17年ぶりに再会した弟さんの話が、強烈だった。 身体に障害が残るほどの 体罰といじめ、リンチを受け、家出。 寄る辺無く、右翼と任侠の世界に生きたという。 こういう不正義が横行する社会、変えていきたい。

« 『差別と日本人』 | トップページ | 潤滑油も必要 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/33166721

この記事へのトラックバック一覧です: 『悪あがきのすすめ』:

« 『差別と日本人』 | トップページ | 潤滑油も必要 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ