« 『纏足』 - 10センチの黄金蓮花をさがして - | トップページ | 『ゴッド・ファーザー』 »

新春初笑い ~ 三遊亭小遊三 ・春風亭昇太 二人会 ~

1月5日(火) sun

昨年末まで「自宅待機」だった 息子 R が、やっと今日から研修に入った。 今年は新人の募集が無かったそうなので、「1年の違いは大きい」と実感する。 「時代の流れや社会状況、運・不運、巡り合わせ」は、本人の心がけや努力と同じ位の比重じゃないかな。

Photo北とぴあ さくらホールにて

劇場仲間を誘って、初笑い happy01

eye 会場入り口の手書き掲示板の文字が、驚くほど下手くそで shock PCで作ってこいよー。帰りに、今日の演目を皆が携帯写真を撮っていたけど、その字も凄かった・・・。 舞台上の「めくり」は勘亭流できっちり仕上げてあるのに、ロビーでは 小学生か と思われるようなマジック書きって、そのギャップがいただけない sad  字は練習すれば ある程度の水準まで上達するものだから、会社は業務の一環として 考えてほしい。

ear前座は、もう、私達全員が「勘弁してよ~」の低水準で、参った bearing

昇太の紅白歌合戦の噺に、大爆笑。 森進一の物真似が すごく上手い flair

小遊三の『金明竹』は、先月、花緑で聴いたばかり。 「バカな甥っ子」が 感動的に上手くて。 花緑のは、「今どきのバカ息子」と 「きっちりした商家のおかみさん」だった。 小遊三のは、2人共「天然」が入っていて 大らかな「ゆるキャラ」。 言葉も結構違っていて、アドリブなんだろう。 両者の個性の違いがよーく分かって、大層面白かった shineshineshine

wine 友人達と、地元のイタリアンで軽く「新年会」をして、大いに盛り上がった。 皆も楽しんでくれたようで、良かったわ~ happy01

« 『纏足』 - 10センチの黄金蓮花をさがして - | トップページ | 『ゴッド・ファーザー』 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/32864452

この記事へのトラックバック一覧です: 新春初笑い ~ 三遊亭小遊三 ・春風亭昇太 二人会 ~:

« 『纏足』 - 10センチの黄金蓮花をさがして - | トップページ | 『ゴッド・ファーザー』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ