« 亀の子束子 | トップページ | 『恋か金銭か吝嗇親父奮戦記 こいかかねか けちおやじふんせんき』 »

マリインスキーバレエ団『オールスター・ガラ』

東京文化会館にて、指揮:パーヴェル・ブベリニコフ、管弦楽:東京ニューシティ管弦楽団

第1部 45分、休憩 20分、第2部 50分休憩 20分、第3部 50分

久し振りのクラシック・バレエ、技術と美が両立した名門バレエ団の舞台で 目の保養を wink  しかし、A席で 1万 7千円、プレオーダー等の手数料で 800円以上も 上乗せだもの、高いよね sweat01 「バレエ見に行く」って言ったら「リッチね~」と言われたのも 無理ない。

前から 2列目端っこの席で、前席の方の頭が邪魔で 全体が見られないのが、悲しい weep 前の方は段差がないって、設計ミスだよね、ホント annoy

Photo【第1部】「シェエラザード」

ゾベイダ:ウリヤーナ・ロパートキナ、金の奴隷:ダニーラ・コルスンツェフ

いつもながらの、エキゾチックで官能的な世界 notes 硬質なロパートキナさまが、「色気も出せるのよ」ってね coldsweats01 金の奴隷は 上半身に光る粉を塗って、肉体美を強調 lovely  コルスンツェフって、「控えめでサポート上手なベテラン」のイメージ強いけど、上背はあるし均整とれてるしで、今日の男性ソリストの中で 一番美しい身体付き、見とれちゃった shine この後に出てきた男性陣が見劣りしちゃったもの。 たださ、金管が間抜けてて、トホホだった sad

【第2部】パ・ド・ドゥ集

xmas 「ジゼル」 2幕のパ・ド・ドゥ:アリーナ・ソーモワ、ミハイル・ロブーヒン

紫色のタイツが似合わなくて(上背があって細身じゃないと難しいでしょ)coldsweats02 顔デカいし、悪いけど 「この男のために死ぬのは、イヤだわ~」って思っちゃったsweat01 

xmas 「グラン・パ・クラシック」:エヴゲーニャ・オブラスツォーワ、マキシム・ジュージン

脚力を見せる作品、退屈。

xmas 「シンデレラ」パ・ド・ドゥ:ディアナ・ヴィシニョーワ、イーゴリ・コールプ

ヴィシニョーワって、いっつも、際立って生命力を感じさせる。 活き活きとしてて、生きる喜びそのもの flair コールプは、かつてこの作品を全幕で観た時には、およそ王子に見えなくて困ったけど、王子だと思わなければいいのよね(贔屓目)bleah 2人で実に楽しそうに踊ってて、恋の喜びに溢れている。 カーテンコールも そのまま 2人でじゃれ合っていて、どっぷり 2人の世界に浸れた delicious ただ、コールプは 白いパンツの寸法が合ってなくて(キツいか股上が長い)、気になった。

xmas 「瀕死の白鳥」:ウリヤーナ・ロパートキナ

孤高な白鳥

xmasタランテラ」:ヴィクトリア・テリョーシキナ、レオニード・サラファーノフ

テクニックを誇る 2人の技の鑑賞会。 サラファーノフは ホントに身軽ね。 軽々と跳び回って、重力を感じさせない dash

【第3部】「海賊」組曲

メドーラ:アリーナ・ソーモワ、コンラッド:エフゲニー・イワンチェンコ、アリ:ウラジーミル・シクリャローフ、ギュリナーラ:エフゲーニヤ・オブラスツォーワ、3人のオダリスク:マリーヤシリンキナ・ヤナ・セリーナ・エリザヴェータ・チェプラソワ

技術的には優れているんだろうが、白けてしまった wobbly 男性 2人の髪型、何とかなんない サラサラのマッシュルームカットって、今時 coldsweats02  海賊にも奴隷にも見えん sweat01 演出が斬新だとか、演劇的要素があるとか、出演者のオーラがあるのでないと、私の範疇外 bomb

« 亀の子束子 | トップページ | 『恋か金銭か吝嗇親父奮戦記 こいかかねか けちおやじふんせんき』 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/32555931

この記事へのトラックバック一覧です: マリインスキーバレエ団『オールスター・ガラ』:

« 亀の子束子 | トップページ | 『恋か金銭か吝嗇親父奮戦記 こいかかねか けちおやじふんせんき』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ