« 誕生日 | トップページ | エミレーツ航空専用ターミナル »

ドバイへ

12月16日(水)

夕方に家を出て、今月まで「自宅待機中」の息子 R をお供に、関空から ドバイ へ発つ。 航空券とホテルのセット、安いのをネットで見つけて 買ったのは 9月(安いのは、枠が少ない。 この時点で、残席 2だったし)。

その後、「来年3月、成田から直行便が飛ぶ」なんて知って、ちょっと悔しい  でも、羽田 → 関空の料金上乗せナシだし、親の介護や 自分の体調について この先の保障なんてないし、まぁ、いっか。  羽田から発つのは 時間と料金からしても 嬉しいことだし、2人とも 関空は初めてなので、R は 結構、楽しみらしい

最近、「ドバイショック」が 新聞や TVで取り上げられているので、旅行すると言うと、決まって「危なくないの? 」と   ドバイが アラブ首長国連邦(UAE) の一部であるとか、9月に開通したメトロ(リニアモーターカー)が 日本の会社によるもの(代金は未払いらしい)だとかいう情報が行き渡り、「ドバイって何処? 」と 聞かれないのは いいにしても。 別に、暴動が起きている訳ではない。 アラブの中では、治安が良いのよ

結局、資源もそれほどない砂漠の国(連邦のうちの、一つの州)が やたらと借金して(貸す方も貸す方だ) 超スピードで ど派手な街づくりをしたつけ」が回ってきただけ。 当然の成り行きだと思う  

Photo_2旅の目的 ① 冬に、暖かい地域を旅する ― 今は 酷暑と肌寒さの間で、「泳げるギリギリ」らしい(ホテルのプールで泳ぎたい

② 砂漠の中の人工都市見物 ― ラスベガスを凌駕したという、最大の「(埋め立て)人口都市」とやらを 見たい

Photo_3海の上に立つ「世界最大の人口島群」「世界1高いホテル」「世界1高い建造物のタワー」「世界最大の人口スキー場」「世界最大のショッピングモール」「世界で 1番長い無人鉄道」「世界1高い噴水」等々、どでかい ものばかりらしい

③ 人気の エミレーツ航空体験 ― 航空至上最高額の発注、世界 1の室内設備(機内で携帯が使えるシステムを導入、多種多様なエンタテインメントシステムなどで、大人気の航空会社

④ ドバイ国際空港見物 ― 世界 1の広さの 24時間空港、お店も 24時間営業

こんな、とーっても不自然 な場所だけど、昔ながらの文化もある。 スーク や モスク だって、観光できる。 そういう アンバランスなところに、 好奇心が疼く。 9月に 1本のうちの 1部だけ開通した メトロ(この先の工事はどうなるのだろう )で、観光も便利になった(ガイドブックに まだ路線図も載ってないけど、サイトで検索したら でてきた)  中東料理も楽しみよ

ただ、イスラムでは 戒律のゆるい国だと言っても、アルコールが買えない(持って 街を歩いても「違法」)のは、キツイ  「ワインを空港で買って 持ち込むのは、いいのか」と、代理店に して聞いてみた。 「ホテルのミニバーを ご利用いただけますが」 ―「いえ、小さなボトルじゃなくて、大きいのを免税店で買って 持ち込めるのかどうかを 知りたいの」 ― 「・・・あ、ちょうど、先月 ドバイに行ってきた者がおりまして・・・入国審査を終えた後に、売店でも買えたそうです」 ― 良かった~

« 誕生日 | トップページ | エミレーツ航空専用ターミナル »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドバイへ:

« 誕生日 | トップページ | エミレーツ航空専用ターミナル »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ