« マリインスキーバレエ団『オールスター・ガラ』 | トップページ | 誕生日 »

『恋か金銭か吝嗇親父奮戦記 こいかかねか けちおやじふんせんき』

12月12日(土) sun

Photo 子ども劇場の「特別鑑賞会」、モリエール人形芝居2作品連続公演

人形劇団夢知遊座(むちゅうざ) 15周年記念

出演:鈴木 宣隆、佐藤 千夏 他

脚本・演出・人形美術:須藤 三男、舞台美術:鈴木 宣隆、音楽:佐藤 千夏、音響・人形操作補助:袴田 康裕

北とぴあ ペガサスホール、上演時間:1時間15分

xmas 2作品を 昼夜に分けて上演したのを 夜公演のみ、鑑賞。 これは、モリエールの原作を 明治元年の名古屋に置き換えた作品。 鈴木さんは元々、『むすび座』に居た方。

3人がかりで一体の人形を動かし、入れ替わり立ち替わり 4人の人物が出てくる sweat01  顔から しゃべり方から 4人4様で、描き分けが実に見事 sign01 特に、尾張商人の「ケチ親父」が最高に可笑しい happy02 首の傾げ方や 小判を入れた瓶をなでて喜んだり 悔しがって地団太踏むさまが とても演劇的で、観客から笑い声が途切れることがないほど smile 

名古屋弁も味があって、地元ならでは happy01  小物もよくできていて、感心 shine

終演後、名古屋から駆けつけた 85歳の作者が紹介された。 年号が 明治に変わったとか、戊辰戦争で 両軍に武器弾薬を売って儲けるとか、時代背景もきっちり書き込まれている。 「戦争で潤うのは、古今東西を問わず、武器商人なんだ」と、納得させられた think

ケチ親父」は 不良品の武器を処分したくて 函館五稜郭の戦場まで行くのだが、そこで巻き込まれて亡くなる。 顔から目玉が飛び出して、かなりグロテスク bearing 仲間が、「あそこまで、描くかね」と。 関東の劇団なら、やらないだろうね coldsweats01

« マリインスキーバレエ団『オールスター・ガラ』 | トップページ | 誕生日 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/32578722

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋か金銭か吝嗇親父奮戦記 こいかかねか けちおやじふんせんき』:

« マリインスキーバレエ団『オールスター・ガラ』 | トップページ | 誕生日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ