« ホテル | トップページ | プールサイドで »

ドバイモール

12月18日(金)

週末(木・金曜日)だからか、ベランダから見える限り 朝方3時半頃まで人影が。

B_9朝食は、ローカル料理や西洋料理、パン、シリアル、果物、スイーツも並んでいて、選ぶのがつ辛い   朝食込みで払ってしまっているので 気兼ねなくいただいたが、朝から何と豪華なことか  これは、スークでも売っていたのと同じで、サモサみたいに 挽肉やチーズを包んで揚げてある。 小さいので、全部を試食  この後の食事は、軽くしなくちゃね。

テレビでは、ラクダレースの中継を 朝から放送している。 競馬のように臨場感溢れるアナウンスの声が響く。 背には、人ではなくて 人形が載せてあって、賭けはしないそうだ。 直線距離を走るスピードは 予想以上に早く、「ラクダって、こんなに早く走れるんだ」と、

『地球の歩き方』の地図では、ホテルの南方、徒歩圏内に「ラクダのレース場」があるので、ホテルで行き方を詳しく聞いたら、「何年か前、もっとずっと南に移転して、そこは馬のレース場になっている」と。 情報古いぞ、『地球の歩き方』

B_10タクシーで乗り付ける程の熱意もなく、ホテルの周囲をお散歩。 地区は違うのだが、ローカルな建物と近代的なビルがミスマッチかな。 道も建物も 建築途中が多くて、通行止めに引っかかって ぐるーっと 一周できない。

その後、 の案内で 地元、ドバイモールを歩く。 彼は昨夜、探索してきたので、ざっと建物を把握しているのだ。 3階建ての巨大な施設で、週末は 深夜 12時まで開いている  休日で、しかも イスラム暦正月(祝日)だからか、家族連れが多い。

B_151階から 4階までの吹き抜けロビーに立つ、巨大な クリスマスツリーや ダイバーが入る 巨大水槽の前ではしゃぐ子どもたち。

B_12 何か寒いと思ったら、アイススケートリンクがあった  砂漠の国で、冬も楽しみたいという贅沢  ここは、欧米のメーカー店が多いけど、ドバイの男性は白ずくめ、女性は 黒ずくめの人が多い。 インナーや足元、バックでオシャレする位なのに。 外国人が着るのか

軽食をとってホテルの部屋に戻ると、既に 13,000歩以上歩いていた

« ホテル | トップページ | プールサイドで »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドバイモール:

« ホテル | トップページ | プールサイドで »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ