« 年末調整 | トップページ | 『ももきや』 第1巻 »

ダンス公演

11月16日(月) cloud

友人に誘われて、人気振付家のダンス公演へ。

つまんなくて、参った weep 1時間半もの間、「振付家の怒り」を 繰り返しの多い退屈な振りで 延々とぶつけられているような。 お金払ってまで、そういう「捌け口」にされたくない bomb 日頃から、散々「聞き役」で疲れてるんだからさぁ。 パイプ椅子は 痛いし wobbly

月曜の夜だというのに、通路にまで 客が溢れ、こういうのに拍手しているのって、自虐的 はたまた、ドスドス歩く・わめき続ける・高所から何度もダイブさせらる等の 身体に悪そうな振付で踊らされた ダンサー達への「ねぎらい」か・・・

ダンサーへの同情は感じたけど、拍手すると、作品に対する「賛辞」だと 勘違いされるので、やめといた annoy

コンテンポラリー公演って、時に魅力を感じることができなくて「辛い」こともあるけど、出演ダンサーのオーラや 音楽・演出・技術の高さで 満足感を補うことができれば、見続けることができる。 ただ「退屈」で「辛い」だけだと、ブログにさえ 書けず、2度と行かなくなる。 そういう経験は、コンテに多い shock

maple 同行した友人に「劇場と旅行が多いのって、ストレスと比例してるんじゃない?」という ご指摘をいただいた sweat01 そう言えば、今年の「劇場通い」は 記録更新しそうだし、旅行の回数も多いな。

「よく、それだけ消化できるよね」って、いや・・・心の平安を保つために(+-0 にするために)、そんだけ 必要だということかしらね bleah

« 年末調整 | トップページ | 『ももきや』 第1巻 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

zeroさん、
> そういう経験は、コンテに多い
ってことで、たまには体験することですから、お気になさらずcoldsweats01

生活クラブのは、「野菜パパイア」という名称でしたが、コレです。

誘っちまった友人です。
いゃぁ、ほんと久々に大失敗であった(*_ _)人ゴメンナサイ !
今評判のダンスのリアルが「痛み」だったとは。(芝居に比べて遅い)
「痛み」にしても、あの演出センスは素人かとか、
なんであんなに受けてるんだとか腹がたち、帰りの自転車に勢いがつきましたワ。
照明、音響がプロの仕事してくれてたのが、せめてもの救い。
しかし逆噴射効果の疲れと、健全なのRくんのスマイル、
たのしいおしゃべりを思い出し安眠。

ところで、パパイアってこれ?
http://shokken.net/papaya/index.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/32245642

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス公演:

« 年末調整 | トップページ | 『ももきや』 第1巻 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ