« 『ももきや』 第1巻 | トップページ | 相談ごと »

ビール瓶に液体を注ぐように

11月18日(水) cloud

市民活動のスキルアップ講座の初回。 受講生は少ないが 積極的な方が多く、他の受講生も それに釣られてよく発言するといった いい雰囲気で、ホッと coldsweats01

今日は『会議の進め方』。 講師は、「マーキー」こと 青木さん。 毎年 お願いしている 定番の講師。 受講生の一人から、「毎回、いらっしゃるんじゃないんですか? 今日だけ? 」と残念がる勘違い発言(パンフを見れば、わかるでしょ・・・)が出るほど、受講生の心を捉えていた shine

お話の中から 一つ。 「非常に口下手」という受講生から出た質問に答えて、「相手に理解・納得してもらう」のは、ビール瓶に液体を注ぐ ようなものだと。

大量の液体をビール瓶に入れようとして 一度にかけても、ビール瓶の口から入っていくのは、ごく少量。 「少しずつ 口を狙って注がないと たまらない」 flair

そうね。 相手によって、使う言葉やテンポ、話し方を変えているもの。 ただ、私なら「ワインの瓶」を思い浮かべるけど wine

あと、「相手の話をよく聴いて、少しずつ 了解をとりながら 液体を溜めていく」という方法も 伝授していただいた。

« 『ももきや』 第1巻 | トップページ | 相談ごと »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/32271131

この記事へのトラックバック一覧です: ビール瓶に液体を注ぐように:

« 『ももきや』 第1巻 | トップページ | 相談ごと »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ