« 心を動かす伝え方 | トップページ | PC講座 »

風呂桶を運んだ

11月26日(木) sun

自宅待機中の息子 は、深夜のファミレス勤務を止めて、「重いものを運ぶ仕事を請け負う会社」に登録している。 今日は、暗いうちから出勤し、暗くなってから、帰宅。

「早朝からだから、早く帰れるかと思ったら、仕事をダブルでさせられたよ wobbly 」 ― 「給金も 2倍だから、良かったじゃない wink

「会社(赤羽)に行ったら、ドアにメモが挟んであって、小田原に行けっていう 俺宛のものだったの。 小田原の仕事っていうのがさ、高校に 400キロの 風呂釜を運ぶの。」

そのために 10人集められて、彼以外の 9人は、また別の請負会社から派遣されて来たのだそうだ。

「仕事はチャッチャと終わって、そしたら、今度は大宮に行けってメールがきて sad赤羽から 小田原、そして 大宮、東京横断だわね dash

train 交通費は出るが、電車での移動にかかる時間が長いのは イヤだという訳ね。

①「重いものをトラックで現地に運んだ後、その荷下ろしをする仕事」という業種がある ②それ専門に 日雇いを派遣する会社がある ③欲しい人数を そういう会社複数に 注文する ④給金は、「1件、幾ら」なので、短時間で済むとラッキーで、1日に短いのを2件、掛け持ちする場合もある ⑤登録している人は、都合の良い日を言っておき、需要があったら その前日に mobilephoneが入る ⑥給金は、 ( の場合)見習い 2ヶ月間は 1件 6千円、その後は 8千円。 そういう仕組みになっているっている、と。 なるほど・・・ catface

夕飯を食べていたら mobilephoneがきて、翌日も早朝から仕事が入った。 支給されている作業着は 1着しかないので、慌ててお洗濯 sweat01

« 心を動かす伝え方 | トップページ | PC講座 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/32381579

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂桶を運んだ:

« 心を動かす伝え方 | トップページ | PC講座 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ