« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

『夢霞地蔵足音(ゆめかすみじぞうのあしおと)』

11月29日(日) cloud rain

Photo_2

北とぴあ ペガサスホールにて、1h

子ども劇場の例会

人形一座ホケキョ影絵芝居。 作・美術・演出・人形遣:晴琉屋フン、音楽:せせら小梅、アンブレラ雨枝(うき)

昨年2月に実行委員会形式で上演されたのを観たが、今度は例会に格上げ(?)。

「人形」と「音楽」は インドネシア伝統の影絵芝居「ワヤン・クリッ」っぽいのだが、ストーリーはオリジナルで、何とも不思議な「ホケキョワールド」。 前作同様、かなり可笑しい delicious 前回は 保育してもらっていた お嬢さん(もうすぐ5歳)が 打楽器で参加していて、とっても可愛い flair

内容は、鶴亀仙人 が競馬の借金を返すために 弟子を連れて 峨眉山 へ行き、の缶詰を「ダイエット食品」として売り出すとか それを「笠地蔵」に叱れるなんていう、奇想天外なストーリー展開 wobbly happy01 bleah

晴琉屋さんご自身の身の上話や考え方が (日本人としては)とっても面白いので、それが作品に反映されているのかな。

Photo Photo_2 例会担当だったので、小夜食に パパット 鮭フレーク入りいなり寿司即席漬け切り干し大根の煮物 を作った dash

栗おこわ

Photo生協で を買ったので、大好きな 栗おこわ を 炊いた notes

NHKの土曜ドラマを録画して 欠かさず見ている夫。 今放送中の『外事警察』は、私も見ている。 が、今夜は、息子 が キムタクのスペシャルドラマを先に録画予約してしまっていた wobbly

「録画しないで、ライブで見ればいいのよ」と言いつつ、PC講座の疲れで、寝てしまった私 sleepy 私の「見たい度合い」は そんな程度のものだったと、自分で分かるわ coldsweats01

PC講座

11月28日(土) sun

会員向けPC講座の 5回目。 今日は、インターネット。 検索の方法お気に入りの登録 、ホームページやブログの作り方などをご紹介し、ブログへのコメントも 実際にやってもらおうと思っています。

作成したテキストの最後まで、時間内で行き着けるといいな coldsweats01

風呂桶を運んだ

11月26日(木) sun

自宅待機中の息子 は、深夜のファミレス勤務を止めて、「重いものを運ぶ仕事を請け負う会社」に登録している。 今日は、暗いうちから出勤し、暗くなってから、帰宅。

「早朝からだから、早く帰れるかと思ったら、仕事をダブルでさせられたよ wobbly 」 ― 「給金も 2倍だから、良かったじゃない wink

「会社(赤羽)に行ったら、ドアにメモが挟んであって、小田原に行けっていう 俺宛のものだったの。 小田原の仕事っていうのがさ、高校に 400キロの 風呂釜を運ぶの。」

そのために 10人集められて、彼以外の 9人は、また別の請負会社から派遣されて来たのだそうだ。

「仕事はチャッチャと終わって、そしたら、今度は大宮に行けってメールがきて sad赤羽から 小田原、そして 大宮、東京横断だわね dash

train 交通費は出るが、電車での移動にかかる時間が長いのは イヤだという訳ね。

①「重いものをトラックで現地に運んだ後、その荷下ろしをする仕事」という業種がある ②それ専門に 日雇いを派遣する会社がある ③欲しい人数を そういう会社複数に 注文する ④給金は、「1件、幾ら」なので、短時間で済むとラッキーで、1日に短いのを2件、掛け持ちする場合もある ⑤登録している人は、都合の良い日を言っておき、需要があったら その前日に mobilephoneが入る ⑥給金は、 ( の場合)見習い 2ヶ月間は 1件 6千円、その後は 8千円。 そういう仕組みになっているっている、と。 なるほど・・・ catface

夕飯を食べていたら mobilephoneがきて、翌日も早朝から仕事が入った。 支給されている作業着は 1着しかないので、慌ててお洗濯 sweat01

心を動かす伝え方

11月25日(水) rain sun

市民活動のスキルアップ講座の 2回目。

講師は、エコイベント『100万人のキャンドルナイト』や 世界の貧困問題啓発の『ホワイトバンド』で有名な マエキタ ミヤコさん(サステナ代表)。 先月の朝日新聞土曜版 be 【フロントランナー】の写真とは異なり、華奢で 可愛らしい方だった coldsweats01

少女のような風貌、そして 固定観念に捕われない、百戦錬磨のキャリアを感じさせない きさくな雰囲気の方だ。 大半の時間を「自分が皆に伝えたいこと」を キャッチコピーにする」という ワークショップに費やしたのだが、受講生の未熟な発想に 呆れたり 否定したり せず、じっくりと その意図を聴いて、その「言いたいこと」を「伝える」ための方法を 丁寧にアドバイスされる姿勢に、感銘を受けた flair 

今日も、受講生から 「そうなんだ~ wobbly 」「なるほど~ confident 」という反応が出て、「広報」についての「学び」が とても新鮮だったことが伺えた。

club 記憶に残る お話をご紹介

*民主主義は、皆に情報が行き渡っていることが前提。 でも、知らない人が沢山いる。 知らない人に「知らせる」こと ― それが、広報。

*「知らない人」に知らせると、ひかれたり 「何で 今まで、知らせてくれなかったんだ」と怒りを買うこともある。 でも、「知らせない」よりは いい。

*内輪で使っているような「業界用語」は使わない。 誰にでも解る言葉を使う。

*「街中」で人に見てもらう、共感してもらう」のは、難しい。

『江戸糸あやつり人形』

北とぴあ ペガサス・ホールにて、1h

江戸時代から 東京を中心に伝えられてきた日本独自の糸あやつり人形の公演。 主催:城北演劇を観る会

Photo_2maple 上條充、黒衣:福田久美子

maple 演目「かっぽれ」「酔いどれ」「黒髪」「獅子舞」

上条さんは、結城座から独立した方で、ご夫婦で活動されている。 人形や衣装の修復も ご自分でなさる。 質問に答えて、「和裁も習いました。 必要に迫られれば、人間、何でもやれます。」

25本ほどもある 木綿糸を操りながら、肘や膝、袖元や足首までも器用に動かす技は、正に神業的というか flair

男性と女性の人形の違いについての説明もあり、とても解り易かった。

「獅子舞」では、獅子の尻尾や耳まで、本物の「獅子舞」のように動くのに会場がどよめき、人形の愛嬌たっぷりの仕種に「可愛いね~」という言葉が 漏れた delicious

会場から 後継者についての質問が出たが、私と同年代の上条さんが「若手」という危機的状況だとか。それを聞いて、「(少しずつ改良を加えながら生きながらえてきた)この芸能が、後世に受け継がれないとしたら、残念だわ~」というドヨメキが bearing

花はどこへいった

11月24日(火)

tv 深夜、NHKBSで『世紀を刻んだ歌 花はどこへいった ~静かなる祈りの反戦歌~』を見た。 2000年に放送された番組の 再放送だった。

notes Where have all the flowers gone

1.花はどこへいった 時は過ぎて とても昔 娘たちが摘んでいった

2.恋人達はどこへいった 兵士になって戦場へ行った

3.兵士たちはどうしたのだろう みんな戦場に消えて行った

4.戦場はどうしたのだろう それは花畑になった

5.花はどこへ行った 娘たちが摘んでいった

※人々はいつその過ちに気づくのか(間に挿入される)

1960年代、世界的にヒットした フォークソング『花はどこへいった』。 当時 子どもだった私は、後になって この曲を「ベトナム反戦歌」として知る訳だが、この歌についてのエピソードが、とても印象深かった heart01

① ロシアのノーベル賞作家 ショーロホフが ロシア革命後の内戦時代を描いた 『静かなるドン』に「コサックの古い子守唄」を書いた ― あしの葉はどこへいった 少女たちが刈り取った 少女たちはどこへいった 少女たちは嫁いでいった どんな男に嫁いでいった ドン川のコサックに そのコサックたちはどこへいった 戦争へいった

② それに触発されて、アメリカのフォークシンガー、ピート・シーガーが、1955年、曲を作った。

③ その後、ジョー・ヒッカーソンが 「仲間と歌うのに、短すぎるから(と、インタビューに答えていた)4番と5番の歌詞を書き加え「反戦歌」としての色合いが濃くなり、

④ ベトナム戦争の現場で 若い兵士たちが歌い、「反戦歌」として知られるようになった。

【後日談】ピート・シーガーモスクワでコンサートを開く時、ショーロホフに楽譜を添えて手紙を書き、ご招待した。 彼は病気で行けず、この歌を聞くことなく 亡くなった。 そういうことを 彼の娘さんが 回想として語っていた。

アメリカに亡命した マレーネ・ディートリッヒが、戦後、ドイツでのコンサートで この歌を歌った。 ドイツ語に直した歌詞は 同胞から反感を買ったが、レコードは ヒットした。

ロシアの人気歌手が それを聞いて感銘を受け、ロシア語に翻訳して 昨年(1999年?)、レコーディングした。 それで、若者が この歌を知るようになった。

世界的に有名な ロシアの小説から発した歌が こうして ロシアにやっと戻ったというのが、非常に印象的 shineshineshine

今日の料理

11月23日(月祝) sun

Photoじゃが芋がだぶっているので、久し振りに ポテトサラダを作った。 下味を付けた状態。

私は、ドイツ風に ヨーグルトと マヨネーズをかけて食べた。 夫は マヨネーズのみ。 息子 T は、辛子マヨネーズを入れて。 R は、そのまま。 夜は、ナチュラルチーズをかけて 焼いた。

Photo_2友人が「近くの八百屋で売ってたから」と、私の分まで買って 届けてくれた 野菜パパイヤ。 水にさらして、サラダで食べて、豚肉空芯菜 と一緒に炒めて 中華を作った。 パパイヤは、歯ごたえがいいのよねぇ delicious

今日は、「得チケ」を利用して、夫とミュージカルを観にいった。 が、私にとっては、ここで書こうと思うレベルに達しない作品だった coldsweats02

かに本家、にしん漬け

11月22日(日) cloud

airplane 夜中、息子 R が 札幌から 帰宅。 会社の研修で行っていたのだが、滞在中の様子を いろいろ話してくれた。 同期の北海道在住組が「歓迎」しようと「美味しいお店」を予約してくれていたのだが、「そこがさ、あの 高い かに本家 だったんだよ wobbly

予想通り、お会計は お一人様 1万円也 sign01

「知ってると思うけど、俺は、蟹が特別好きじゃないの。 金がないのに、もう・・・」と、嘆いたが、それは、彼だけだったと sweat01 友人やカノジョと旅行したり、複数のチーム(サッカー・野球・ソフトボール)の会費・ユニフォーム・懇親会などで出費がかさむので、懐がとーっても厳しい。 他の人達は「多分、ほかに 金を使ってないのかな」と、思ったそうだ。

「私でさえ、6,000円の新年会費が高い! って言ってるほどなのに、薄給のあなた達が 分不相応ねぇ」が、私のコメント。

ところで、私は「かに本家」って、知らなかった。 道頓堀の「かに道楽」なら、大阪で見物してきたけど(見物のみ) coldsweats01 札幌に本店がある有名な店らしいけど、道産子の夫も「さぁ・・・入ったことない」ですと coldsweats02

Photo_2で、「お土産なら」と頼んだ 大好物の 鰊漬け 小さい weep 「だって、お金が無かったんだもの。」

ロイズの ナッツバーを頼んだハズが、「生チョコ」に weep 人の話、聴いてないじゃ。

すっぽかしかかった

11月21日(土) cloud

活動団体向けのビデオ講座の打ち合わせが、午前中にあった。 講師が書くテキストのことが主な内容だったので、(自分が主体的な参加でないことから)頭から 抜けてた sweat01

午後の PC講座の「おさらい」をしていたら telephone が鳴って、あちゃ~ wobbly PCを閉じて、着替えて、化粧して、飛んで行った dash 20分後 には着席していたから、我ながら 早業だったわ sweat01

昼食の準備をしておいて、良かった wink  その足で PC講座の会場に行き、研修会やイベントの打ち合わせなんかをして 帰宅したら、夕飯の時刻だもの dash

Photo疲れた~ sign01 」と言って 目に入ったのは、夫が酒屋に買出しに行ったついでに 買ってきてくれた ボージョレー・ヌーボー wine 夕飯の支度をしながら 栓を開けてもらって、あ~、美味しい heart02  疲れている時のワインは、身体にジワーッと入っていって、心地良い confident 

蓮根の炒め煮 蛸わかめ なんかを つまみにして、一気に 半分、飲んじゃったわ notes ところで この ラベル、なかなかに 派手よね。

相談ごと

11月20日(金) sun

Ismfileget研修で 札幌に行っている 息子 R が 携帯で送ってきたもの。 大通り公園の夜景が 美しい heart04

札幌出身の夫に見せて、「どこから 撮ったんだろうね?」と言ったら、「テレビ塔から。 観光名所だよ」と。

えっ sign02 私、随分 札幌に行ってるけど、そんなとこ行ったことないし、夫に案内されたこともないけど sweat01 地元人に一度、観光案内をしてもらうべきだったわ(今頃だけど・・・)。

さて、先週から、保護司の活動の延長で、相談にのっていることがある。 相談者は外国人の女性で、かつての同居人(別の国の人)との間にできた子どもを 別の国で産んだので、その子も これまた別の国の国籍をもつ。 故郷のお母さんがご病気なので 子どもを連れで帰りたいのだけれど、子どもの親権者である 父親が了解しないので、子どものパスポートがとれない。 日本語が達者という訳ではない彼女の話すことの 8割位しか理解できないんだけど、こんな ややこしい事情の人が ここいらに住んでるってことも、驚きだわね coldsweats02 

ビール瓶に液体を注ぐように

11月18日(水) cloud

市民活動のスキルアップ講座の初回。 受講生は少ないが 積極的な方が多く、他の受講生も それに釣られてよく発言するといった いい雰囲気で、ホッと coldsweats01

今日は『会議の進め方』。 講師は、「マーキー」こと 青木さん。 毎年 お願いしている 定番の講師。 受講生の一人から、「毎回、いらっしゃるんじゃないんですか? 今日だけ? 」と残念がる勘違い発言(パンフを見れば、わかるでしょ・・・)が出るほど、受講生の心を捉えていた shine

お話の中から 一つ。 「非常に口下手」という受講生から出た質問に答えて、「相手に理解・納得してもらう」のは、ビール瓶に液体を注ぐ ようなものだと。

大量の液体をビール瓶に入れようとして 一度にかけても、ビール瓶の口から入っていくのは、ごく少量。 「少しずつ 口を狙って注がないと たまらない」 flair

そうね。 相手によって、使う言葉やテンポ、話し方を変えているもの。 ただ、私なら「ワインの瓶」を思い浮かべるけど wine

あと、「相手の話をよく聴いて、少しずつ 了解をとりながら 液体を溜めていく」という方法も 伝授していただいた。

『ももきや』 第1巻

11月17日(火) rain

Photo笠辺 哲 著、 Bbmfマガジン (2009/11/16)

フライングガール』の続きが出ないと嘆いていたら、こんなのが出ていた dash

もう、最~高 sign03

トレジャー・ハンターの父親をもつ 高校生の桃子。 古道具屋「ももきや」の店主である祖父は「生贄の猫の仮面」を付けて 猫になっちゃうし、人手が足りなくて バイトに誘ったクラスメートは「生贄の山羊の仮面」で 山羊になりかかっちゃう。 そういう 飛んでる話に ワクワク して 大笑いする人なら、大いに楽しめる lovely

ダンス公演

11月16日(月) cloud

友人に誘われて、人気振付家のダンス公演へ。

つまんなくて、参った weep 1時間半もの間、「振付家の怒り」を 繰り返しの多い退屈な振りで 延々とぶつけられているような。 お金払ってまで、そういう「捌け口」にされたくない bomb 日頃から、散々「聞き役」で疲れてるんだからさぁ。 パイプ椅子は 痛いし wobbly

月曜の夜だというのに、通路にまで 客が溢れ、こういうのに拍手しているのって、自虐的 はたまた、ドスドス歩く・わめき続ける・高所から何度もダイブさせらる等の 身体に悪そうな振付で踊らされた ダンサー達への「ねぎらい」か・・・

ダンサーへの同情は感じたけど、拍手すると、作品に対する「賛辞」だと 勘違いされるので、やめといた annoy

コンテンポラリー公演って、時に魅力を感じることができなくて「辛い」こともあるけど、出演ダンサーのオーラや 音楽・演出・技術の高さで 満足感を補うことができれば、見続けることができる。 ただ「退屈」で「辛い」だけだと、ブログにさえ 書けず、2度と行かなくなる。 そういう経験は、コンテに多い shock

maple 同行した友人に「劇場と旅行が多いのって、ストレスと比例してるんじゃない?」という ご指摘をいただいた sweat01 そう言えば、今年の「劇場通い」は 記録更新しそうだし、旅行の回数も多いな。

「よく、それだけ消化できるよね」って、いや・・・心の平安を保つために(+-0 にするために)、そんだけ 必要だということかしらね bleah

年末調整

11月15日(日) sun

昨日、夫のゴルフ土産は、白菜 2個 dash 家庭菜園が趣味だという お仲間からのいただきもの。 生憎、前日、生活クラブから 1個、届いたばかり coldsweats02

夫と息子 R が 所属するソフトボールチームの試合があったので、お仲間に差し上げることになった。 そう言えば・・・先月、景品にいただいた 新米 10キロ も まだ手付かずだ(息子達は麺好きだし 外食もするので、月に 5キロも消費しない)と思い出し、それも 半分、付けてと。 美味しいうちに食べた方が いいものね flair

夜中、息子 T に起こされた。「明日がコレ(年末調整)、締め切りなんだけど、保険、何に入ってるんだっけ

先月末、夫と R が やってる時に、「あなたもでしょ」と 声がけしたのに、今頃  しかも、夜中 sweat01 うちの息子達は、いつも こう gawk 期限ギリギリで、焦ってやる。 しかも、「助け」を求めるのは、いつも 夜中。 証明書をどこに置いたか憶えてなくて、夫まで起こして 探す羽目になった weep

『バカ丁寧化する日本語』

11月14日(土) rain cloud

周年行事があって、懇親会では、久しぶりにお会いした方達と近況をお話したり、世代の違う隣席の方と「はじめまして」をしたり、「実は、子どもが家出していて」と、知り合いに 突然、打ち明け話をされたりで、疲れたわ coldsweats02

Photo野口 恵子著、光文社 (2009/8/18)

久しぶりの読書。 最近の、何にでも「させていただきます」をくっつけるのや「~のほう」「~でいらっしゃいましたか」などの 誤ったマニュアル表現に苛立ち、ばか丁寧な表現に「慇懃無礼」を感じているので、どうして こういうことになったのか、解り易い説明があるかと期待。

著者は、大学で「外国人に日本語」「日本人にフランス語」「日本人に日本語」を教えている。 巷の日本語に影響されている学生に 正しい日本語を教えるのに、とっても苦労されている方。

させていただきたがる人々

*「させていただきます」さえつければ 謙譲語になると信じて疑わない人もいる

*「させていただきます」を好ましいと見なす人々は、相手に低姿勢を強いると言える・・・使わない場合、無礼だと感じるからだ。

*「させていただく」は本来、私が何かをするのを「あなたが許可」してくれたことをありがたく思っている、という意味。 自分に恩恵を与えた相手を特定し、その人を持ち上げることで結果的に自分が低くなるという謙遜の表現。だから「許可」を与えていない人に使うのは、間違い flair

*これに対し、「おかげさまで」は、恩恵をこうむった相手を限定しない。幅広く全ての存在に感謝していることを示す。

*役所の広報で、市民からの意見に対して「ご意見の通り追加して記述させていただき、より充実した内容とさせていただきます」→「ご意見の通り追加して記述し、より充実した内容とします」

*学生からのメール「今後の参考にさせていただきたいと思います」→「今の時点では参考にならない」という意味にとれる、マニュアル敬語。 「紋切り型、慇懃無礼」と感じる。

*「携帯電話のご使用は、ご遠慮させていただいております」→これは、むしろ失礼な言い方。遠まわしに、上からお達ししている「慇懃無礼」の代表格。「・・・ご遠慮ください」

*著者宅にかかってきた幼児向け英会話教室からの勧誘電話 ― 「お宅様は 6歳までの小さなお子様のいらっしゃるご家庭でいらっしゃいましたか」 ― 「いいえ」 ― 「ではこれで、お電話のほう、切らせていただきます」について、「英語教室もいいけれど、その前に日本語を見直したほうがよいのではないか」と、思う。

*上の例の「切らさせて」は、動詞「切る」を「させていただく」の形にしようとして、余計な「」を入れてしまった。 これを「さ入れ言葉」というのだそうだ coldsweats02 「『させていただく』の形にすれば、手っ取り早く謙譲語ができる」と勘違いしている例。

maple 客の顔も見ないで「ばか丁寧なマニュアル敬語」を使われるよりも、朝市で おばさんが「ほれ、うめえから、食ってけ」というのに、心が動くという著者。 人の印象は、言葉だけではない。 口調や表情から見てとれる その人の感情表現も 大きな比重を占めるもの。 相手への尊敬がこもっていない謙譲表現は どうしても 空々しいから、いい印象をもてないのだと思う。

傾聴ボランティア

11月10日(火) cloud

Photo土曜日、大学のクラブの同期会(前後1年)が池袋であって、駅前やショーウィンドーが もう、クリスマス気分。

我が家の玄関には、まだ ハイビスカスが生き延びているけど、出窓には ポインセチアの鉢を飾っている。

今、傾聴ボランティア の団体取材をしている。 「傾聴」の講座を修了された方達が立ち上げたもので、核家族が進み、高齢者が増え、ストレスフルな社会を背景に、需要がかなりあるの。

数多くある地域の高齢者施設から「是非、定期的に来てほしい」というラブコールがきていて、週に1度、数人が1時間~2時間、あちこちの施設に高齢者のお話を聴きに行くのが、主な活動。 介護者や育児中の母親なども対象で、個人宅への訪問の依頼もあるとか。

勉強会を見学したところ、認知症の肉親が「何度も同じことを繰り返して話すのにうんざりしていた」のが、「じっくり聴いてあげられるようになった」とか、子どもへの態度を大いに反省したなど、会員の方ご自身が親の介護や育児において、「傾聴」を学んだことが 大いいに役立っているというお話が、多く出ていた confident

xmas 私も「傾聴」や「カウンセリング」の講座を何度か受けたことがあるが、ボランティアに役立つと同時に、家族や友人の話を意識して「聴く」ことができるようになった。 誰でも、自分の話を ちゃんと「聴いてくれる人」が必要なのよね。 勿論、そんな勉強をする必要のない人達もいて、「善良で包容力があって、いい人だわ~」と、常日頃から尊敬しているけど shine

フェスティバル/トーキョー『H3』

11月8日(日) cloud

朝から、バザーの手伝いに dash

Photo 午後は、近くの にしすがも創造舎(元学校)に、ダンス公演を観にいった。

演出・振付:ブルーノ・ベルトラオ、音楽:ルーカス・マルシエル、ロドリゴ・マルサル(ARPX)、照明デザイン:ヘナート・マシャード

出演:ブルーノ・デュアルテ、ブルーノ・ウィリアム、ズダニーロ・ダルマ、チャーリー・フェリックス、エドゥアルド・ハーマンソン、フィリピ・ヂ・モラエス、クレベルソン・ゴンサウベス、クリスチアーノ・ゴンサウベス、ルイス・カルロス・ガデーリャ、チアゴ・アルメイダ

キャッチコピーは、「ブラジルのストリートから登場した、哲学するヒップホップダンサー。」 演出・振付家は、28歳だそうで。

チケットを買った順に 整理番号 がふってあり、開場時刻は 30分前。 のハズなのに、開場時刻10分前にずれ込み、時刻通りに行けた友人が、日陰もない校庭で 20分も立ちっぱなしだった sad

折角なので、サイドの最前列で 鑑賞。 ダンサーは皆、中肉中背で、(多分) 20代の男性ばかりの 8人。 衣装は、ジーンズに 色の違う Tシャツか ポロシャツ。スニーカーは、アディダスか プーマ。 年少のダンサー(20歳位にしか見えない) 2人は、ハーパン。

ノリのいい歌に合わせて踊るのと違い、効果音で踊る ヒップホップは、かなり 違和感が wobbly ソロで、複数で、はたまた 全員で踊るのだが、序盤のゆっくりなテンポでは 睡魔が襲ってきて、周囲から寝息も聞こえてくる coldsweats01

その後、スピードを増してくると、目が覚めて wink 「後ろ向きに 猛スピードで走る」動作が繰り返されるが、複数のダンサーが ぶつからないで交差する時の緊張感が、素晴らしい lovely 交差する時に 1人が手を貸して、もう 1人が 空中で回転する振りも、カッコよかった shine

(かなりの運動量なので)水をボトルから飲みながらのダンスは 50分続き、最後は、半数が 汗で塗れたシャツを脱いで、踊っていた。 短時間だが、疾走感と緊張感を楽しめる、濃いステージだった shine 別段、「哲学している」とは、感じられなかったけどね sweat01

車上生活

11月7日(土) sun

朝、旅に出ていた息子 R が 帰って来た。

car 友達と 2人で、その友達のお父さんの車を借りて、「日本一の砂時計」を見に、島根まで行っていたのだ。 貧乏旅行なので、車に布団を持ち込んでの 3泊4日の「車上生活flair  バンタイプだったので、寝る場所は確保できたとのことだが、彼のいつもの「旅の流儀」で、休憩もせずに 一気に島根まで行ったそうだ dash

しかし、交替で運転して 島根往復って、キツイね。 本人も、疲れてた sad

「それで、○○ちゃんがさー、金が無いっていうのに、あちこち観たがるんだよ。『ここ、世界遺産だよ』とかって。見学すんのにも、金が かかるのに」 「前に来たことがあって『ここ、好きなんだ』って、嵐山の竹林に 連れて行かれたり」等々、土産話を聞かせてくれた。

delicious あの○○ちゃんが「観たがり」で 「竹林」が好きだなんて 笑えたけど、おかげで彼は、天橋立石見銀山嵐山 まで観光してきた訳で、「滅多に行かない所なんだから、良かったじゃん」と shine

Photo唯一のお土産が、これ。 「お母さん、濡れせんべい、好きだったよね。」

いわみぎんざんって、読むんだね。」 「歴史で習ったでしょ」 「へっ? 知らない」ってね、あなた coldsweats02

神楽坂でベリーダンス

11月5日(木) sun

夜風が冷たくなったわね~ coldsweats02 明日には ブーツを出そうっと

今夜は、半年に1度の 保護司の同期会。 神楽坂から徒歩圏内の幹事が、トルコレストラン を予約してくれた。 平日の夜だからか、貸切状態 wink お互いの近況報告をし、各地域での保護司会の運営の違いや問題点などを出し合った。 店主に尋ねられて「保護司の同期会なんです」と答えたら、「あ、OB会ですね」って。 いやいや、現役バリバリ。 OBOGは、76歳からですってば sweat01

ステージタイムには、ほっそりした、でも脂肪がプルプル動く 官能的な若いダンサーが、ベリーダンスを始めた eye 毎晩踊っても 筋肉がつかないって、不思議だわ~ wobbly

ノリのい仲間が ダンサーに誘われて真似っこ踊りをし、その後も 1人、2人と続き、最後は全員で踊ることになってしまって bleah  和風にアレンジされた トルコ料理だったが(残念 )、トルコビールに トルコワインで、お腹いっぱい delicious 半年後の約束をして、帰途についた。

『夜回り先生講演会』

11月4日(水) sun だっけ?

怒涛のような日々で・・・、天気も思い出せない sweat01

市民活動の裾野を広げるために、水谷修さんに講師をお願いして開いた講座。 開催一月前には 満員御礼 となり、折角の申し込みを多数お断りせざるを得なかったのは、とても残念 sweat01 受け付けや会場整理などをボランティアスタッフ総出で行い、滅多に体験できない「嬉しい悲鳴」 wobbly

ご病気を押して 夜回りや講演、相談、執筆と、精力的な活動を続けられていることに 深い感銘を受けたり、若くして亡くなってしまった少年少女の死を悼み、「自分の対応が悪かったばかりに、死なせてしまった」と自らを責められる言葉に、胸が一杯になった weep 【エピソードシンナーを常習した少年が幻覚から交通事故で亡くなり、母親に請われて たった 2人でお骨を拾うのに、カルシウムが溶けて 拾えなかった火葬場でのエピソード。 に感染してエイズを発症した少女の枕元で、「私の話を後輩達にしてやって。私のようなことが、もう起きないように」と約束したお話。

会場には学生服姿も目立ち、説得力のある体験談や地元の地名を出されてのお話は、とても身近に感じられた。 会場に向かって 何度も「挙手によるアンケート」をされたり 語りかける口調に、「他人ごとではなく、自分の問題なのだ」と突きつけられるような緊迫感も flair

最近、とかく話題になっている 覚醒剤 が 子ども達の手が届くところまで広がっていることや、リストカット について「全国の全てのクラスに、1人はいます」には、驚愕 wobbly

終了後、水谷さんの著者を購入して サイン会の列に並んだ少女が、カッターナイフを取り出したのを見たとか coldsweats02 、最後に「今日は○○人、リストカットの子がいたね。見るとわかるんだよ」と仰っていたと、仲間が教えてくれた。望むらくは、その子達が、今日を限りにそれを止めてくれること

「死にたい」と言う子ども達に、「自分のためだけでなく、人のために生きてごらん」と語りかけ、「叱るよりもずっと沢山、子どもを誉めてください。美しい言葉をかけてください」と私達大人を叱ってくださったことも、強く印象に残った shine

映画『やわらかい手』

11月3日(火祝) sun

PC講座の2回目。 今日は アシスタントなので、この間よりも 少し気楽 wink とは言え、前回との引継ぎや次回の打ち合わせ等で、頭はフル回転 sweat01 「とっても解りやすかった」と、受講生から 追加の受講申し込みもあって、嬉しい反面、「名簿を作り直して、資料をまた印刷しなくちゃ」と dash 

明日は 会報の入稿で、未だに細部の手直しが続いている上に 講習会の準備と 今後の講座のテキスト作成で、本も読めない sweat01  新聞と週刊誌を溜めないように(翌週のが届く前に、読む)するくらい。

さてと、昨日、PC作業から離れて スカパーで観た映画が、コレ。

Photo内容を 詳しくは書けないけど(R-15指定)、感動的な名作だった heart02

監督:サム・ガルバルスキ 、脚本:フィリップ・ブラスバン ・マーティン・ヘロン

主演は、アラン・ドロンと共演していた『あの胸にもう一度』の マリアンヌ・フェイスフル。 ミック・ジャガーの恋人だった人よね。 60を超えて、「着ぐるみ」を着ているかのような体型になってしまっているので、出演者の名前を見て 驚愕 wobbly

でも、おっとりしていて 品がよく、愛情に溢れた人柄に、どんどん引き込まれていくの。

難病の孫の手術代を捻出するために、初めて「仕事」(年齢からいって、売春じゃない)を せざるを得なくなった主婦が、家族や友人には話せない その「仕事」を隠して働くうちに、自分の能力を発見したり、それを人に認めてもらう喜びに目覚めたり。 でも、お金のためだけに働くのを拒否し、人間的な関係(結びつき)を大事にしたいという姿勢に、周囲の人が惹かれていくという作品。 彼女に共感できるし、こういう ステキな「おばあちゃん」になりたいものだと、思った shine

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ