« 『赤い点』 | トップページ | ありがとう! »

『ヒルデ - ある女優の光と影』 Hilde』

10月18日(日) sun

ドイツ映画祭 2009』、3作目。

Photo

昨日の映画をやっとアップして、朝一の上映へと急ぐ。今日の作品は、実在した女優 ヒルデガルト・クネフ(1925-2002)の伝記映画。

今日も、来日した監督の挨拶と質疑応答付き。 日曜の10時開演って、やっぱりキツい半分程度しか、埋まってなかったと思う。 監督のお話では、ヒルデ はマリーネ・ディートリッヒ同様、ハリウッドでも活躍した有名な女優で、歌詞も手がけた歌手・文筆家としても活躍したそうだ。

監督:カイ・ヴェッセル Kai Wessel

出演:ハイケ・マカチュ、ダン・スティーヴンス、トリスタン・ピュッター 他、 2008年/137分

内容】 終戦間近、ベルリンでの新人女優の頃から 60年代までの20年ほどを描く。 有名なナチ党員と恋愛関係にあったという過去、2度の結婚、その間、映画でヌードになったと攻撃されたり、共演俳優と不倫したと攻撃され、波乱万丈だ。 「有名になると 私的生活を脅かされる」のは、どこでも同じね bearing

戦闘場面や戦後の飢えや 東西の壁が作られた時の場面と、一有名女性の生涯を描きながら、時代背景がよくわかる作品。 監督は「若い人にも あの時代のことを伝えたい」と、仰っていた flair

ヒルデ は 煙草吸い過ぎで 感情の起伏が激しく、異性関係では共感できない sweat01 が、主演女優は、個性的な顔立ちで 声がハスキー、とってもチャーミング shine ドイツの演劇界では、見栄えがそれ程重視されないが、今回は 最初の夫も 2番目の夫も、私の好み lovely 前者は ユーモラスで善人で可愛い、後者は 冷静沈着なハンサムボーイ。

« 『赤い点』 | トップページ | ありがとう! »

映像」カテゴリの記事

コメント

zeroさん、
「チェコアニメ傑作選」ですか。いろんな特集やってるのねcoldsweats02 今回のも偶然サイトで見つけたんだけど。

『赤い点』、すごく良かったよflair 一般公開されるといいね。

「ドイツ映画祭2009」観たいナと思ってた作品「赤い点」、日程あわずで断念。
同じ時期、同じ新宿にて「チェコアニメ傑作選」に通う日々。             こちらのミニシアターは、東南口。そちらは東口ね。お会いしませんなぁ。
予告では11月には、またまた六本木で「韓流シネマフェステバル」があるそうで。う〜ん。。(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/31830082

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒルデ - ある女優の光と影』 Hilde』:

« 『赤い点』 | トップページ | ありがとう! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ