« レイフ・ファインズとか | トップページ | 平田オリザ講演会 »

『カムイ外伝』

9月24日(木) cloud

白土三平の名作、しかも ご贔屓の ケンイチ くん主演なので、観に行った。 もぅね、家で静かにしてるのに飽きちゃって、ソロリソロリと coldsweats01 口コミ評が酷いので ちょっと迷ったんだけど、私の好みは多数派といういう訳ではないので、「この目で確かめよう」と dash

期待しないで行ったせいか、なかなか良かったわ happy01

Photo監督:崔洋一、原作:白土三平、脚本:宮藤官九郎 ・崔洋一

出演:松山ケンイチ、小雪、小林 薫、大後寿々花、伊藤英明、佐藤浩市 他

* 酷評されている「一目でCGとわかる安っぽさ」は、予算がどうにもならなかったとしたら、しょうがないと思えた。

* 「抜け忍」である カムイ は、かつての仲間「追忍」に追われて やむを得ず彼らを殺しながら「自由な生活」を求め続ける。 このことに共感 flair

* 一人で生き抜くために、強くなる必要があった → 強くなるために、忍びの世界に取り込まれた → 掟に縛られる生活がイヤで、逃げ出した → いくら殺しても 追手が送り込まれ続け、彼らを殺し続けなければならない。 この悪循環が、とっても虚しい sweat02

カムイ は強いので、「追忍」達は 太刀打ちできない。 仲間を減らすだけの「追忍」って、かなり非合理的。 それでも組織を維持するためには 「足抜け」を許さない秩序が必要ってことなんだろうけど、命があまりに粗末に扱われることに 憤りを感じる。

*カムイに思いを寄せる 大後寿々花 が、田舎臭くて いい感じ。 美形じゃないんだけど、家族思いで勝気な娘、本当に漁村にいそうな雰囲気が出ている。 93年生まれの若さとは、思えない演技力 flair

小林薫 は、何でもやれるね、ホント shine 演技力に加えて、ふんどし姿で漁師の役もやれる体作りに、感心 confident

*伊藤英明は予想通り、薄っぺらい。 この人は、外見通りの「爽やかな青年」役以外は 無理なんだと確信。 存在感が薄いので、クライマックスの対決シーンに 飽きちゃった despair

« レイフ・ファインズとか | トップページ | 平田オリザ講演会 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/31500523

この記事へのトラックバック一覧です: 『カムイ外伝』:

« レイフ・ファインズとか | トップページ | 平田オリザ講演会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ