« 無差別殺人の精神分析 | トップページ | 伯楽星 »

東京JAZZ - ② -

9月6日(日) sun

東京国際フォーラムAにて、マチネ 13:00~17:10

今日も、開演1時間前に 友人と待ち合わせて、「屋台村」で ランチ notes  カンカン照りで暑いかと思いきや、木立ちが影を作り、爽やかな風が吹いて 気持ちいい shine

Photo屋台バン は、金曜日夜と総入れ替えで、楽しみにしていた 中近東料理はないが、ハワイアンがあったり。

12時前から始まった 野外ライブ を聴きながら、入れ替わった韓国料理屋台で チャプチェ トッポギ、マッコリが無かったので、ハイネケン屋台で beer

ステージには、いつもの 「東京JAZZ」の看板 と 出演者を頭上から撮る アーム付きビデオカメラ が ‐ 金曜には、無かった。 間に合わなかった

club マッコイ・タイナー・トリオ

大御所とは言え、ご高齢。 「おっ!」「スゴッ!」が まるでなく、煌きや輝きが消えてしまって coldsweats02  「早めに引退しておけば イメージを壊さなくて良かったのに」と、残念。 伝説の有名人を見たいという方は、満足 「夜公演も出るってなってるけど、体力、大丈夫かね?」と、友人が心配して。

Photo_2 休憩時に外を見たら、ライブ が続いていて、大勢の聴衆が やんやの喝采。

開演後も 会場外で無料で聴けるのって、お得だよね good

heart チャイナ・モーゼズ

ディー・ディー・ブリッジウォーターの娘さんというので、ある程度の実力を期待。 男性ばっかのステージに女性が出て来ると、ホッとするわ~ wink 「ダイナ・ワシントンが大好き 」と、スケッチブックに手書きした日本語フレーズを見せながらの トークも巧みで、明るくて パワフルなステージ。 ただ、写真とあまりに違う体型に、友人とビックリ wink

spade マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)

デビッド・マシューズ(p, arr)、ルー・ソロフ(tp)、アンディー・スニッツアー(ts)、チャーネット・モフェット(b)、ビクター・ルイス(ds)

まだ ステージが準備中なのに、後ろからフォーンが聞こえてきて 振り向くと、通路に 黒のパンツスーツ姿で 学生ジャズメン達が 1列に並び、MJQのテーマ曲のサワリを sign01 半分が女子だったのが、清々しい notes

後で紹介された「早稲田大学の…」で、「子ども劇場仲間の娘さんがいる 」って気付いた。 ステージにも上がって メンバーと一緒に吹いたので、ステージ左右に設置された大型スクリーンに 一人ひとりのアップも写って。 帰宅して確認したら、やっぱり flair

25年のキャリアをもつカルテット、リーダーの「マーちゃん(そう呼んでって、本人が言ってた)」は、「NYのベルリッツで、日本語を習っています」と、MCを日本語で通したwobbly 彼は 右手に障がいがあって、中3本が使えてない(カメラ、アップで撮らなきゃいいのに・・・)、それを よくカバーしていると感心 sweat01 いろんな弾き方をするテクニシャンのベース、無愛想で頑固爺ちゃん風トランペット、上手いサックスと、高水準な演奏だった shineshine

 

diamond 原 信夫とシャープス&フラッツ

せっかくの日本Jazzメンではありますが、私好みではなくて。 破綻も新鮮味もない、定食みたいな sleepy

夜公演の開場は、18時。 もう、1時間もないじゃん。 入れ替えと掃除、大変だね・・・。

この回は シルバーデイだったのよね~、失敗したわ weep  プレオーダーの時にはプログラムがはっきりしてなかったし、日時で選んだのが敗因。

私は、懐メロに 興味がない。 耳慣れたフレーズやアレンジを わざわざ聴きに来ない。 発展途中の若い人の 新鮮なセンスを体験したい。 女性メンバーも入れるような 実力派若手の 自由で斬新な演奏を聴いて、ワクワクしたい。 来年は、出演者を確認していからチケを買おうっと

野外ステージや屋台村、木陰と爽やかな風も含めて、友人共々、とっても楽しかった。 来年も来ると思う。

« 無差別殺人の精神分析 | トップページ | 伯楽星 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

zeroさん、

野外だけ…ですね?
中近東料理、私も再度食べようと思っていたのに、残念でした coldsweats02

>洋梨のタルトにエスプレッソ
→そんな屋台もあったのね。
中に入らなくても、十分楽しめるわねぇ notes

野外ステージと、ひよこ豆&ちょい辛トマトソース恋しさに(*^.^*)
中日2日目の夜、亭主誘って再度行ってきました〜。
1日目の中近東屋台と韓国屋台が無く、キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ
で、インドの煮込み3点セットでビール、ステージ後方の
空いた所に移動してワイン。連れ合いには、洋梨のタルトにエスプレッソを。

夕暮れから夜にかけての時間帯、ビル街をぬける風の中で聞くjazzが大好き!
満喫してきましたよ〜。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/31268036

この記事へのトラックバック一覧です: 東京JAZZ - ② -:

« 無差別殺人の精神分析 | トップページ | 伯楽星 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ