« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の記事

『血も涙もなく』

6月30日(火) rain cloud

今月は、かなり多忙だった。 中旬に イベントと バンドのステージがあったことに加えて、会報の編集・校正まであったからなぁ。 毎朝、やるべきことを思い浮かべて 優先順位をつけ、会議や作業や連絡、配達をこなしていた。

Photo_2さし当たって、今日のやるべきことを片付け、疲れた頭を ワインと映像で癒そうと ケーブルTVをつけたら、やっていたのが、これ。

監督:リュ・スンワン、出演:チョン・ドヨン、チョン・ジェヨン、イ・ヘヨン、117分、2002年、韓国

イヤ、すごいバイオレンス映像で punch  大きな画面では正視できない 暴力場面 と(原語が理解できなくて 幸いな)口汚い罵り合い (字幕を見なきゃ、済む)が延々続くんだけど、主役の女優さん二人が すごく いいの。 チョン・ドヨン が ヤクザの情婦役で、体当たりのアクションシーン をこなすなんて、驚き sign01 彼女が イ・ヘヨン を「お姉さん」と呼んで 闘犬博打の売上金をいただいちゃう企みに引っ張り込むのも理解できたし。 このお姐さん、前科があって、その不運ゆえに 度胸満点で、カッコいいの shine

最後は、大金入りの鞄を失いはしたものの、黒幕を含めて 金と暴力まみれの男たちが殺し合いをして死んでしまったため、二人は 借金と暴力から 自由の身 になれて 良かったんだけど、その上、「欲深男(後で、死亡)が ちゃっかり 鞄から くすねたお金が 彼女らの車のシートの下に 隠してある」っていう幕切れが、とーっても 爽快 sign03  ヒロイン二人の友情に、心が温かくなった heart04

濃~い チーズケーキ

夫が、接待ゴルフの手土産として 資生堂パーラーのチーズケーキ をいただいてきた。 「いつも 接待に使っていたんだけど、自分では 食べたこと無かったんだよ」と、嬉しそうな夫。

青いきれいな箱に、小さいのが 3個組×3が 詰まっていて、小さいながらも 濃密な味 なので、1度に 1個で 充分 confident

冷蔵庫を開けた 息子 R に、「お父さんがもらってきた チーズケーキ が、入ってるよ」と。

「美味しいの?」

濃い 」と、私。 「高級だぞ 」と、夫。

「質問の答えになってないじゃん sweat01  味はどうなの」と、R

「食べれば、分かるから。」

彼にとっては、「濃すぎる」味ではなかったようで、幾つも食べてた。 息子 T  も「旨い」って 食べてて、朝には無くなっていた dash

息子たちは「資生堂って、化粧品の? ?? 」って、不思議がってて。 そっかー、知らなかったんだね。

ライブに向けて

6月28日(日) cloud rain

朝のうちに 家事と並行して会報第3稿を仕上げ、メール添付で仲間たちに送った dash  その後は 取材記事をざっと書き上げて、バタバタと 先日のステージの打ち上げへ notes

行きつけの中華レストランで いつもの (欠席したキーボードが、差し入れてくれた) 瓶出し紹興酒 を飲みながら、ステージの反省と クリスマスライブの会場や練習日、演奏曲目などについて 話し合った。

Photo_3冷菜の盛り合わせ焼き餃子、蒸し海老餃子、麻婆豆腐、ジャージャー麺 ・・・と、各人が好きなものを注文、皆で食べる。

happy01 手ちぎり麺辛いスープ は いつもながら 香辛料が利いて 抜群に美味しく、お酒を飲まないメンバーが注文したデザート、揚げたての 黒胡麻団子杏仁豆腐 にも 手を出しているうちに rain  傘をお借りして、帰宅。

Photo_4その後、兼ねてより決めていた日程で ライブ会場を借りる担当のギタリストから、「既に押さえられている」との連絡が入り、練習日も含めて 携帯メールで 日程の調整をし合う破目に weep

『三池 ― 終わらない炭鉱の物語 ― 』

6月27日(土) sun

Photo スペースゆう(北区男女共同参画センター)で、『北区男女共同参画週間』の一環として、上映。

監督:熊谷 博子、2005年、103分

1997年3月30日、日本で最大の規模を誇った三池炭鉱 が、閉山した。 その歴史を 「負の遺産 」と言う人もいる。 囚人労働、強制連行、三池争議、炭じん爆発事故 。 150年以上に渡る ヤマの歴史を 記録フィルム と 当事者たちの証言 で綴った作品。

全国規模に広がる労働争議、ハンストや座り込みなどで それに加担した妻たち。 大規模で激しいスト、(爆発事故で二酸化炭素中毒になり、脳に損傷を負った夫たちを 今に至るまで介護し、一方で その補償のための立法を国会に求めて行動を興す)妻達の苦労や苦闘は、臨場感溢れたド迫力 で、かなりスゴイ sweat02 日本経済を支えた石炭産業の歴史を リアルに知ることができた。 女性たちのひたむきな生き方が 心に残る catface

7年がかりで この作品を完成させた監督に、大きな敬意を表したい shine

保護司の同期会

6月26日(金) sun

今日は、保護司の同期会。 今回は 私が幹事で 地元の割烹に仲間をよんだのだが、「幹事さん、ご苦労さま」と、仲間が 小ものいれ付きティシュケースをプレゼントしてくれた shine

保護司に任命された時、法務省ビルのホールで 2日間、講習を受けた。 その後、多くが 任意の カウンセリング講習 (5回シリーズ)を受け、ワークショップをするうちに 親しくなって、同期会を結成し、年に 2度、会っているのだ。

参加人数はだんだん減ってきて、最近は常連ばかりだが、区によって事情が違うので、比較できるのが面白いの。 東京→関東→全国の保護司会に出す会費は同じだが、市区の保護司会の会費額が結構違うのに驚いたり、区ごとに違う(事件の多い区では、複数いる)担当官(保護監察官)の話が出たりもする。

*全国的に 7月1日に行う JR駅前防犯活動 (社会を明るくする運動) を、文京区では 巨人戦の日に ドーム前でやる (「だって、そういう時でもないと、うちは 人がいないんだもの」だそうで)、今年は それが 7月4日だとか。 また、その時配るものは 区の保護司会で選べるので 違う。

*仲間の一人が所属する保護司会では、報告書を出さない保護司に 会長が辞退を促す(役所側は、ボランティアを切ることはない。 担当依頼を断ったり 報告書を出さない者には、担当を回さなくなるだけ。だから、名ばかりの保護司も いるのだ)。

*仲間の一人が、覚せい剤常習犯で 共犯仲間から離れるために 北海道から状況してきた子を担当し、 「東京の保護司さんは、真面目だ」と、言われた。 これまで、面接する時に 自分は晩酌しているような保護司に担当されて、更生する意欲が湧いてこなかったと。 「保護観察中に 再犯しなかったのは、優しい保護司さんのお陰」だと、感謝されたそうだ。 「未成年の子を前に、そんな 不真面目な保護司がいるの?」と、皆でビックリ gawk

*「奥さんが 家に入れたくない」と言うので、自宅では面接したくない。 面接所を 作ってくれと言っている保護司がいる。 住宅事情ではなく、家族の協力が得られないのが理由なら、「保護司を 引き受けなきゃいいじゃない」と、皆で 一致。 地域での更生を支えるのが 保護司の役割なのだから、自分の家に迎え入れることは、当然。 自分の家族とすれ違うこともあるが、普通に挨拶すればいいし。 少年の場合、「ご飯、食べた?」と、その時に 台所の鍋にあるものを 食べさせることだってある。 平穏な家庭で居心地よく暮らした経験のない子も多いので、家庭の味や 家庭の雰囲気を 感じてもらうことも、更生への意欲を高める助けになる。

活発に活動している者ばかりなので、情報交換は尽きることがない。 あと、溺愛する息子と「子離れしたくない」という仲間や息子の結婚に干渉したがる仲間に意見したりと、子育て論議で 大いに盛り上がり、次回の日程と幹事を決めて、お開きとなった。

地元の仲間に、「こんないとこ、あったんだね。 知らなかった~。 次、〇〇会で、ここを使うわ」と、会場も ほめてもらったし。

年齢(10歳位の幅)や性別が違っていても、「同期」ということで ざっくばらんに話せるのが、気楽でいい。 日頃は言えないことも、ここで皆ぶちまけて(?)、スッキリして帰れるのが 大きなメリットだ delicious

『愛を読むひと The Reader -』

6月23日(水) rain cloud

Reader 監督・スティーヴン・ダルトリー、原作:ベルンハルト・シュリンク

出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィット・クロス、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ

2008年、124分

原作が良かったので、失望するのを恐れて 水曜レディース・デイ  割引を利用した。 文字 が キーワードになっているのに、原作とは違って、英語 annoy  名前や 朗読する本の題名も 英語読みになってしまっていたりするのが、「一体どこの話?」っていう感じで 違和感大 だった・・・ が、それでも、一つの映画作品として、私にとって、正規の料金でも「お得感」あり。 静かに、深~く 作品に沈み込み、余韻が残る flair

キャスティングは、ケイト・ウィンスレット は頑丈で 色気のないのが、(ドイツを含む)あの地域の女性っぽいのがいいし、相手役の男の子は 好みじゃない(目が寄ってるのは、苦手)けど、 レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ ら 好きな俳優が 脇を固めて、とって良かった shine

正確な言葉は忘れたが、大学の授業の一環として 主人公をナチの戦争犯罪の法廷に連れて行った 法学部の教授(ブルーノ・ガンツ )と ゼミ生との会話で、「法は、狭い 」 「当時の法に照らし合わせて、合法的かどうかが問題とされる 」「生き残った者が本を書いたから、(立件され、著者を証人として)裁判にかけられ、有罪になる 」「皆(多数のドイツ人)、当時の犯罪を知っていても、知らんぷりだ(から、立件されない) 」などの台詞が、印象に強く残った。 「公平に裁かれる訳ではない」というのが、事実だと。

終盤で、収容所生存者( レナ・オリン )に「あなたの一生を変えてしまったことを 彼女は知っているの? 」と聞かれ、首を左右に振る主人公。 結婚生活が破綻し、家族や妻子、誰とも 距離を作ってしまって、人間関係の構築ができない主人公の 弱点を突いていて、遣り取りが印象的だった confident

八百屋さん

6月23日(火) sun

蒸し暑かった~ bearing 会報の編集をするのに、仲間が「食育 」の活動で開いている こだわりの八百屋さん の店番があるっていうので、そこに出向いた。 待ち合わせの交番前で、一緒に行くのに 遅刻した別の仲間を10分以上も待って annoy 暑いと、理性や抑制が働かず、モロに 怒った顔になった(だろうな・・・)。

Photo作業をしている横では、若い仲間の一人が 先月産んだばかりの赤ちゃんが寝ていて、肌の艶に 「あたらい~ sign01 」と、感動。

帰りしなには、美味しそうな野菜を エコバックいっぱい、買った notes 契約農家から届く、新鮮で有機な野菜たち。 右側の葉物は、アマランサス。 芋がらと 割れ椎茸も、すすめられて、購入。 生協から野菜が届く日だったので、野菜室が溢れてしまったけど shine

ホワイト・アスパラ

6月22日(月) cloud

Photo_2大学ゴルフ部の OBコンペで 札幌に行っていた夫が、リクエスト通り、ホワイト・アスパラ を買ってきてくれた lovely  他にも、いくらのしょうゆ漬け、紅鮭、ジンギスカン とか。 チーズは、忘れたらしい weep

朝、資料を取りに寄ってくれた仲間に お裾分けして、大層喜ばれた notes 

今日は、仲間にパソコンを教えに行き、お駄賃に、おかき をいただいた。 前回、いろいろなものを出されて お断りするのは感じ悪いので、「ナッツのチョコおせんべい が好きなの」と、はっきり言ったのだ delicious

先週から、夜は会合や取材、芝居、同期会などで全く居ないことが続いていて、夕飯に 揚げ物や焼き物を置いてこれなくて sweat01 料理がパターン化しないように苦慮している dash 今夜は、誰かが いくらのしょう油漬けを解凍しているみたいなので、助かるわ shine

劇団桟敷童子 『ふうふうの神様』

shine 乗り換え1回で、結構スムーズに移動。 下北沢で下りるのは 10年ぶり。

Photo駅前の商店街は、ホント、若い人ばっかりねwobbly  スズナリ  に行くのに、予想通り、今日も道に迷ってしまい、途中で道を聞 く羽目に sweat01  劇場で落ち合ったサークルの仲間も 迷って汗だく sweat01  ホント、蒸し暑い日で、上着を持つ手も汗ばんじゃって coldsweats02 会場整理は、劇中の衣裳に着替えた出演者の皆さん。 こういうもんなのね smile

作:サジキドウジ、演 出:東 憲司

出演:原口健太郎、稲葉能敬、池下重大、桑原勝行、小野瀬弥彦、深津紀暁、古味哲之甫、井上昌徳、鈴木めぐみ、外山博美、川原洋子、山本あさみ、もりちえ、新井結香、中井理恵、椎名りお、大手忍、ヨネクラカオリ(劇団阿佐ヶ谷南南京小僧)、板垣桃子

元々の劇場仕様ではないので、天井は低いし、トイレは場外だし、ぎゅうぎゅうに詰め込んで酸素薄いし、ベンチ椅子は背中が疲れるし(背筋が弱くなってるからさ)で、例会でもないと、今後、絶対来ない劇場だわね wobbly

内容は、神隠し。 小学校の運動会で 突然消えた息子をこの世に戻すため、自分が身代わりになろうと、母親が 山深い故郷に帰る。 「ふうふうの神様」は、神隠しにあった人をこの世に戻す方の神様。 異界とこの世との割れ目で、混沌とした雰囲気。 役者さん達は、きちんと稽古している風だったし、最後、セットが音を立てて崩れ落ちるのが 見事だった impact 感動するようなことはないけど、「若い人たちは、こんなの観てるのね~」と、社会勉強 flair

終演後、疲れちゃった私達、アフター・トークはパスして、駅への道すがら見つけた 沖縄居酒屋 で、サークル会。 島らっきょう ゴーヤ、ミミガー、じーまみどうふ、パパイヤ など、珍しい食材を堪能し、泡盛 の飲み比べもして notes 日曜日の夜、目につきにくい 雑居ビルの 3階の居酒屋(高くはないが、チェーン店のように 安くはない)に、若い人ばかりの客が 結構入っていて、「へぇ~・・・」って感じだった shine

金森 穣 Noism09 『ZONE ~ 陽炎 稲妻 水の月 ~ 』

6月21日(日) rain cloud

Zone朝から会報の原稿の更新作業をし、午後は、新国立劇場へ。 穣くんの公演の後、夜は 子ども劇場の例会(席買い)が 下北沢 であるの。 例会の日時がはっきりしていなかった時点で チケットを買い、時間的にはだぶらないまでも、キツいスケジュールだわぁ。 他の公演日の売れ行きも良くて、振り替えができなかった weep (体力と気力の加減で)仲間には、「行けないかも」と、事前に断って sweat01 夜まで帰れないと見越して、夕飯の用意もして、出かけた。

【演出・振付】金森 穣
【空間】田根 剛
【衣裳】三原康裕

【キャスト】Noism09 :金森 穣、井関佐和子、宮河愛一郎、高原伸子、山田勇気、藤井 泉、中野綾子、青木枝美、櫛田祥光、真下 恵、藤澤拓也、(ゲストダンサー)永野亮彦

チケット発売時に買えなかったので、3列目ではあるが、端っこ。 東京での最終公演で、満席。

第1部】 幕が開くと、低い位置で 左右に8個ずつの(本物の)の揺れるのが、いい雰囲気。 バッハの曲に合わせて 静謐な女性5人の群舞、力強い男性5人の群舞。 その後、穣くんと井関さんのペア、他に3組のペア。 振り付けは きっちり決まっていて、息を合わせている緊張感が伝わってくる。 男性は 全身黒、女性は ベージュのレオタードに黒のスパッツという、シンプルな衣裳。 小柄なダンサーばかりなので、体の線がでるのは、どうかな sweat01

第2部】 今度は、驚くような 突飛な衣裳と被りもの (帽子の粋を超えてる)。異素材、いろんな柄の布を組み合わせで、ブーツも色とりどりのキレイな色。 鋲が打ってあって、可愛い。 今度の舞台装置は、前と後方に を垂らしてある。床上数センチまで 何列にもなっているので、ジャラジャラ 音をたてながら その中で踊ったり、鎖の向こうで踊るのが 透けて見えたり と、実に効果的。 振りは、1部とは違って ゆる~いもの。フラフープを回すような腰と腕の動きがユーモラス。 主に歌入りの賑やかな曲が一貫性なく、流れてくる。 穣くんが乗っかってる(座ったまま、不動)スピーカー (コード付き dash )を押して移動するにつれて、音も移動していく のが面白い shine

第3部】 練習時に着ているような服装で、男女4人が けいれんたり いざったりで、苦しそうに踊る。 この手の振付は よくあるけど、苦手だわ。

アフター・トークを聴かずに、下北沢へ dashdash

永田町でウロウロ・・・

6月20日(土) sun

会報の編集会議。 月曜に担当の原稿を書き、一方で「届かない原稿」の催促をしつつ レイアウト作業を続けた結果、前もってメンバーにメール添付で送り、目を通してもらうことができた。

「こんなに早く原稿が揃って 編集作業ができるなんて」と、企画力抜群なれど おっとりした Y さん。 写真をメール添付できなくて、telephone ライブで やり方を教えた H さんは、「教え方、上手ですね~!」と、ほめてくれた。 イヤ、できるようになってくれないと、この先、作業が進まないって sweat01

beer 夜は、大学のクラブ(ドイツの地域研究)の 3年くらい幅のある 同期会。 ここんとこ、年に1度が恒例だったが、昨年から 2回になった。 会場は 前回と同じ永田町にある ドイツレストラン なのに、前回と違う駅で降りてしまったのが敗因、(方向音痴の私ゆえ)いつものように「ここは、どこ?」状態に weep  止む無く、場所柄、そこいらに配置されている警官に道を尋ねて 辿りついたが、何ヶ月か振りで履いたサンダルで 足は傷むし、遅刻しちゃうしで coldsweats02

今夜は、在学中の 秘密の話 が幾つか出た bomb 30年も経っているので、「時効だよね~」って。 この年代だから、メンバーの入院や親の介護の話も出た。

先輩の「和食もいいね」の声に、次回は 以前使っていた 池袋の割烹を会場にすることになった。 近いし、迷わないしで、ありがたいわ delicious

『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』放送開始!

6月19日(金) cloud

Photo夜中、ケーブルTVを何気なくつけたら、ちょうど 始まったとこ sign02  キャ~、『Super! drama TV』でも 映るんだ~ dash

第1・2話を持っていて(宣伝のために安く売ってた)、とても面白かったので、日本での放映を心待ちにしていたのだ。

これは、映画『ターミネーター2』の その後のストーリーで、2008年からのTVシリーズ。 「クロニクル」とは、「年代記」。

第1話は、サラとジョンのその後の暮らし、新しいターミネーターの登場、そして スカイネットを阻止するために タイム・マシーンの装置を預けていた 銀行の貸金庫から 未来にワープするところまで、実にテンポよく進むのに 感心する。 ちょうど 帰宅して食事をしている 息子 T に「ねっ、面白いでしょ?」と。

個人的には、『ターミネーター2』の ジョン役少年の方が好みではあるが、久々に、ケーブルTVで 楽しみなドラマができたわん notes

小劇場とは?

ear 地域の市民活動を紹介するシリーズの取材で、ミニ放送局を訪ねた。

運営は、ボランティアスタッフ。 地域の情報を発信して まちづくり に活かしたいというのが コンセプト。 今は 新しく電波をもらえない状況なので、収録した番組を ホームページで流している。

今日は、月に3回ある 番組の収録日。 収録前に、事務局長に インタビュー。 他の団体で 会員同士なのだが、「お久しぶりー

彼女は 番組のパーソナリティーもしていて、今日は、地元の小劇場代表が ゲスト。 流れで、その打ち合わせにも 同席することになったのだが、彼の話が ものすごく面白くて。 いつもの「市民活動 = 役得 」だわ notes

「劇場運営に関わるようになった きっかけ」 「小劇場とは?」 「小劇場運動とは?」 「小劇場としての広報」 などを話しながら、「こんな話、面白いですかね?」なんて 言ってるのも、可笑しかった smile

収録場所は、カラオケ店の一部屋。 音漏れないし、グッド・アイデアだわよね~ flair ビルのオーナーのご理解を得て、格安の使用料と 機材の保管をしていただいているとのこと。

夜、仕事を終えてスタッフが集まり、四つの番組を 収録するのに、4人のパーソナリティーとゲストが入れ替わる。 ミキサー二人が交代で、録音・編集担当のスタッフは、ぶっ続け。

写真を撮らせていただきながら 聴いていたが、終始 ゲラゲラの番組あり happy01 、とってもためになる番組あり、趣味にバッチリの番組ありで、本当に楽しかった。 スタッフの一人(市民活動仲間)が、「今日は たまたま、趣味に合ってたんですよ」と shine

Ken's Bar Ⅱ

6月18日(木) cloud rain

所属団体の会報の編集作業に入っている。 この団体の広報部は 4年ぶり。 その間、広報の講座を受けたり経験を積んではいるので、以前よりも いいものを作りたい。 レイアウトやカットなど、デザインをガラッと 変えてみようと、(頭がスッキリしていて、集中力が まだある)毎朝、 pc に向かっている。 「新しいことをする気力が、まだ 自分にある」っていうのは、我ながら 驚きでもある flair

締切日を過ぎても 原稿を送ってこない仲間に 催促の pc telephone mobilephone も。 こういうことにも、手間と時間がかかるもの sweat01 私は (几帳面な A型)締切日は必ず守るので、かつては こういうことに 呆れたものだが、「性格は変えられないよね~」と、「気持ちよく 書いていただく」ことに 気持ちを切り替えている。 几帳面な書き手だけのって、超つまんない。 いろんな書き手の文章が集まったものこそ、面白く読めるって解っているから notes

Photo_3

作業をしながら 聴いているのは、このCD。 選曲は、甘め。 好みを言えば、もっと ドライな音が好きなんだけど sweat01

彼は この風貌とミスマッチで、キーが高いんだけど、ゲスト・ボーカルが入ることで 幅が出ているのが、いい。

ミニチョコクロワッサン

6月17日(水) cloud

Photo週末のイベントの模擬店で買ったのが 中々に美味しかったので、冷凍庫に残っていた 冷凍パイシートで、息子 R が類似品を作った。

パイシートを伸して、製菓用の チョコチップを入れて オーブントースターで焼くだけ。 手間がさほどでもない割には 結構なお味なので、「今度、バザーで売ってみよっか?」と、R に提案。

『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン - I COME WITH THE RAIN - 』

6月16日(火) cloud rain

Photo_2キムタクと イ・ビョンホンが出演することばかりが話題になっているが、私にとっては、名作 『青いパパイアの香り』の トラン・アン・ユン監督と (元?)奥さんの トラン・ヌー・イェン・ケー、お気に入りの ショーン・ユー の映画でも ある。

監督・脚本:トラン・アン・ユン、2009年、114分

出演:ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、 トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー

血みどろ・残酷・連続殺人・精神障害 ・・・、グロい。 「R-12」指定だけど、保護者同伴でも 子どもは見ない方がいいんじゃないかな。 私は そういうの苦手なので、困った wobbly

主役は、元刑事の探偵、ハートネット。 猟奇殺人の犯人を追っているうちに、犯人の行動を読むために「犯人の発想」をする努力をした結果、「犯人と同化=汚染」して、精神障害を起こして退職。 探偵となって 食いつなぐ羽目になった経緯が、モザイクのように 断片的に 散りばめられている(その 思わせ振りが、鼻につくかな)。

フィリピンのミンダナオ島 香港 ロケ。 汗がしたたり落ちる 蒸し暑さが「見える」画面で、雨や泥、俳優の肉体をつたう汗 が 体感できるのが、印象的 shineshine  そういう中で、派手な柄の化繊シャツにスーツ姿のギャングのボス役 ビョンホン が、美しく鍛えた筋肉なれど、ほんっとに暑苦しい(意図的?) sweat01

誠実でまともそうな ハートネット のキャラに共感してストーリーを追っていくことはできたけれど、愛人(中年で、これだけ身体を晒せるのは 立派 sign01 トラン・ヌー・イェン・ケー)への執着と 冷酷非道なだけの ビョンホン、生育歴に問題があって 「人助け=自虐行為」でしか 現実を生きられなくなった キムタク 、キムタク に薬物依存症を治してもらったくせに、最後は見捨てて知らん顔の愛人は、画面に出てくるエピソードだけでは浅すぎて、人物像がつかみきれない。

私としては、人物の描き方が浅くて物足りないなかったが、「これも、アリ」かな。 ロードショー料金 +- 0。 一緒に行った息子 R は、予想外に「これほどヒドいのは、初めて。 途中、何度も意識を失いそうになった」と happy02 眠かったということもあるようだけど、キリスト教の知識が殆どないせいみたい。 彼のように、キリスト教と 台詞や映像の関連が一切理解できてないと、退屈なんだろうな despair

イベント

6月14日(日) cloud rain

昨日・今日・と続いた 毎年恒例のイベントも無事に終わりまして。 団体の活動資金作りと 活動PRを兼ねているのですが、手ごたえもマズマズ。

今日はバンドのステージもあり、それに向けたストレス(司会をしている方が、気が楽なほど)が相当なものなので、夜は、「もぬけの殻」状態。 8時過ぎには布団に入っていました sleepy

アダム・クーパーの来日公演

Photodownwardleft 下記 K-バレエ の公演でもらったチラシの中に、入ってた。

今週、ファンサイトで話題になっていた来日公演が、本当に実現するみたいね dash 2004年初演、2005年再演の話題作。 熱心なファンは渡英してまで観てたけど、日本でもやっと観られるって訳よね、ウレシイ shineshineshine

共演者が決まり、今年1月だかに 他の出演者のオーデションまでやった来日公演企画が とある陰謀で潰されたので、皆、「本当に、実現するのか」って、すご~く心配だったのよ。 今回は、共演者もステキだし、作品としても興味深々 heart04

これには 公式サイトのアドレスが書かれているものの、まだ存在してなくて。 書く前に、トップページの1枚くらい作ってよ、日にちや会場、出演者が決定しているんだからさ sweat01

K-バレエ カンパニー 『第九』

6月11日(木) rain cloud

オーチャードホールにて、公演初日

notes 熊川くんの『第九』は 評判がいいので、一度観たいと思っていて。 人混みの渋谷、嫌いな Bunkamura オーチャードだけど sweat01

「この時期は、無理かな」という心配もあって、一番安い、と言っても、1万円を超えてる)B席 を買ったら 3階席。 センター寄りサイド前方。 視界を遮るものもなく、とっても観やすい shine  1・2階席はよく見えないけれど、3階は、満席。 1階席は、段差が僅かな上に サイドが切れる 最悪な設計と座席設定(足先が見えなくても、S席)だけど、3階席は good

生オケの上に 人気歌手を揃えて、派手で話題性のある(当然、高額)公演は、熊川くんだからこそ 可能なこと。

【指揮】福田一雄、【演奏】シアター・オーケストラ・トーキョー

バランシンの『シンフォニー・イン・C』 45m.

【出演】 第一楽章:SHOKO・宮尾俊太郎、第二楽章:淺川紫織・清水健太、第三楽章:荒井祐子・浅田良和、第四楽章:松岡梨絵・遅沢佑介 他

『第九』だけで良かったんだけど、付いてたの。 何せ バランシン だから、全く心に響くような作品じゃないんだけど、3階席から フォーメーション がよーく見えて、面白かった。

ベートーヴェン作曲の『第九』合唱付き 70m.

第一楽章:清水健太
第二楽章…荒井祐子、松岡梨絵、東野泰子
第三楽章…浅川紫織、宮尾俊太郎
第四楽章…熊川哲也、宮尾俊太郎、遅沢佑介  他

ソプラノ:森 麻季、メゾ・ソプラノ:谷口睦美、テノール:笛田博昭、バス:折江忠道

【合唱】藤原歌劇団合唱部

原曲をコンパクトにまとめたもの。 原曲と同様、合唱団とソリストは 第四楽章のみ。 でも、彼らは オペラ作品のように 衣裳を揃えて、多少の演技もする。 美貌で売っている 森 麻季が、ズダーっとした衣裳と被り物じゃ、もったいない気も sweat01 

熊川くんは、第四楽章だけ登場し、合唱と同時に踊りだす という、超カッコイイ登場。 一人だけ 他と違う衣裳を着て、要所要所で チョコっとだけ踊り、かなり大きな印象を残す演出なんざ、さすが flair

軽やかで メリハリが効いたダンス は、いつもながら、周囲から際立っている。 ただ、演出は、時に退屈だった(演奏や歌で、紛れはするが)し、特に終幕なんか、「あざとい」「鼻に付く」「カッコつけ過ぎ」とも言える。 好みだろうね。

私の好みではないけど、話題性のある演目や 本人の技術力・スター性・マネージメント力、カンパニーの維持と興行の成功、団員の質の向上 などを考え合わせると、ホント、大したもんだわ。 これからも、ファンを虜にして、頑張ってほしい。 時々は、席を買わせてもらいますんで coldsweats01

桂文珍 大東京独演会

6月9日(火) cloud

昨年の「連れ」をお誘いし、国立劇場小劇場へ。 今日・明日と昼夜の公演で 計 4回、毎回異なる演目会場からのリクエストで決める という 異色のシリーズ。 (ブログを検索して調べてみたら)昨年は、7月だった。 プレオーダーで 上乗せ手数料をとられて買った チケなのに、最後列の端っこの席 annoy

昨年同様、間に 内海英華の都々逸が 入り、神楽がなくなった分、早く終わった。

舞台には、昨年より少なめの演目がズラーっと並ぶ 演目一覧表。 「リクエスト」とのハズが、それとは別に 『シェフのおススメ・メニュー 』なんか持ってきちゃって sweat01  私たちとしては、昨年と異なる演目を聴きたいところだが、前の方の席で、声のでかい人がどうしても有利。 三つの演目中の 一つは、昨年と同じ 『老婆の休日 』。

これは、病院の待合室で 患者仲間と話すのが生き甲斐となった おばあちゃんたちの様子を 活き活きと描くもの。 この1年で 見聞きしたものが加わっているんだろうな、昨年と 多少、違うものとなっていて、今年も 大いに笑えた happy01  アドリブのきいた 創作は、ジャズみたいだよね notes この人は、なんか はんなりしていて 品が良く、「ふふん・・・」と笑うのが、可愛いなって思う。

Photo 駅近くの『香港風居酒屋』に寄って、生ビールや紹興酒を飲みながら、友人とおしゃべり。 ピータンのっけ冷奴 とか、おすすめサラダ(蒸し鶏とトマト、きゅうり、中華くらげを並べたものとか、こちら、ミミガーときゅうり、長ねぎの合えもの とか食べて、楽しかった。

『聖☆おにいさん 3 』

6月8日(月) rain cloud

Photo中村 光 著、講談社 (2009/3/23) 

先日、近所の友人が「田舎から 送ってきたの」と、新鮮なスナップエンドウ をどっさり 届けてくれた。 彼女とは コミック本の趣味が似ているので よく貸しているのだが、その時、「あっ、そう言えば、〇〇の本屋で、『聖☆おにいさん 』の 3巻が売ってたよ。」

「えーっ、ホント sign02  もっと早く 言ってくれなきゃー。」 「ごめん、ごめん。 しっかりチェックしてると 思ってた。」 「Amazon から 定価で買うと 続編の発売をメールで知らせてきたりするんだけど、中古で買ったりしてるからさ。」

book 今回も、期待通り、最高 sign03 いつもながら、宗教ネタを自由自在に操り、私などの凡人には絶対発想できないような ギャグの炸裂 happy01

「信者さんが読んで 怒りはしないだろうか・・・」と 心配になるが、決して下品でなく、ほのぼのした味、読者を癒す作風なので、ギリギリ ってとこ 下界の流行りものにハマる イエス、通販で買った シルクスクリーンで オリジナルTシャツを作る ブッダは、「世俗にまみれている」とは言っても、可愛いのよね、人間っぽくて。

高層ビルを見て、イエスが 父(神)に「バベラれる (バベルの塔のせいで、言語を分けられたことを指す)」ことを 恐れたり、二人が ファミレスの「サービス券輪廻 」にはまったりと、言葉のセンスにも 抜群 smile

『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか 』 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』

6月7日(日) sun

Photo_7◆『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか 』

  北尾トロ 著、文藝春秋 (2009/1/9)

一人旅の夜は、お酒飲みながら、ゆったりと 読書して過ごすのが定番。 頭も心もいっぱい、足がクタクタに疲れて 身動きできず、TVは殆ど見ないしね。

たまっていた雑誌を読み終え、函館駅前目抜き通りの本屋(無印良品店上、函館3日目~その②~参照)で買ったのが、これ。 存在は、知ってた。 保護司の研修で 裁判を傍聴したこともあるので、とっても身近な話題。 ドラマや小説なんかより、実話の方が、ホント、臨場感あって ドキドキするの。

こういう書き方って 不謹慎かもしれないけれど、事件の背景を知ることは 人間を理解すること。 保護司で担当してきた人の話を聴き、家族と話をしたりすることを通して、本心から「私は、あなたの味方だから」と、寄り添うことができる。 生まれつきの悪人なんて、いないから。

裁判に 人間ドラマのリアルさを求める 著者の視点には、だから、とても共感する。 弁護士や裁判官によって 判決は微妙に違ってくるし、一国民の感覚からすると ズレた判決もあり得る(だから、裁判員制度で 国民の意見を反映させるってことになるんだけど)。 タイトルになっている「甘くないですか?」っていう意見、とても正直。

ear ところで・・・ドラマや映画の法廷では、検察官や裁判官は はっきりしゃべってるけど、傍聴してみると、早口だったり 滑舌悪くて、何言ってるのか聞き取れなかったりする (ラジオやTVの外国語講座、現地であんな「アナウンサー」的な しゃべり方してないって、気付いて苦労したのと似てる)。 被告人が 気の毒だったわ。

Photo_6

◆ 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』

  北尾トロ 著、文藝春秋 (2006/07)

帰りの空港で 上記の本の続きを読もうと思っていたのに、来る時と同じように、トランクのポケットに入れたまま 預けてしまった ボケ×2 の私 sweat01  しょうがない、書籍売り場で物色していたら、その前の本(上記の本は、この本の続編)があったので、購入。

結局、どちらも読みかけ状態となり、帰宅してから読んだ sweat01

仕事として 裁判傍聴記を書き始めた著者が、次第に「裁判に人間ドラマを見る」快感を覚えるようになっていく。 一般読者向けの雑誌の連載なので、傍聴の方法や裁判の進行など、とても解りやすいし、(本人が「似てない」と嘆く)被告人の似顔絵、被告人への「つっこみ」も可笑しくて、裁判が とても身近に感じられる 内容。

レイプ事件を面白おかしく書いているのは いただけないが、新聞には載らない事件、あるいは、(記者が記事にする)初公判と判決の途中経過について、当事者の「 生の声を 自分で聴くこと 」の意味が伝わってくる点が、何よりいいと思う。

eye 検察官や裁判官ウォッチも 面白い。 他の 先輩裁判傍聴マニアの方たちとの対談で、「裁判所の美女の割合は 高い」とか、傍聴マニアの一人が「裁判所の人事に、一番興味がある」なんて、ね。

だめんず・うぉ~か~ [10]

6月6日(土) rain sun

Photo_5

倉田 真由美 著、扶桑社 (2009/4/28)

空港で読もうと思っていた雑誌を トランクのポケットに入れたまま預けちまった 大ボケの私くらたま の本を買って、長い待ち時間を やり過ごした 。

OLやキャバ穣、教師と 職業は様々なれど、ダメな男にばかり引っかかり、大変な苦労をする女性たちの実体験を くらたま が 紹介するコミック本。 精神科医との対談なんかが 途中に挟み込まれていて、とっても 面白い shine

で、ダメな男=DV男 なの、殆ど。 こういう男は「punch 蹴る」だけじゃなくて、ストーカーしたり 監禁したりと、もう、とんでもないんだけど、結婚してガラっと変わる(本性を表す)のならまだしも、付き合ってて 歯が折れたり 耳が聞こえなくなったり、骨折したりするほど 乱暴されるのに、そのまま結婚する女性がいたりする。 あと、そういう男と せっかく別れられたのに、次に付き合う男がまたぞろ DV男だったりして、呆れるばかり。 負の連鎖か bomb

昨日の リプロの会合で、この話をした。

DV家庭に育つと、「男は、暴力をふるうもの。 女は、それを耐えるもの」と刷り込みされて、自分も DV男を選んでしまうことが多いと聞いているけど、「暴力をふるわれるくらいなら、一人で暮らす方が よっぽどいいのにって思う。」 「支配されるのは、絶対イヤだもの。」

「でも、一人はイヤ、誰かに頼りたいって思うんだよね、多分」と、若い子たちを担当している 保護司仲間。 「本当の愛情ではなく、利己的な支配欲なのに、それを 愛情だって 誤解する。」 「まだまだ 保守的な社会だから、『オレについて来い』みたいなのが男らしいって 刷り込まれていることも あるだろうし。」 「暴力を受けるのは、不当なことだ」って、気付いてほしいね。」

「私は DV家庭に育ったけど」と、別のメンバー。 サラリと、衝撃の告白 wobbly  彼女は まともな男性と結婚していて、「同じ環境で育っても、負の連鎖から逃れられる人もいる」ということ。

「若い子たちには、デートDV のことも 話したいよね」と、夏の講座に向けて話は続く・・・。

奥の松 特別純米氷熱にごり原酒

6月5日(金) rain

夜、少人数でやっている リプロの会合があって、中高生向けのボランティア体験を取り入れた講座の 打ち合わせをした。 メンバーの都合をつき合わせて 日程を8月下旬に決め、男女共同参画センターとの共同企画に申し込むことにした。 今後の打ち合わせ日時も決め、後は、リプロについての情報交換を。

私が 函館土産の いさりびいかせんべい (二つ下の記事参照)を 配ったら、隣りに座っていた 新メンバーが 「私、函館の出身なんです。 でも、これ、知らない。」 とうきびプリッツ (一つ下の記事参照)について聞いたら、それも知らないって sweat01  最近の商品で、みやげ物売り場にしか置いてないのかな。

参加したのは 私も含めて 4人だけなのに、別の一人は、「私は、下の娘と 札幌に行ってたの」と、札幌土産を配って wink

PhotoPhoto_2さて、義姉が 昨年同様、予約してくれていた 郷里の にごり酒 が昨日発売となり、今日、我が家に届いた。 夫には、特別大吟醸。

この にごり酒は、期間限定発売。 日本酒度 17。 にごり酒なのに 甘くないのが、素晴らしいの。 オンザロックで、グイグイっと delicious

Photo_4つまみは・・・

生活クラブから届いた かぶ を薄く切って カラーピーマンときゅうりと一緒に 即席漬け にし、見事な葉っぱは、湯がいて チリメンと刻み海苔をかけて。 美味しいお酒には、こういう 素材を活かした薄味のものが、合うの shine

phoneto ところで、義姉のもとには、函館から送った 花畑牧場の 生キャラメル(函館2日目~その③~参照)が届き、初めて口にして 「おいし~ ! 」と、お礼のメールがきた。 奇しくも、同じ日に 贈りものの遣り取りとなった wink

Photo_3

函館 4日目~帰宅~

6月4日(木) cloud

夜のうちに雨が降り、助かった。

今日の朝食の卵料理は、スクランブル・エッグ。 定番の卵サラダも美味しいしんだけど、あっちもこっちもっていうのは・・・(自粛)。 筑前煮・ふき煮に加えて、ひじきの煮物もあった delicious

ship 摩周丸のあたりを 散歩。 広場には、朝市に客を案内してきた 団体旅行の大型 bus が、何台も止まっている。 買い物を終えた人たちが 走って帰ってくるのが見える。 「〇時に集合」なんて言われて買い物するの、忙しいわよね~ dash

いくらのしょう油漬けナチュラルチーズロイズのお菓子 とかをトランクに詰め込んで、空港へ。 バスターミナルから 20分で空港に直行する bus が出ているので、便利。北海道産

Photo_32airplane 空港で、「ご当地プリッツ」、み~っけ sign01 帰省の度に買う 『ずんだプリッツ』 を 父や兄の家族が 「知らない」っていうのと同様、函館出身の市民活動仲間も 「知らない」って sweat01 ま、でも、「北海道産とうもろこし 36%使用」って書いてあるだけあって、しっかり とうもろこし味  delicious

book 待ち時間、読みかけの文庫本を 読もうとしたら・・・トランクのポケットに入れたまま、預けちゃった sweat01  まただよ、私。 来る時も同じミスをして、空港で文庫本を買ったのにぃ、懲りない。 狭い書籍売り場で、ちょうど読みかけのとシリーズになっているのを見つけて、ホッとする。

帰宅途中から 携帯電話が鳴って、一気に日常に引き戻される事態となり、帰宅後は 留守中の家事の乱れを補うべく 立ち働き、ホッとして飲むのは 好みの辛口白ワイン。 旅行中は、とにかく旅先の環境を楽しむ主義なのだが、国産ワイン(特に、はすかっぷと洋梨)は、口に合わなかったわね sweat01

函館 3日目~その②~

昼食

どんふり横丁市場で、帆立・ほっき・あわび、 が のった 貝族丼 を。 高価だったので 期待したのだが…ご飯の上に刺身をのせると、温かくなるんだね、ヤッパ coldsweats02  刺身は美味しかったけど、冷たい方が好きなので、どんふり横丁の定番である 海鮮丼 の類は、あかんわ。 さました酢飯の上にのせる ちらし寿司 の方が好きだな、私は。
味噌汁は少ししょっぱいし、漬け物も、市販されている着色料たっぷりのしょっぱいやつで、がっかり down  塩分取り過ぎは、体に悪いよ。

散策

少し休憩して、街に出た。 駅前から続く目抜き通りは商店街になっていて、今夜読む文庫本を買ったり、デパ地下を覗いてみたり。 しばらく歩くと、広場のようなスペースが左右に広がり、右手に目をやると、見覚えのある建物。 函館市役所本庁舎 だわ。 電停の間隔って、狭いんだね。 中心部四方、徒歩で散策できる範囲 flair

Photo_29

◆今日の買い物は、いかすみ入り の アーモンドチョコ。

Photo_31あちこちで見かける いさりびせんべい。 帆立、蟹、イカと、種類は色々あるが、「ちょっと辛い」という、これを何袋も。

*市民活動のミーティングで配った(5日)ら、函館出身の仲間が「知らない」って coldsweats02  老舗ではないってことね。 でも、「美味しい」って言ってくれたので scissors

函館 3日目

6月3日(水) sun cloud

旅行前にチェックしてきた週間天気予報が、昨夜、いきなり覆って、今日は sun それなのに、ドジな私。 日焼け止めも下地クリームも 化粧ポーチに入れ忘れてて weep 

さて、テレビ東京系列の5チャンネルは、東京と違う韓ドラ『あの青い草原の上で』を 毎日、字幕で放映している。 不治の病とか 敵同士の家の結婚とか よくある設定に加えて、財産横領というのが 没落と成り上がりを生んで、新味がある。 『大王四神記』の ホゲ役が出てて、更生しようとする チンピラ風兄ちゃん役なんだけど、わかーい wobbly

Photo_25函館駅裏には、青函連絡船 摩周丸 が、今は岸に固定して記念館となっている。 学生時代に一度乗っただけだけど、息子たちに「青函連絡船」って言っても、「えっ? フェリーのこと?」って反応だからね、歴史的遺産になるわけだ。

Photo_26函館駅 は、サイドがガラス張りで、ステキな建物。

Photo_27 2階のレストラン街からは、朝市が見える。 手前が どんぶり横丁 で、生鮮や乾物も含めて 奥へと広がっている。 今日はまだ 下見のつもりだったが、やたら声をかけられるので、目も合わせられず、居心地悪い sweat01 
ship 湾内を周遊する 遊覧船 ブルームーン に乗ろうと 波止場に行ったら、客が 4人いないからと、欠航に weep   ベイエリアを歩いていると、ガイドもするという 人力車のお兄ちゃんたちが やたらと声をかけてきて、散歩もままならず。

Photo_28

歩き疲れたので、タクシーで市役所本庁舎へ。 「豪華でステキな建物だと聞いていますが」と聞いたら、「黒川紀章さんに、デザイン料を 8億も払った」と、タクシーの運転手さん。 ホント?

市役所入口に立つ(ブースに座っているのではなく、声をかけると来てくれる身軽さ)案内のお姉さんは、とても感じがよい。 駅までの道を確認して、どんふり横丁市場へ。

函館 2日目~その④~

はこだてビール

Photo_21Photo_23駅前(宿泊ホテル)に向かって歩くと、すぐ先には 函館の地下水を使用しているという はこだてビール直営店が。 生の地ビール3種セット 帆立のバターしょう油焼き を楽しむ lovely

Photo_24地ビールに付いてきたおつまみが、新鮮な食感 のコーン。 レジで聞いたら、函館ビールオリジナルの製品で、コーンをフリーズドライ加工しただけのものだという。 遺伝子組み換えも添加物も無いというので、買って帰る。

ローカル放送

ホテルに帰ったら、疲れて、動けず。 湯船につかって脚の疲労をとり、ローカル放送チェーック !

夜 6:10からのNHKローカル『まるごとニュース北海道』に、森田美由紀さんflair しばらく顔を見ないと思ったら、こちらでご活躍だったのね。 今夜は、『ハゲタカ』の 大森南朋 のインタビュー。 あと、新冠(にいかっぷ)町が廃校になった小学校4校をヤフオクに出して、1校が大阪の会社に 3千万で落札された(まだ築19年、木造で美しい)が面白かった。

今日は生協の配達日で、昨日っから注文書を玄関にぶら下げておくわけにもいかないので、携帯からフリーダイヤルで注文した。 旅の最中なのに、日常を引き摺ってるよねぇ coldsweats01  夜は、読みきれなくて持ってきた雑誌を片付けて、過ごした。

函館 2日目~その③~

カール・レイモン

Photo_15 Photo_16 Photo_17近くにある カール・レイモンへ。大正時代に渡日し、日本女性と国際結婚したドイツ人の食肉加工職人が創業したお店。

こじんまりして、グリム童話に出てくるような、可愛らしい店。 ピリ辛ソーセージ beer で、軽食。 空港にも品物が置いてあったので、お土産に買って帰った。

赤レンガ倉庫群から明治館

Photo_18そのまま坂を下って、ベイエリアへ。 観光名所がコンパクトにまとまっていて、イイね。雰囲気は横浜みたい。

Photo_19 Photo_20 隣接する 明治館の1階に、はこだてワイン直営店 葡萄館 が。 試飲しながら、購入。

真ん中の りんごわいん は、微発泡でgood ニッカの シードル より炭酸が少なく、りんごの味がする。 試飲できずに買った 右側の ハスカップワインは、甘くて、私の口には合わなかった bearing

店を出たら、隣に、花畑牧場直営店しかも、並ぶ必要もなく、買える。 私は、昨年、息子 が旅行中に送ってくれた時、 一粒食べて十分(キャラメルに、興味なし)だったが、義姉が「生協で抽選に外れて買えなかった」と嘆いていたのを思い出し、宅急便で送った。 抹茶に苺、夕張メロン、宮崎マンゴー、ハスカップと いろいろあって(この後、あちこちのみやげ物店で売っているのを見たが、基本的はものだけで、種類は少なかった)。

函館 2日目~その②~

Photo_5 Photo_2

◆トラピスチヌ修道院

きれいに手入れされた庭は、敷地が 50ヘクタール(五稜郭の2倍)。 修道女さんたちの一日は、3時30分起床、就寝 7時45分就寝 sign01

函館山

Photo_6

ロープウェイで、山頂へ。 本当に素晴らしい眺め shine

教会群

ここでバスから離れ、徒歩で教会を見に行く。 坂の途中に ハリストス正教会元町カPhoto_10トリック教会聖ヨハネ教会 が、通りを挟んで並んでいて、(日本ではないような)不思議な雰囲気。 ロシア正教会は ロシアでいろいろ見たのと同じかな~と思って、中には入らず。
Photo_12Photo_14

函館 2日目

6月2日 cloud

restaurant ホテルの朝食は、530円なのに 豪華バイキング shine

ごぼうやレンコン、たけのこ、人参など根菜類がゴロッと入った筑前煮や フキなどの煮物、とろろ、松前漬け、ハンバーグやオムレツ、卵焼きも。 コーヒーも美味しい delicious  この後、オムレツがスクランブルエッグになったり、ハンバーグが肉団子になったり、ビーフンが焼きソバ、スパゲッティになったりと、新味もある。

ロビーで、せっかくなので 北海道新聞 を読む。 4コマ漫画は、「ちびまる子ちゃんflair  昨日、空港から函館まで来る途中にある 湯の川温泉 で起きた火事についても詳しいし、ローカルなニュースから様々な社会状況が切り取られるような面白い記事に目を奪われる。 ただ、例えば 札幌とはTVチャンネルが違うので、番組欄が使えないのだ weep フロントに置いてある番組表(コピー)には チャンネルを書いてくれているあるので、これがとっても役にたった(ローカル放送については、後で詳しく)。

朝、ホテルのインターネットコーナー(有料)で ブログの更新をしようとしたら、IDが一致しなくて ログインできない sweat01  前の Doblog、その記録を入れ込んだ gooDoblog 生活、そして ここは、IDが 全て違う。

「ひらがなダメ」とか「登録済みだから、ダメ」とかで変えざるを得なくて weep  やっぱり、覚えらんない~ sweat02 で、携帯メールからメモや感想をどんどんPCメールに送ることを考えついた(コピペして、原稿にできるでしょ?)。 困った時に どんなアイデアを発想できるか、頭の柔らかさが試されるよね dash

bus 9時発の観光バスは、客が6人 sign01  「 豚インフルエンザの影響で公休が多い」と、ガイドさん。

Photo_3Photo_4 Photo_5

最初に訪れた 五稜郭タワー(これも、五角形なの) から、五稜郭 の全容を見る。 この地で戦士した土方歳三の銅像もある。

五稜郭 は 花木の手入れがゆき届いていて、五角形 が とーっても美しい

函館到着

airplane 空港からバスで、JR函館駅へ。

降りると bus ターミナルで、定期観光バス乗り場が目に入った。 ネットで調べて出てこなかったんだけど、ヤッパリあったのね sign01  目の前に営業所があったので、パンフレットを見せてもらい、市街地から 離れている 函館山 五稜郭 などを回る オーソドックスな 半日の「明治のロマンコース」、翌日午前の便を予約 sweat01

ホテルは、バスターミナル向かいの大型ホテル。 1月に泊まった那覇のホテル(若い人が自由にやってる感じだった)より安いのに、制服姿で 言葉遣いに問題ない 感じの良い社員ばかり(偉そうに見える 責任者と思われる中年男性のみ、愛想なし)。 部屋は必要最低限のシンプルなものだが、シャワー付きトイレで 電気ポット やドライヤー、空の冷蔵庫 もあるし。 自販機は上乗せ料金なしだし、良心的。 隣りの隣りが サンクスだし shine

2Photo_2Photo_68階の部屋の窓から夜景を見ながら、カチョカバロ をつまみに、大沼ビール はこだてwine を楽しむ happy01

函館へ

6月1日(金) cloud

annoy 今朝、卑猥コメントが入ってまして、すぐに削除しました。旅行中に毎日ブログのチェックができるかどうか不明ですので、「承認まで非公開」形式に設定を変えます dash

airplane 今日から、3泊4日で 函館 へ。 一度、行ってみたいと思っていたので ネットで調べていたら、3万円!(帰省は、新幹線往復料金のみで 2万円超なのに、往復航空運賃+宿泊費で この値段 sign01 )っていうのを発見しちゃって。 こりゃ、行かないと dash 友人の都合を聞いているうちにチケットが無くなりかねなかったので、一人旅。 友人や家族と行くのも楽しいけれど、一人も気楽で好きなの。

北海道、特に 夫の郷里である札幌には随分行っているけれど、函館は初めて。 海があり、山があり、海の幸やビール工場もある。 安い料金なので、往きは午後便。 昨日、泥だらけになtったユニフォームを洗濯したり、留守中の食料品を買い出しする時間もある happy01

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ