« 奥の松 特別純米氷熱にごり原酒 | トップページ | 『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか 』 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』 »

だめんず・うぉ~か~ [10]

6月6日(土) rain sun

Photo_5

倉田 真由美 著、扶桑社 (2009/4/28)

空港で読もうと思っていた雑誌を トランクのポケットに入れたまま預けちまった 大ボケの私くらたま の本を買って、長い待ち時間を やり過ごした 。

OLやキャバ穣、教師と 職業は様々なれど、ダメな男にばかり引っかかり、大変な苦労をする女性たちの実体験を くらたま が 紹介するコミック本。 精神科医との対談なんかが 途中に挟み込まれていて、とっても 面白い shine

で、ダメな男=DV男 なの、殆ど。 こういう男は「punch 蹴る」だけじゃなくて、ストーカーしたり 監禁したりと、もう、とんでもないんだけど、結婚してガラっと変わる(本性を表す)のならまだしも、付き合ってて 歯が折れたり 耳が聞こえなくなったり、骨折したりするほど 乱暴されるのに、そのまま結婚する女性がいたりする。 あと、そういう男と せっかく別れられたのに、次に付き合う男がまたぞろ DV男だったりして、呆れるばかり。 負の連鎖か bomb

昨日の リプロの会合で、この話をした。

DV家庭に育つと、「男は、暴力をふるうもの。 女は、それを耐えるもの」と刷り込みされて、自分も DV男を選んでしまうことが多いと聞いているけど、「暴力をふるわれるくらいなら、一人で暮らす方が よっぽどいいのにって思う。」 「支配されるのは、絶対イヤだもの。」

「でも、一人はイヤ、誰かに頼りたいって思うんだよね、多分」と、若い子たちを担当している 保護司仲間。 「本当の愛情ではなく、利己的な支配欲なのに、それを 愛情だって 誤解する。」 「まだまだ 保守的な社会だから、『オレについて来い』みたいなのが男らしいって 刷り込まれていることも あるだろうし。」 「暴力を受けるのは、不当なことだ」って、気付いてほしいね。」

「私は DV家庭に育ったけど」と、別のメンバー。 サラリと、衝撃の告白 wobbly  彼女は まともな男性と結婚していて、「同じ環境で育っても、負の連鎖から逃れられる人もいる」ということ。

「若い子たちには、デートDV のことも 話したいよね」と、夏の講座に向けて話は続く・・・。

« 奥の松 特別純米氷熱にごり原酒 | トップページ | 『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか 』 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/29972703

この記事へのトラックバック一覧です: だめんず・うぉ~か~ [10]:

« 奥の松 特別純米氷熱にごり原酒 | トップページ | 『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか 』 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ