« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

「結婚は、判断力の欠如の結果」「離婚は、忍耐力の欠如の結果」

5月31日(日) cloud rain

明日から旅行に出るので、朝からPCにへばりついて、雑務をこなしている sweat01 スポーツマンの男性陣は朝から留守なので、家事をしながら 好きなCDを聴きつつ、マイペース happy01

「結婚は、判断力の欠如の結果」「離婚は、忍耐力の欠如の結果」という文章を目にした。 昔はそうだったろうけど、今は、そうとも言い切れないだろ~ wobbly

「生まれながらの家族」とは違う 自分の意志で 「家族」をつくりたい、一人でお気楽にいる自由よりも 人のぬくもりが欲しい、そういう 冷静な判断 もある。 また、忍耐し過ぎると 欝になったり、限界点を超えて相手を傷つけたり、DVなんかの場合、自分の命がなくなって 相手を殺人者にしてしまう。 結婚も離婚も、決して「欠如の結果」とは言い切れないと思うよ。

自分自身をよく見つめて、相手を客観的に理解し、どうするのが (相手にとってではなく)自分にとって一番いいのか、考えるのが最良だと思う。 人の人生に関わるのは、そりゃ、覚悟のいることなんだから、なるべく「忍耐」しないで気楽に暮らせる相手じゃなきゃ、自分がもたないし sweat01

台詞は、少い方がいい

5月30日(土) rain cloud

今週は、ハードだった。 月曜の朝、①チラシ ②ポスター(A1) ③講座のパンフレット(4面 ) ⑤会報の紙面デザイン(8頁) を カレンダーに書いて、片っ端からやっつけた。 しかも、この間、Doblog 移転作業 と 団体の総会もあった。

Photoさて、昨日、ケーブルTVで 『夏の夜の夢』 をやっていた。

ピーター・オトゥール、ソフィー・マルソー、キャリスタ・フロックハートなど 豪華なキャストだったが、あまりに 退屈で、見続けることができなかった。 「娘は父親の所有物」などという とんでもない時代に、自分自身で結婚相手を決めるという点には スカッとするけど、素人演劇の逸話は( シェークスピアの時代じゃないんだから)、 テンポよく進めてくれないと、無理だわ、私 sweat01

Photo_2

そして 今日は、新国立劇場に。

イヤ~、不覚だった bomb 会報に載っていた 魅力的な記事と写真に惑わされて、チケットをとってしまったのよね。 華のある主役、達者な俳優、魅力的な舞台装置と照明・衣裳。 それらは、予想通りだった・・・が、長い長い台詞 は 大きく変わらず、やはり 生理的に無理だった wobbly 「台詞が長い→テンポよく進まない→公演時間が長くなる→お尻が痛くなる」。 シェークスピアものに限らず、私の大嫌いなパターン 。 台詞は極力少なくし、観客の想像力をかきたて、余韻を残す作品が好みだから。

Photo_3私の好きなのは、アシュトン振付の バレエ作品。 「台詞抜きなのが、いい」って、原作者のシェークスピアに失礼だとは 思うけど、長台詞なしに表現できるって、最高 shine

ロミオ&ジュリエット』も、マクミラン振付のバレエ作品が お気に入り heart02 ヒズメを履いて(つま先立ちで)踊る ボトム役が、本当に愉快なの notes

まぁ、長台詞好きの方が楽しめばいいのよね、結局。 演出や写真がどんなに魅力的でも、台詞にバッサリとメスを入れない この手の公演には、行かないことにしまーすpaper

『33個めの石 ~傷ついた現代のための哲学~』

5月28日(木) rain

33森岡正博 著、 春秋社 (2009/2/17)

--- 2007年、米国 バージニア工科大学 で、銃乱射事件が起きた。 キャンパスには犠牲者を悼む 32個の石 が置かれたが、人知れず石を加えた学生がいた。 33個めの石。 それは 自殺した犯人の追悼である。 石は だれかに持ち去られた。 学生はふたたび石を置いた。 それもまた、持ち去られた。 すると、別のだれかが新しい石を置いた。 ---

このキャッチに 強く惹かれて、読んでみた。 33個めの石 を置いた学生は、犯人である学生の姉が TVで 苦しい胸のうちを語ったのをうけて、「犯人の家族も、同じくらい深く苦しんでいる」と。

その後、大学が正式に作った墓石は、32個。 大学という組織の判断だ。 ただ、33個目の石 が、「やられたらやり返す」という 報復の連鎖 を超越していくことに、著者は希望を見出す。

一方、2005年に日本で起きた JR福知山線の脱線事故。 1周年、2周年の追悼慰霊式では、亡くなった運転手は対象とされたなかった。 会社が行った 遺族へのアンケートで、それを望まない数が多かったからだそうだ。 バージニア工科大学 とは違って、殺人を犯そうと意図しなかったのに・・・。

「追悼されるとは、故人の人生はかけがえのないものであり、その生と死には意味があった と、人々から承認されることである。」「死者となった運転士をも追悼する社会に変わってほしい」と、著者は願う。

私も、そう思う confident

『重力ピエロ』

5月25日(月) cloud

Photomovie 下の息子 を誘ったら、彼の行きつけのシネコンに 車で連れて行ってくれて。 映画館が 12もある、郊外型。 「いつも ガラガラ」のハズが、今日は「ニコニコ 25日」っていう、映画館独自の 1,000円デー。 それで、月曜なのに、人が多いのね。

監督:森 淳一、原作:伊坂幸太郎、脚本:相沢知子

出演:加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、渡部篤夫郎、岡田義徳

ベストセラーの原作を映画化。 郷里の仙台、松島、東北大学とかが映ってて、楽しかった。 母親役の 鈴木京香も、地元出身なのよね notes  オール仙台ロケなのに、全く 仙台弁 が出てこないのには、違和感大だったけど・・・。

内容は、連続レイプ事件に巻き込まれた家族の悲劇と家族愛。 小日向 さん演じる父親が、とってもステキ heart04  大変な時こそ 明るく振る舞い、深刻なことをサラッと話す。 死をも恐れず、妻と子どもを愛し続け、誰かのせいにしたりせず、いつも 自分で考える。 その 決断と愛情に、胸打たれたわ shine  でも・・・周囲の悪意が、それを台無しにするんだよね~ sweat02

兄弟役の 加瀬くん と 岡田くん は、ナイスキャスティング good 子役も、可愛かったし delicious  美しい 岡田くん が悩んでいるのは切ないけど、彼をストーカーのように追いかけて心配する「夏子」役(吉高由里子)に ホッとするし、弟を思う兄の愛情と行動力もいい heart02 渡部篤郎が、ムショ暮らしなんかで 決して懲りない、生きている限り 周囲に迷惑をかけ続ける、悪魔のような役に 結構ハマッてて、意外。

神戸への旅

5月23日(土) sun

実は・・・

bullettrain 1週間前、息子 は、神戸 に行ってた。 これまで発病がないので、もう、いいかな coldsweats01

「こんなに 神戸が騒がれている時に」 家族の社会生活にまで影響が及ぶので 呆れたけど、幼馴染みくん が就職して 4月から研修で行っている所なので、とてもいいきっかけでは あるし shine

当日、悪天候で ソフトボールの試合が中止になり、前日に決まった旅立ちを早めて、早朝、出発することになった。 「おばさん(友人の母)、何か、持って行ってほしいもの、ないかな 」と。 地域の 子ども劇場仲間 として親しくしてきたので、休日の朝ではあったが、電話して聞いてみた。

こんな時、咄嗟にそういうことを気付くのは、我が家で彼だけ。 尊敬するわ~ flair

restaurant 神戸での夕食は、夫がゴルフのコンペでもらった商品券で 神戸牛を買い、くん 宅で調理して 食べたそうな。 「(値段の割には)それほどでもなかったかな」が、感想。 夜は、人の集まる 野球観戦 bearing

くん は 会社から「マスク出勤」を指示されたものの、地元の薬局で(売れきれのため)買えなったのが、私が念のために に持たせたマスクをプレゼントいて、大いに喜ばれたそうな delicious  は翌日、淡路島に渡ったそうで。

彼は、麻疹 が流行した時にも、似たようなエピソードがあって。 「先端恐怖症」を理由に、中学から(麻疹・破傷風・日本脳炎とかの)予防注射を拒否してきたにもかかわらず、後で麻疹に罹患したとわかった友人に付き添って 病院まで行ったものの、うつらなかったの

うつり難い体質なのか・・・ sweat01

『怖い 絵』

Photo_2名画で読み解くハプスブルク家12の物語』(以前のブログ、2008年12月11日)の著者、中野京子 さんの本。 読後、すぐに Amazon チェックしたのだが、高額(1,000円を超える)だったので 中古本が出るのを待って、購入。

朝日出版社 (2007/7/18)

book 20点の絵を紹介しつつ、その歴史的背景や画家の生涯をからめて、「ここが、怖い」と、指摘してある。 執筆のきっかけは、断頭台にひかれていく マリー・アントワネットを描いた ダヴィットのスケッチだったそうだが、この章がやはり、最も印象に残る。

spade あと、ドガの『踊り子』、ジョルジョーネの『老婆の肖像』、コレッジョの『ガニュメデスの誘惑』の章、制作当時の社会背景についての解説が 面白かった。

ただ、縮小した絵が小さいので、書かれていることが判別できなかったり、絵が見開き2ページに渡って掲載されている場合、綴じてある部分が見えなかったりする sweat01  印刷に難点ありだ。 細部に触れる時は、1ページに1枚を掲載できるように、大判でいい紙使わないとね~。

ってことで、同じ装丁の 『』 を買うかどうか、迷っている。

家内と妻

5月22日(金) cloud sun

結婚してから、ずーっと「」という言葉を意識して使っている。 言いにくい言葉なので、慣れるまでに 時間がかかった。 夫は、私のことを 「家内」と言ってきた。 「家の内に居る」っていう響きが 私じゃないみたいな気もするが、彼の周囲でよく使われている言葉なんだろうと、今まで 干渉せずにきた。で、何となく、「家内 じゃなくて、 っていうのはどう? 私は、その方がいいんだけど」と、言ってみた。 そしたら、ホームページの文字を早速、書き替えてくれた shine  彼は、言葉に拘らない(興味・関心がない)人なのだと、改めて思った coldsweats02 な~んだ、ずっと気になっていたんだから、もっと早く 言えば良かった dash

これまで、私や息子に被害が及ばない限り、夫には極力干渉しないできた。 彼も、私に対してそうだし(この保守的な日本で、「妻の行動をジャマしない」ことは、夫としての美徳の一つだと思う)。 25年以上も一緒に暮らしているのだから、勝手に自粛せず、たまには 一歩、踏み出して「口に出してみる」のもアリだなと、思った notes

Photo25年と言えば、ダヤン生誕25年 ということで、ショップ(有楽町界隈に映画を観に行くついでに立ち寄る、阪急内のお店)で、オマケをいただいた。

何枚か同じ絵柄の栞だと思っていたら、今、開けてビックリ、柄違いで こんなに入ってた sign02 上の段真ん中の 切り絵柄のを 今、使っている。

ワインソーダ

5月18日(月) sun

wine 今日のような暑い日は、赤ワインを炭酸で割って飲む。 ある日、「(箱で買ってある)炭酸で割ったら、美味しいんじゃないかな~」と やってみたら、さっぱりしてて、私好みの味 delicious 

学生時代、12月にベルリン・ボンに居た時、広場では盛大にクリスマス市が開かれていて、とっても楽しかった。 が、かなり寒かった snow そんな時、屋台で お燗のワイングリューワイン、ドイツ語で Glühwein グリューヴァイン。当時、コップ1杯、100円くらい)を飲んで、温まったものだ。

最近、冬にイタ飯屋で『ホットワイン』(和製英語、日本でしか通じない。正しくは、モルド・ワイン mulled wine)として メニューに出ているのを見たが、あれは、北海道並の寒い地域で飲むものだと思っていた。 普通は 赤ワインにスパイスと甘味を足すのだが、白ワインの産地では、白でもやっているそうだ。 因みに、私は 水を少し足して レンジでチン! のみ。 食べながら飲むので、甘くないほうがいいから(ただし、口に合わないワインは、少し蜂蜜を入れる)。

wine 冷たいバージョンは、スペインの シャングリアだよね。 フルーツをいっぱい入れたの、大好き sign02

ヨーロッパでは、ワインが水並に安いってこともあって、気候に合わせて いろいろな飲み方をしているんだろうね。 私はほぼ毎日(時に、日本酒になる)飲んでいるので、高いワインを楽しむよりも 美味しくワインを飲むことが、大事 shine

豚インフルエンザで、見えてきたこと

5月17日(日) rain cloud

週刊誌を読んでいて 分かったこと。

club 感染源として疑われている メキシコの村には、養豚大企業、スミスフィールド・フーズの 16の大規模養豚場があり、「工場が糞尿を垂れ流し(糞尿処理が、養豚では 一番コストがかかる)、豚の死骸を放置している」と、住民が抗議運動を起こしていた。

club この会社は、環境汚染だけでなく、労働法違反や労働組合活動妨害などで悪名が高く、アメリカで 92年から発表されている「企業的犯罪や卑劣な事業を行う企業」の ワースト10 に、これまで 3回もランクインしている。            

spade 日本は、世界で貿易されている 10% を輸入する、最大の輸入国(豚肉だけだと、中国の次)。

spade 日本の 豚肉輸入7割 は、アメリカ・カナダ・メキシコから。 メキシコ の輸出量の 9割 が、日本向け。

diamond 世界で 8億の人々が飢餓に苦しむ中で、畜産のために 世界の穀物の半分が飼料として使用され、「飢餓の大きな原因となっている」とも言われている。

heart 今回の新型インフル騒動で、ワクチン生産能力をもつ 大手製薬会社の株価が、高騰している。 伝染病が会社や投資家の利潤に繋がるってこと。

               

デンマーク・ロイヤル・バレエ団『ナポリ』

5月16日(土) cloud

Photo出演:ディアナ・クニ(テレシーナ)、ティム・マティアキス(ジェンナロ)

振付:ブルノンヴィル、演奏:東京シティー・フィルハーモニック管弦楽団

東京文化会館にて、全3幕 2h.40m.

wave ナポリの海岸でデートする恋人同士。 嵐に遭って 女性だけカプリ島へ流され、その美しさに魅せられた海王に 妖精にされてしまい、青の洞窟で暮らす。 猟師である恋人は 彼女を探し回り、海王に阻まれるも めでたく連れ帰る。

デンマークのバレエと言えば、脚捌きが複雑で独特な ブルノンヴィル・スタイル』 で有名だが、この作品は、その名前の由来となった 振付家、ブルノンヴィルが、イタリア旅行で着想を得たという。

ブルノンヴィル・スタイル』は、英国ロイヤルバレエ団の ヨハン・コボー でしか 見たことがないので、バレエ団の十八番を選んでみた。 「デンマーク人が描くナポリの人々」であるため、カプリ島 だの 青の洞窟 だのという 観光スポットが出てくるのか coldsweats01

お話は、いたってシンプル。 愛と信仰が、困難に打ち克つ heart02 そういうこと。 北欧のバレエ団だから、かなりの長身ダンサーが混じる中、ベテランの主役二人は、小柄。 サイドの前の方で観たので、(年齢相応のお顔も見えていまい)若者には見えなかったのは残念だったが、若者らしく 溌剌と元気よく踊っていた。 最後は お祭のシーンで、ダンサーが踊りまくって 大円団となる明るいお話で、 ブルノンヴィル・スタイルを 大いに楽しませてもらった shine  で、ついつい男性の脚にばかり eye がいってしまって。

楽しかったけど、振付・音楽共に印象に深くは残らない作品なので、『リバーダンス』同様、1度で もういいかなって delicious 

涙が・・・

5月14日(木) sun

eye 最近、涙が出て困っている。 家に居ると何でもないのだが、外出すると目が外気に触れて weep  ハンカチで sweat02 を拭いながら道を歩いてると、何か誤解されるよね sweat01

bicycle に乗っている時なんか、風ですごく目が痛いし。 映画館でもそうだから、全然悲しい映画じゃないのに、ハンカチが手放せない状態で weep

で、目に対する刺激を防ぐために、仕方なく、サングラスをかけている。 旅行用に幾つも持っているので、自転車の時には スポーツタイプ(とーっても軽い)、街では あまり 目立たないタイプと、使い分けている。

ドライアイの症状のようだけど、pc を使う時間を減らすって、そう簡単じゃないから、困るなぁ・・・

『スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)』

5月12日(日) cloud rain

Photo

監督:ダニー・ボイル、原作:ヴィカス・スワラップ『ぼくと1ルピーの神様』、脚本:サイモン・ビューフォイ、2008年英米、120分

出演:デーブ・パテール、マドゥル・ミッタン、フリーダ・ピントー

とにかく、見ごたえのある作品 shine インドの現実と観光名所が、一度に楽しめる flair

PG-12 の意味は、残酷シーンが多いから。 でも、それは、インドでの現実だろうね。 宗教対立で母親を撲殺されるとか、子どもを物乞いとして搾取する 元締めにさらわれ、稼ぎを増やすために 目を潰されそうになって逃げ出すとか、警官に拷問されるとか、その上、幼い頃に出会った女の子(生涯の恋人)が娼婦にされる前に助けるものの、ギャングの愛人にされてしまうし、逃げ出そうとすると 顔に切り傷をつけれられるとか、もう・・・ weep

機転が利く兄がいて、幼い兄弟は 何とか食いつないだり 窮地を脱したりするものの、かつての仲間との再会や 兄の最期に、心が痛む sweat02

主人公が、決してあきらめないひたむきさと 愛情の強さで成功を勝ち取り、 インド映画お馴染みの歌と踊りで 明るい幕切れではあるものの、今でも 多くの子どもたちが 過酷な運命に襲われているという現実を思うと shock      

この間、新聞で 原作者へのインタビュー記事を読んだ。 外交官で、6月から大阪赴任だとか。「役人なら、こんな現状、何とかしろよ bomb 」と言いたいところ。 宗教対立と多民族、多すぎる人口が障害なんだろうが、超金持ちの税金を増やすとかさ、せめて、どの家に生まれた子どもにも 「就学と生活」という 最低限の社会保障が行き届く可能性はないものか

自治会のお当番

5月10日(日) sun

golf soccer baseball で 家族が出払っている、いつもの我が家。

Photoこちら、市民活動仲間が、団体の活動資金作りに売っていた 金大寺味噌。 あまり甘くなくて、すっごく美味しい delicious  きゅうりをつけて食べると、止まらないの。

さて、今年、10年ぶりに自治会の班長をしていてる。 隣近所の家に区報を届けたり、回覧板を回したり、寄付金を集めに行ったり。 順番で班長を回せば まだまだ先のハズなのだが、(いつの間にか)複数で住む集合住宅になってる家とか 高齢者宅など、班長をやらない・やれない家もあるの。

で、10年ぶりに各家を回ると、随分と勝手が違うのよね coldsweats02

例えば、予め回覧板で予告しておいて、寄付金を集めに回ったんだけど、呼び鈴がない家が 何軒かあるし、高齢で耳が遠くなっている方もいて、もう お手上げ paper  こういう時は、お隣やお向かいの家の方に助けていただく。 門や玄関を開けて、ズンズンと中に入って行き、取り次いでくださるのは、とても頼もしい。 「こうして、いつも お世話されているんだなぁ」と、隣近所の温かい助け合いを感じる。

各家庭で生活のリズムが違うので、寄付金集めは、結局、3回、集めに回ることになったが、それでもコンタクトのとれない方は 届けてくださったりして、1日で終えることができた sweat01

夢の話

私には、繰り返し見る夢があって。

悪者に追いかけられて、逃げている ②「うまく ピアノが弾けなくて、焦りまくってる ③ダイヤル(今どき)がなかなか回し切れずに、電話がかけられない ④授業をサボりすぎて 出席時限不足で「進級できない」と、先生に宣言される ⑤トイレに行きたいのに、トイレがなかったり、トイレのドアがなかったり、汚かったり、スリッパがなかったり、紙がなかったりで、用を足せない

すごくリアルで、情けない状況よね coldsweats02  夫も、たまに、夢でうなされてるし、他の人たちも同様なのかと思ったら、「なんか、見ないわうよ sign01 」なんていう人がいて ビックリしたこともあった訳だが(ブログに書いたことがある)、今日、「我が家一の楽天家」である、O型息子 R の話に、のけぞった。

彼は、私のような困っている夢なんかじゃなくて、楽しい夢を見るのだそうだ。 そうそう、リビングで眠っている時、「フフフ・・・」とか笑ってるのを目撃したこともある。 しかも、眠る時に好きなタレントのことを考えていると、そのまま夢に突入するって dash 

信じられない 夢を操作できるなんて、羨ましい限りだわ sweat01 それに、この子は、眠っている時、「息をしているのか」と、鼻の下に手をあてたくなるほど、寝息が静か。 そんなのは、この子だけ。 家族でも、いろいろ 違うものね~ happy01

甘酢漬け

5月8日(土) cloud rain

Photo甘酢漬けが急に食べたくなって、かぶ・パプリカ・きゅうり・人参 で 鷹の爪で辛味を効かせて。

カリフラワーも入れたかったんだけど、近所の生協店で売ってなかったの sweat01

ところで・・・

最近、うちでは、地元の海苔屋さんで海苔を買っています。 店主さんは 夫と息子の所属するソフトボール・チームの創立メンバーなのですが、そこから戴いた焼き海苔が あまりに美味しくて wobbly 香ばしくて、酒のつまみにもなるほど shine

値段は安くないですが、ローカロリーで身体にもいいし、よく使うものなので、最近は、スパゲッティや ざるうどん・そばにかける もみ海苔、味付け海苔 も買ってます。 海苔がこんなに美味しいなんて、知らなかったわん smile 専門店にはやはり、こだわりがあるのね。

『一日一生』

5月7日(木) cloud rain

Photo

天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉

朝日新書 (2008/10/10)

書評を読んで買い、時々 読んでいる本。 過酷な人生を歩んできた著者が 読者に語りかける言葉は、平易で真摯。 書いてあることは 特に変わったことではないが、自身の経験に基づく描写が、かな~り説得力あり。 語る人によって、こうも違うか sign01 ってね。

pencil (私のように?)斜に構えた人でも、多分、感銘を受けたり 納得できることが多いと思うの。 適当にピックアップして書き出すのは 難しいので、転記はやめときます。

興味をもたれた方には 一読を おススメ。

占い

そうそう、息子 T との会話で、占い の話が出た。 連休中に お台場でデートしている時、初めて 占い をしてもらったんだと。

彼が占い師から言われたことを聞いていて、 「決して、悪いことは言わない。 客を怒らせると 商売に差し支えることもあるが、努力で変えられることもあるから」 と、どこかで読んだのを思い出した。

悪い結果を聞くと、何か悪いことが起きた時に、「どうせ、そういう運命だし」って人生投げ出しちゃたり、努力しなくなるってことだよね。

かつて、(母が望んだように)自分の意見をもち、(母の予想以上に)それを口に出してしまう私(全然、男ウケしない娘)の先行きを案じた母が、勝手に占い師にみてもらったことがある。 「この子は、結婚できるのだろうか?と、案じた訳よね。

結果は、「結婚できる」とか、「一生、暮らしに困らない」とかだったかな。 母がこんな結果でホッとしたのなら、いいんじゃないかな wink 信じたい人がいて、いいことだけ告げて 励ます人がいて、需要と供給がバッチリ scissors

イタリア映画祭2009『やればできるさ - Si può fare - 』

5月5日(日祝) cloud rain

Photo3本目。 私は、1日1本、3日間通った(これが、私の限界)けど、本当は 12本もあって、でも、6日間の期間中でどんだけ観れるのよ?って。 まぁ、3日間の銀座通いは、買い物もできて、楽しかったわん delicious

監督・脚本:ジュリオ・マンフレドニア(Giulio Manfredonia)

クラウディオ・ビジオ、アニータ・カプリオーニ、アンドレア・ボスカ、ジョバンニ・カルカーニョ

2008年/111分

【内容】180号法バザリア法)によって イタリアで精神病院の全廃が進められていた1980年代のミラノ。 労働組合員の ネッロ は、革新的な考えのために 仲間から非難され、元精神病患者たちの「協同組合180」(180号法による)の所長として 左遷される。 精神病の知識は何もないが、元患者たちと平等に接するネッロ。 労働の尊厳を固く信じている彼は、元患者たちの特技を活かして事業を立ち上げ、成功していく。 幾つかの協働組合の実話を 基にして、困難を笑い飛ばす喜劇になっている happy01

バザリア法:1978年、拘束具や電気ショック、薬漬けという悲惨な精神病院を全廃し、治療を精神衛生センターに担わせるという革新的な法律。 医師バザリアが提唱して推し進めたことから、こう命名された。

movie 市からもらう単純な内職をダラダラとやる患者たち相手に、主人公が「楽だが、補助的な仕事」と「楽ではないが 他の人の役に立つ、市場に参入する仕事」のどちらがいいかを聞く場面。 彼は、一人ひとりの意見を聴き、尊重し、全員の意見によって起業する。 仕事を教え、適材適所に配して成功していく様は、痛快! 真面目な社会派作品なんだけど、可笑しくて、テンポもよくて、楽しめた notes

元患者たちを面と向かって罵倒する周囲の人間の下劣さにはウンザリするし、悲しい事件も起きる sweat02 その責任を感じて 組合を離れる 主人公を皆が迎えに来て、更なる事業発展に向けて、大勢の患者たちを施設から迎え入れることになる shine

バザリア法のことは 以前雑誌で読んで、「こんな法律があるなんて、スゴイなぁ」と思っていたけど、「病院からの解放」の先には、「個々の生活と社会性をどう獲得していくか」という問題があって、退院した元患者たちを受け入れる家族や職場はなく、自分たちで何とかせにゃならん、と。 そして、それを こんな風に解決していった ネッロのような人がいたと flair

イタリア映画祭2009『ソネタウラー”樹の音”の物語 - Sonetàula - 』

5月4日(月祝) cloud

Photo_32本目。 今日も満席だったんだけど、昨日から気になっているのは、映画が終わる前から トイレに女性が殺到するっていう現象。 女性客が多い上に、女性トイレの面積が男性と同じだとこういうことになる。 上映前後は、もう長蛇の列。 もちろん、男性トイレはガラガラよ sweat01

監督・脚本:サルヴァトーレ・メレウ(Salvatore Mereu)、2008年/157分

出演:フランチェスコ・ファルケット、マヌエラ・マルテッリ

内容】生まれ故郷のサルデーニャで、撮影に約7ヶ月も費やしたという作品。 1937年、父が濡れ衣で逮捕されたため、14歳ちょい前で 祖父・叔父と 羊飼いとして働くことになった ソネタウラ(樹の音)というあだ名の少年、ズア(本名は、ズアンニ)。 彼は18歳の時に、恋心を抱く少女の取り合いと酔った勢いで過ちを犯し、その上、警察から逃れて山に逃げ込んだため、懸賞金がかけられる「お尋ね者」となってしまう。

movie 監督がこだわった配役と撮影は、ホント、真実味があるし、少年から青年へと成長していく ズア の成長が、まるで ドキュメンタリーのようなの。  ズアたち 貧しい羊飼いの暮らし、ズア が逃げて暮らす森も、肌で感じられるような感触。

でもさ、病弱な母親・父親不在の貧しい家庭の ズア が、更なる不幸へと追い込まれて死んでいくって、ものすごく暗くて やりきれない bearing しかも、2時間半以上の長さで、ジワジワとよ wobbly 

Photo せっかく銀座まで来たのだからと、阪急の好きなお店で買い物して、マキシム・ド・パリで 苺のミルgフィーユ を買って、少し気を持ち直して up

イタリア映画祭2009『見渡すかぎり人生 - Tutta la vita davanti - 』

5月3日(日祝) cloudsun

Photo_22007年以降に製作された 新作12本を上映する 「イタリア映画祭2009」の1本目

監督・脚本:パオロ・ヴィルツィ(Paolo Virzì)、原作:ミケーラ・ムルジャ(2006年)、2008年/117分

出演:イザベッラ・ラゴネーゼ、サブリーナ・フェリッリ、マッシモ・ギーニ

内容】女性作家自身の人生体験に基づく小説を脚色した喜劇。 超優秀な成績で大学を卒業したが、正社員の職にはなかなか就けない マルタ。 ようやく見つけたのは、怪しい通販会社のコールセンター。 そこは全員がパートタイマーで、営業成績が振るわないと解雇されるという厳しい世界。 賢い マルタ は 成績トップになってしまうが、嫉妬されたり、同僚が成績不振で追い詰められていく様を見て、組合に証言する

art タイトルは、闘病中の母親が「見渡す限り、おまえの人生よ」 - 人生の可能性が広がっている - 、仕事は見つからないし 恋人は遠くに転職しちゃうし、大家の勝手な都合で アパートは追い出されるしで、トンデモ状況の主人公にとっては 全然的外れの言葉で。 その上、その母親も亡くなっちゃうしで、希望が見えない状況になるのだが、そのうち 職場経験を活かした哲学の評論が認められたり、心優しい彼女と周囲の人たちとの友情があったりで、映画が終わる頃には「人生、そう捨てたもんじゃない」と、彼女と一緒に観客も 前向きになれる shine 何せ、エンディング曲は「ケ・セラ・セラ」だし sweat01

不況のなか、プレカリアート(非正規雇用のパートタイム。イタリア語「precario 不安定な」の派生語なんだって)や 高学歴ワーキングプアという日本と共通の問題がテーマなのだが、歌って踊るハイテンションな職場とか、真面目すぎる主人公が 子守りをしている幼稚園児に 話題のバカっぽいドラマについて教えてもらったり、ストレスの発散が 激しいカーセックスだったりと、かなり笑える happy02 自分を「勝ち組」だと 奢っていた上司や社長の末路にも スッキリしたり(因果応報ってとこ)。 さすが、イタリア sign01 経営者や組合運動家の だらしない女性関係も含めて カラッと 笑い飛ばして、喜劇・娯楽作品に仕上がっている。

『ヨコハマメリー』

5月2日(土) sun

Photo友人の地元に シネマカフェ ができて、ワンドリンク・レイトショー に誘われた。 このドキュメンタリー映画は、公開当時、惹かれるものがあって。

14席限定、要予約」の映画スペースに、今夜は、監督のトーク付き、35ミリ上映」という贅沢 shine  しかも、すっごくいい映画だった flair

どれでもいいって言われて、シャブリを頼んじゃった happy01  監督の連れが シネマ以外のスペースで何人か飲み食いしていて、ジャストタイムに来店した観客の(ワインやビールなら 簡単でいいんだけど)カクテルやらホットチョコレートだの マチマチのドリンク注文に店主が対応しきれず、監督の最初のトークで時間稼ぎしたものの、30分ほど 押した dash

 
監督・構成:中村高寛、2005年、92分

出演:永登元次郎、五大路子、杉山義法、清水節子、広岡敬一、団 鬼六、山崎洋子、大野慶人 他

文化庁映画賞文化記録映画優秀賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞、神奈川文化賞未来賞

【内容】かつて、顔を白く塗り、白やピンクのドレスに身を包んだ老女が、ひっそりと横浜の街角に立っていた。 「ハマのメリーさん」、そう呼ばれた老女は、かつて、美人で気位の高さで有名な 進駐軍将校相手の娼婦だった。 いつしか 横浜の街のシンボル的な存在となっていったが、1995年冬、彼女は忽然と姿を消す。 彼女への興味から、2年ほどのリサーチを経て撮影を開始した監督が、彼女の生きた時代背景や彼女についての証言を集めていく。

ホームレスで、元娼婦。 白塗りの顔は かなり怖いんだけど、彼女の衣類を保管してくれているクリーニング店や 行きつけの美容院・喫茶店、プライドを傷つけないよう気を遣いながら経済的な援助をしていた ゲイのシャンソン歌手、帰京する手助けをする人、みんな あったかいんだよね heart01 

あと、娼婦と米兵の間に生まれたとみられる混血の赤ん坊の死体が 800体以上、外人墓地に 墓標もなく 埋葬されているという事実が、衝撃的。 戦後のドサクサで、刑事事件として扱われなかったとか wobbly

movie 終演後、観客からの質問に監督が答えたのが、更に理解を深めたので、それも含めて書いておく。

*街娼というのは横浜の歴史と一体化しているので、メリーさんが街に居るということに 街の人たちが違和感なくきた。 時代の流れで街が変化していき、彼女の馴染みだったお店もなくなっていった。

*最後、メリーさんが特養で普通に暮らしている姿が映る(これに、ホッとしたぜ)ことについて:途中で「伝説のメリーさん」の居場所が分かってしまって、「主人公不在のドキュメンタリー」という形をとれなくなって困ったが、事実は事実として伝えるべきだと思った。 また、それは、撮影途中で、彼女を助けていた何人かには 伝えた。

*監督はメリーさんの取材をするため、特養に1ヶ月、ボランティアをしながら通ったが、彼女は二人部屋に居たため、横浜時代の話を聴くことはできなかった。 この映画を作ることで、彼女の過去を「暴く」ことになるという批判について:その責任をとることを覚悟した(苦しくて、体重が10kgも増えるほど、飲んだくれた)。 彼女自身は、この映画を観ることなく 亡くなったが、映画には興味を示していなかった。 自己中心的で  ドライな人だった coldsweats01

歯医者で気分転換

5月1日(金) sun

しばらく振りに移転前の私のブログ(Doblog)に行ってみたら、いつの間にか修復作業が終了し、復活していた sign02

で、移転通知を書き、移転先(ここ、ココログ)にリンクしてきた。書き方がここと少し違うので、ココログ仕様に慣れてる私、一瞬、戸惑いまして coldsweats01

ついでに、Doblog村のお仲間のページにコメントを書いたりして、旧交を温めて参りました heart02

Doblogは、結局、今月いっぱいで閉鎖だそうで。 「一時移転先」だった ココログに、しっかり根を下ろしそう sweat01

さて、今日で歯医者通いが終わりまして。 かぶせたのがボロボロに砕けたので駆け込んだのが、新たな虫歯の治療等が加わり、最後は歯垢のお掃除まで dash

夫に「歯槽膿漏の予防に、『半年に一度は、定期的に来てください』って、歯医者さんに言われたのよ」と言ったら、「ぼくは、毎月、歯垢をとってもらってるよ」だって sign01

「毎月って、時間とお金もかかるのに。」 ― 「気分転換になって、いいんだよ。」

髪を切ったり髪型を変えたりで「気分転換」はできるけど、歯垢 を取って、気分転換って・・・、謎だわ catface

今日はフォントが違うの、どうしてかって? 時々、どうしてか、ブログに字を書けないの。 で、いつも使っている私の「メモ書き」で書いてコピペしたら、文字がそのまま出ちゃったってワケ shine

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ