« むかない、混ぜない | トップページ | アートメイク騒動記 »

柳家小三治 一門会

4月11日(土)

14:00~16:30、練馬文化センター 大ホールにて

【出演】 柳家小三治、はん治、三之助、ろべえ

チケット取りが困難な 小三治の落語は、いつも満席。 15:30に出てきて、1時間演ってました  いつものように、TVを見ていて(聞いていて)記憶に残ったことや思いついたことを のどかに話しているんだけど、間が絶妙なので、可笑しい  

はん治は 高齢化社会を反映して、90歳の組長の話。 「わけぇーもん」が61歳とか、助けを頼む「流れ者」を特養に訪ねていったり、目指す相手は脳卒中でご臨終しちゃったり

『茶の湯』は、不味いお茶を飲む登場人物たちの表情がすっごく可笑しくて、会場中から笑い声が響いた

ホール内は飲食禁止なのに 菓子やお茶を食しながらの観客がいたり、禁止だと放送が流れているのに、デジカメで撮影している(60がらみの)男性がいたりで、ビックリだった。 飲食自由の寄席と混同している人もいるのだろうが、デジカメ撮影者は・・・悪質でしょ。

« むかない、混ぜない | トップページ | アートメイク騒動記 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小三治 一門会:

« むかない、混ぜない | トップページ | アートメイク騒動記 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ