« おもてなし | トップページ | 子離れの時期 »

寄席、韓国ドラマ

4月6日(月) sun

国立演芸場へ。「国立演芸場開場三十周年記念」と銘打った上席は、日替わりの豪華な出演者。チケ発売時に電話がやっと繋がって とれた日は、第3希望くらい sweat01

落語:柳家花緑、落語:古今亭志ん弥、奇術:ダーク広和、落語:柳家小満ん 仲入り ―

花緑は、いつも通り shine 奇術は、「オタクの世界へ、ようこそ!」と、自分のこだわりの芸を披露するのが可笑しくて happy01  3年に1度開催される『プロのマジシャンの祭典』で グランプリをとったという ロープ芸がまた、何気に不思議で wobbly  寄席のマジックには、スペクタクルとはほど遠い ほのぼの感 があるね、ホント delicious

ここで、事情があって帰宅。録画してあった韓国ドラマを見た。

Photo tv 昨夜、NHK BSで始まった『スポットライト』。(私の中では『四月の雪』の「悩める妻」) ソン・イェジン が、コメディータッチで不出来な放送記者をやっているのが、新鮮。『チャングム』で誠実なヤンバン役だった チ・ジニ が、気骨のある社会部キャップ役で、別人のよう shine  こんなかっこいい人だったんだ!と confident  これは、韓国で昨年5月から放送されたドラマで、放送前にNHKが買ったとか。「主役二人が、大ヒットドラマ『チャングム』、日本でもリメイクドラマが作られた映画『私の記憶の中の消しゴム』出演で知名度があるから」ということらしい。

note 今朝、朝刊の番組欄で発見した TV東京の新番組、『べートーベン・ウィルス』。去年の秋、韓国で話題だったドラマじゃん sign01 これ、おススメ。『のだめ』が人気だったことで、「音楽ものコメディーがイケルと、企画された」ってネットニュースに書いてあったけど、主演陣の音楽に対する情熱とドタバタコメディーが一緒くたになっていて、笑える flair

notes  特に、『大王四神記』でデビューした イ・ジア(学歴詐称だと、叩かれてもいたけど) が、いいわ~。TV東京お得意の柔軟な番組編成で、月・火と週に2日の放送だから、ストーリーがテンポ良く進んでいく点も、嬉しい wink  俳優の名前をちっとも憶えられない NHKドラマ好きの夫には、「『大王四神記』のキレイな方の相手役と 『ファン・ジニ』の初恋相手(チャン・グンソク)が出ている」と説明して、おススメした。

« おもてなし | トップページ | 子離れの時期 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/28985301

この記事へのトラックバック一覧です: 寄席、韓国ドラマ:

« おもてなし | トップページ | 子離れの時期 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ