« 子離れの時期 | トップページ | むかない、混ぜない »

嫁姑

4月9日(木) sun

定期総会の準備に追われる時期っす sweat01

さて、上の息子 の結婚について、市民活動仲間から「○○さんも、お姑さん になるんだね~」と言われた。 私は、「」と「古い」を合わせた作った「」って、大きらいなの annoy 同様に、「」が「」に入って「」っていうのもね。

私は私。夫との関係ではパートナーで、息子たちとの関係では母親だけど、彼らの配偶者については、「息子たちのパートナー」よ。 夫の家族同様、彼らが大事にしている人を大事にする、そういうこと。 勿論、気が合えば友だちになり、もし別れるようなことがあっても、いい関係が続くかもしれないけど。

日本は、個人やカップルよりも家族を優先する習慣が根強い + 違う言葉に言い換える人が少ない、或いは、その言葉にセンスがないから 広まらない。

言葉 って、本当に大事だと思うの。 たかが 言葉 、されど 言葉 よ。 例えば、「主人」という言葉を使いたくなくて結婚当初から「」という言葉を 言いにくいのを我慢して 口にし続けていたら、違和感がなくなって。 そして、それに耳慣れた仲間が、そのうち そう言うようになった。 言葉を変えることで、意識が変わる。

言葉一つに、そんな 目くじらたてなくても」と言う人は、他人への心遣いがない。 自分の基準が万能じゃないってことに、気付くべきよ。 言葉は、気持ちの表れ。 例えば・・・子どもに 命令調の言い方をしている親からは、自分の考えを押しつけて 子どもの考えを聞こうとする姿勢が伺えないし、乱暴なもの言いをしていると、相手への気遣いや敬意を忘れがちだと思うのね。

私たち夫婦は、お互いを 名前で呼び合っている。 夫婦の間で、親子の関係を示す「お父さん」「お母さん」は必要ないから。 息子たちのことも、家族全員が名前で呼ぶ。 のことを 絶対に「お兄ちゃん」とは、呼ばない。 たまたま、少し先に生まれただけで、親子の間では、どちらも 等しく「息子」だから。

それでも、彼は自然と年少の をかばってきたし、今後は、対等な付き合いをして欲しいのね。 頼りない兄や姉もいれば、しっかりした弟や妹もいる。 「妹なんだから」「女なんだから」、「お兄ちゃんに逆らわないで」と かつて母に言われていたのが、実に不愉快だった。 家族間の役割ではなく、家族の一員として 皆で助け合っていきたい、それが私の理想。

« 子離れの時期 | トップページ | むかない、混ぜない »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

んんん・・・?
お連れ合いは、☆さんのことを名前で呼ぶということ?
そして、十代の時には、別な呼び方だったの?
よく解らないので、解説して~ coldsweats02

緑のはっぱ茂る・・・春ですね。
桜咲く肌寒い時期より、バックにある青々ととした春がいいですね。

子どもがうまれて「あなたのお母さんではない」と言った時から、我が家もおかあさんと言われてません。
・・かといって、十代のときのように呼ばれないのも寂しいですが。

もちろん、父母も、お父さん・お母さんです。
私にとってのおじいちゃん・おばあちゃんはとっくに天国ですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/29035904

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁姑:

« 子離れの時期 | トップページ | むかない、混ぜない »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ