« 森山開次作品集 | トップページ | 無事、終了 »

『ブラッド・ブラザーズ―天堂口―』

2月18日(水)

原題: 天堂口/BLOOD BROTHERS2007年、台湾/香港、95

監督 : アレクシ・タン 、製作総指揮: ジョン・ウー 、衣装デザイン : ティム・イップ 

出演 : ダニエル・ウー、スー・チー、チャン・チェン、リウ・イエ、トニー・ヤン、リー・シャオルー、スン・ホンレイPhoto_10

【内容】1930年代、幼馴染みの3人の青年は、成功を夢見て地方から大都市上海に出てくる。 

ダニエル・ウー主演で、(最近のネットニュースでは、美人女優投票で1位に選ばれていた)人気女優スー・チーとくれば、この二人の恋模様とマフィアの抗争の話(『上海グランド』とかぶる)かと思いきや、見事に予想を裏切り、「兄弟・義兄弟(ブラッド・ブラザーズ)」の3人にボスの愛人スー・チーとその恋人でヒットマン役のチャン・チェンが絡んだことで、3人の運命が劇的に変わってくるという流れ。

◆しかし、貧しい暮らしから抜け出すために手段を選ばないカンリィウ・イエに引き摺られた形で組織に組み込まれてしまったカンの弟 フートニー・ヤンと友人 フォンダニエル・ウーは、結局はどこかの局面でカンと敵対することになっただろう。

◆最初に、彼ら3人の故郷が映し出される。これから繰り広げられる血なまぐさい銃撃戦と対極にある、平和でのどかな暮らしだ。主人公は、病気の母と妹との3人暮らし。貧しくて、薬代も大変。彼の恋人は可憐な美人で気立てもいいが、父親の借金に苦しんでいる。こうして、故郷での暮らしに突破口を開こうと上京する主人公の背景が、描かれる。

◆『天堂』 とは、カンが職を得た「天国」という意味のナイトクラブ。そこのスターが、ルルスー・チー)だ。 愛人 ルルとその愛人を殺せと命じたのに、弟と義兄弟の抵抗で失敗したカンが、ボスにいたぶられるシーン。彼は逆切れしてボスを殺してしまう。 これで3人の間に発生したトラブルが解決すると思ったら、彼は弟を殺すし、故郷に逃れたフォールル、その恋人を殺すよう命じる。「自分と手下を撃ったから」ということなのだろうが、弟・義兄弟なんだし、ルルとは何の因果もないんだし、何もそこまで・・・ 

◆銃のスゴ腕でもないのに、結局は生き残る主人公って、予定調和って気もするけど、義兄弟を亡くしたショックが大きすぎて、この後、故郷で家族や恋人と穏やかに暮らすなんて、そう簡単ではないと思う weep 故郷ではドン詰まり、都会では生死を彷徨うような目に遭い、出口の見えない世界だわよね~ catface 

« 森山開次作品集 | トップページ | 無事、終了 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/28454948

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラッド・ブラザーズ―天堂口―』:

« 森山開次作品集 | トップページ | 無事、終了 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ