« 無事、終了 | トップページ | 卒旅 »

定額給付金

2月21日(土)

2兆円にもなる定額給付金。「もらえる」と思うなかれ、税金を返してもらっているだけdown

一律に返すよりも、政策として考えてもらいたかったと切に思う。「一律」っていうのは、「どこにお金を回すか」と考えるのを怠けて、国民の人気取りに走った政策だと感じるから。

まず、職を失い、生活ができなくなっている方やその家族のために使うのが妥当じゃない? 特に、家計が苦しくなって、高校・大学を中退せざるを得ない子たちのために使いたい。

例えは、私がやっている保護司、これは、(仕事としては、成立しない)有償ボランティアだが、これは地域の防犯につながる活動なの。罪を犯すには、それなりの事情や背景がある。

「自宅に犯罪者が来るの、怖くない?」「犯罪者の家に行くなんて、考えられない」などと言われることが珍しくないけれど、誰かがその役割を担い、当人やその家族の話を聴いたり、思い遣ったり、励ましたりしながら、社会とつないでいかないと、再犯を防ぐことはできない。

社会が不平等だと感じて育つ子ども達は、現今の社会の維持には貢献しない。未来を担う子どもたちが自分の将来に希望をもったり希望幸福感をもってこそ、他人のことを思い遣ったり、社会全体のことに関心がもてるようになるのだと思うのだ。

フィンランドのように、「大学院まで授業料無料」とまでいかなくても、私達大人が政治や社会制度を通して「子どもたちのことを考えている」ということを感じてもらえる機会にできたらよかったのにな。

« 無事、終了 | トップページ | 卒旅 »

保護司」カテゴリの記事

コメント

poplarさん、
そうなんです、壊れて1か月も復旧せず、しかもデータの保存も危ういサービスだということを実感しています。
ま、ブログを始める前は日々のできごとを流していたのですから、大したことでもないですがねhappy01
ただ、やり方が違うので、慣れるまで時間がかかります。既にやり慣れているだけに、説明など読まないで書いていますので、やりながら「そうか、そういうことだったのか~!」なんて、日々、発見ですflair

定額給付金については、ホント、おっしゃる通りですよ。政策とは言えないお粗末なものだと思います。

☆さん、この新しいブログの最初のコメント、うれしい!
お雛さまか、私には身分制度を象徴しているように思えて。もし娘がいても、(子どもが望めばの話だけど)夫婦ペアくらいしか飾りたくないかな。

しかも、「お嫁にいく」って、かな~り古い。そんなもんで結婚できるかどうかなんて、今時の大学生が気にするんですかgawk
ただ、飾るなら、慌ててやるのは良くないかも。

ケーキなら、我が家では息子が焼くけどね、最近は。もう成長した子どもたちのために尽くすのは、いいんじゃない?できる範囲で自分のペースでゆったりと構えていようよ(な~んて、言わなくても、そうしてるか)。

ブログのお引越しをなさったのですねapple
ブログが壊れることがあるなんて、知りませんでした(*_*

定額給付金って、お金に困ったことのない人たちの考えそうなことだなぁと、しみじみ思います。
国会議員の恩典だけ取り上げて考えても、国民の最低水準の生活を最低半年経験するとか、研修期間を設けて味わいなさい!と思ってしまう私です。

愛されて育つ・・・だいじですよね。
職場の大卒新人さんのお母さん、クリスマスには手つくりのケーキで、
お雛様ももちろん出して。
すぐ感化されちゃうわたしは、娘のためにと3月3日あわててお雛様だして・・・
なのに、今日(5日)、しまわないとお嫁にいけない!と捨て台詞をはいて出かけました。
親の気持ち、当たり前と思ってて、ありがたさなんて・・感じないんだよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/28472496

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金:

« 無事、終了 | トップページ | 卒旅 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ