ようこそ!

cat 新着記事はこの下にありますので、ご注意ください。

wine Doblog 時代のものは、こちら goo のブログ に 「資料」として、記事のみ保存。

pen 趣味の 劇場通い旅、音楽活動どっぷり漬かっている 市民活動読書 映画家族 のことなどを綴っています。

Syou


wave 南の島の浜辺に建つホテルに滞在し、椰子の木陰で昼寝 をするのが好きなので、このタイトルをつけました(写真は、ニューカレドニア島のホテルの窓から)。

 

bottle 初めていらした方は、お好きなように お読みください。 例えば、
※ページの下までざっと読み、前のページ へと進む
※右下の カテゴリー から 興味のあるものを選んで 読む

pc 尚、「 保存するほどでもない 」 と思った記事は、削除することがあります。 また、映画や観劇、書籍等についての記事は 私の 「 備忘録 」 ですので、ネタバレ もあります。 私は 結末が解かっても一向に気にしない性質ですが、そうでない方 ( で、これから観る・読む方  )は、読まない方が無難かも。

ドビュッシーの午後

11月11日(日)

Img_20181112_050433 友人を誘って、北とぴあへ。15:00~16:30
ささやくような歌声で、ピアノが強く弾くとかき消される。
フランス歌曲がこういう歌い方なのか、波多野さんの調子が悪いのか(席は、前方右サイド。場所が悪いのか?)

◎リリー・ブーランジェ(1893-1928)、ジェルメール・タイユフェール(1892-1983)、二人の女性作曲家の作品も演奏されていた。前者は、24歳で夭逝。
フランス語、歌詞の意味が分からなくて…。訳詞を配布されているが、暗くて読めないし。

終演後、キリンシティでビールを飲んでいたら、出演のお二人が入って来て、お友達と合流、目の前のテーブルに happy01

note 友人と私は、かつて女声合唱団に所属し、合唱祭にも出ていた。
その後、私が誘ってゴスペルグループへ。そして、母の遠距離介護をきっかけに私が抜けて、20年。
彼女はそのまま、歌い続けている。義父母や父親の介護でお休みしながらも。 私はバンドの方は続けて、今は鍵盤ハーモニカサークルという訳だ。
音楽好きな友情は変わらず、だshine

「バンガラ・ダンス・シアター」来日公演

11月10日(土)

「バンガラ・ダンス・シアター」は、オーストラリアのシドニー・オペラハウスに拠点を置く、先住民パフォーマンスグ・アーツ・カンパニー。

各駅停車だと遠いので、日ごろ避けている「彩の国さいたま芸術劇場」に、久しぶりに行きました。大ホールにて、15:15~16:35

Photo_4
照明が暗めで、木々など自然の一部であるような、地を這うような動きや、魚を思わせるような動きが新鮮で、面白かったです。男女で組むのは少なくて、男踊り・女踊り・混然一体のものが多く、音楽やリズムも、心地よかったし。

※コンテンポラリー・ダンスが退屈に感じることが多くなったのは、既視感のある振りや構成のものが多いせい。

来日4度目とのことで、観客も老若男女、色々でした。満席とはならず、「ご招待」の列も長かった(空席を埋めた?)ですが。

講師不足、解消!

学習支援教室は、講師不足。
登録者の数は多いものの、用事や介護でお休みする方がいると、「短時間なら可能」という方を動員してしのいでいます。

メンバーの息子さん(学生講師として登録)の同級生に声を掛けて登録してもらっているうちに、たまたま、そのうちの3人の都合がついて、 なのに、生徒の欠席が多くて、余っちゃっう事態発生sign03

講師不足でアワアワしているのに、こんなこともあるのですね。ごめんなさーい!
3人は同級生なので、小夜食の肉うどんを食べながら、まったりおしゃべりして、楽しそうでした(ミニ同級会?)

1人には、近所の生徒を送って行ってもらい、残りの2人はそのまま勉強嫌いな男の子を指導して、片付けを手伝ってもらえました。みんな、いい子達で。

講師が足りれば、もっと中学生を誘えるかな wink

DV・児童虐待

11月6日(火)

団体の正副代表でミーティング。
うちの「子ども食堂」や「学習支援教室」に子どもが来ている家庭で、DVと児童虐待が起きて、途中で地域担当のスクールソーシャルワーカーにも入ってもらいました。
※スクールソーシャルワーカーは、学校からの依頼で、不登校気味の子がいる家庭に入ります。

自分の思い通りにならないと、暴力で従わせようとする。そういうことで事態が好転しないことが、どうしても分からない。前にもあったということなので、児童相談所に入ってもらい、指導してもらうことになりました。

止めようとしたお母さんも振り払われて壁にぶつかって頭や肩を打ち、病院に行ったそうです。DVの加害者は、外面がいい人が多い。
「非常に感じがよい」人に見えても、わからないものですね。

夜は、新宿へ。
原稿を見ずに、話せました wink
取りこぼしはありましたが、まぁ、仕方ない!
参加者の顔を見渡しながら話したので、さすがに居眠りする人はいなかったです
coldsweats01

今日も、臨時練習

11月5日(月)

今日も、音楽スタジオで練習でした。ぶっ続けで3時間sign01
当日、ステージ上で曲順が分からなくなってアワアワしないために、明日あたり、順番を記したカードを作らねば。

明日、10~15分の持ち時間で学生さん達に「子ども食堂」の現場についてお話するので、原稿をまとめました。
ちょうど1年前に、区立小学校の養護の先生たちの研修会で話した原稿に加筆する作業です。

あれこれ加筆し、しゃべってみると、超過 despair
で、あちこち削って…。
老眼鏡をかけて原稿を読むとインパクトない(退屈な話になる)ので、なるべく見ないようにはしたいもの。一度、声に出して話してみると、結構記憶として定着するというのが、経験から分かりました。

トランスフォーマー

11月4日(日)

昨日・今日と、孫の子守。
今日は、1歳孫にクシャミ・鼻水の症状があるので…夫が5歳孫だけ連れて、飛鳥山公園へ。 「民商まつり」で孫が玩具に目をつけ、半額にも満たない値段(在庫整理?)なので、夫の判断で1歳孫のと二人分を購入。

Photo_2 雨が降ってきたので、慌てて帰宅し、夫が「買った責任」をとって、組み立てに苦労していました。5歳孫には、全く歯がたたず coldsweats01
トランスフォーマー、息子達にも買ってやったけれど、未だに人気なのね。
子育てにタッチしていなかった夫は、「それ、何?」
「マニュアルだけを読んで組み立てるのは、とっても大変」と、ボヤイテいました
sweat01

大学生のボランティア

「子ども食堂」の活動を支援するため、湯浅誠さんたちが設立するNPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」(年内の設立を目指し、9月に都に申請)。
※協力する企業との連携や、各都道府県で子ども食堂を支援するネットワークの育成・調査・研究などを行う。

Photo その事業の一つが、大学生が大学生を対象に都内の「子ども食堂」を紹介する企画「ボラ窓プロジェクト」。
私たちの「子ども食堂」は、その受け入れへのご協力、そして、下記説明会で現場のお話をすることになりました。

夜、代表の方と打ち合わせをしました。
大学の近くの「子ども食堂」何軒かでボランティア経験を積まれ、「子ども食堂」についての知識もある程度お持ちです。
「まだ1年生で、エライな~」と、素直に感動しましたshine

寄付品

11月2日(金)

今日は、「北区子ども食堂ネットワーク」の情報交換会。
加盟している「子ども食堂」20人ほどが集まり、9月に完成したホームページやシンボルロゴの管理や寄付金の取り扱いについて話し合いました。

また、9月に「ネットワーク」が共催して開催した『子ども食堂応援ネットワーク』は今年限りのイベントなので、来年以降は「ネットワーク」としてどうするかについても、検討。

区の担当課も臨席、参加者から「区にお願いしたいこと」も出されました。
会場には「フェスティバル」や個人から集まった寄付品が運び込まれ、希望したものを各自持ち帰りました。
いただいた今年度産の玄米30kgはさすがに自転車で運べず…帰宅した夫の車で、後から取りに行きました。
缶詰や乾燥ワカメ、ラムネなども。 ご寄付に感謝します lovely

講師との懇談会

10月31日(水)

学習支援教室の講師・運営スタッフの懇談会を行いました。
前回が1月。
その後の全般的なご報告をして、生徒一人ひとりについてのよりよい指導・支援のための情報共有と意見交換をし、運営についてのご意見をいただきました。

講師のお一人は、文京区の小学校で非常勤をされていて、一月前に起きた母子4人の無理心中で亡くなった子を指導されていたそうです。
昨日まで言葉を交わしていた子が!?…と大きなショックを受けて「何かできなかったか?と思っている」と。
その子が小学校入学の時に引っ越してきているので、地縁も人的なネットワークも無かったのかもしれません。 近くの「子ども食堂」に通うなど、母親が誰かと繋がって悩みを話すことのできる人間関係があれば、防げる可能性もあったのではないか、皆でそういう話をしました。
※小学校の部は社会福祉協議会と共同運営なので、担当の職員お二人が参加されました。

ひたすら、練習

10月30日(火)

notes 急に決まったコンサートのために、音楽スタジオで臨時の練習がありました。
先週金曜に練習があり、翌日朝から出掛けていたもので…今朝、慌てて練習。
9時半過ぎから2時まで、 食事も休憩もせず、ひたすらパート決めと合奏 wobbly
この集中度、すごくない?
新入りの私は、新曲が多過ぎて…練習の時間がとれなくて、不安。

そして、夜は渋谷で会議。
駅で「ハロウィン」の仮装をしている人達を大勢見かけました。

まず、地域の男女平等活動やセンター運営・イベント等の情報を交換し、年度内に開催する次の集会について案を出し合いました。
記録を欠席者にもMLで見てもらい、テーマやスピーカーへの打診について了解を得ることになりました。

渋谷在住のメンバーが「去年はハロウィンが運営委員会と重なって、バスの運行に影響して大変だった」と。
そうだったんだsign01
他のメンバーはJRや地下鉄利用だし、会場は西口だしで、何か不便だったという記憶がないのです。

小田原へ

10月29日(月)

Photofuji 日が昇ったら、窓いっぱいに富士山sign01
朝日に照らされた白い山頂が、輝いているshine

spa 6時のオープンを待って、朝風呂。
4箇所ある宿泊施設の空き状況を示す掲示には…全て「満室」の文字。 雑然としていて「何だかなぁ…」と思ったけれど、人気あるのねぇ coldsweats01

バイキングの朝食も美味しかったsign01特に和食、その中でも漬物が。自家製か買ったにしても、高価なものだと思う(持って帰りたいほど)shine

Photo_2 確かNHK『ぶらタモリ』で、小田原城の天守閣が中々にいいと思い、行ってみた。

Photo_4御殿場からの道には、富士山と相模湾・芦の湖を見下ろすビューポイントがあって lovely

Photo_7小田原城への道は、ナビの案内が突然途切れて右往左往。バス停にいた方に道を聞いて辿り着きました despair

一昨年に改修し、月曜日の朝にもかかわらず…観光客も大勢。
でも、秋晴れで暑かった〜sweat01

Photo_6鈴廣で晩のおかずやお土産を買い込み(丸いのは、「季節の海鮮揚げかま」)、帰宅…の筈が事故渋滞で高速を降り、遠い道のりでした weep

時之栖

Photo_4 その後、「たまには温泉に」ということで、TV『カンブリア宮殿』で見た御殿場の「時之栖(すみか)」へ。

Photo_5 ビールやワインを醸造していて、ビアホールみたいに広いレストランで、飲み比べ delicious

「時之栖」には4箇所の宿泊施設があり、私達は「ホテル時之栖」に宿泊。

広いけど、何か所か畳が沈む場所があり、広場でやっている「犬のサーカス」(動物愛護団体から、苦情がこないのか?)の司会者の声や敷地内のサッカー場で響き渡る応援の声がうるさくて sad これには、ガッカリ。
施設内マップを手に散歩しましたが、初夢の橋にメリーゴーランドや鐘、ゴリラ、噴水…思いつくまま、脈絡なく増やしていったモニュメントが雑然としていて、唖然。イメージと大分違いました coldsweats01

20181028 日が暮れると、昨日からスタートしたイルミネーションに大勢の観光客。

Photo

Photo_6 今日の夕食も、美味しくいただきました。

※明日から、粗食にしてバランスをとります!

spa 隣接する温泉「気楽坊」への通路は、まるで迷路。
ここの温泉は、炭酸と塩風呂。塩風呂は、死海のように体が浮き、肌がヒリヒリ。大好きな露天風呂に、ゆっくり浸かりました
confident

アウトレットへ

カードキーが珍しくて、二部屋を行き来する5歳孫。
彼のお見送りで、ホテルを出発。

Photo_2 夫の服がくたびれてきたので、夫が「御殿場プレミアムアウトレットに行こう」と。
予想以上の広さと人出で、迷わないか心配したが…目的達成。ちょっと若向けのスッキリしたデザインのを購入
flair

Sofuto 喉が乾いて、ゴディバのチョコソフト。
美味しい delicious

次男の結婚式

10月27日(土)

次男の結婚式・披露宴で、朝から車で静岡へ。
5人乗りなので、長男夫婦は新幹線で。ちょうど着替えが終わったところに着いて、ママのお着替え中に一歳孫が大泣きしちゃって。 泣いている子のお着替えも、一苦労 despair

雨が上がり、屋外での花びらシャワー、お祝いバルーン(色んな趣向があるのね…)もバッチリ。
計40人のこじんまりとした宴で、次男の会社の先輩やお友達、初めてお会いする義娘の親戚・お友達ともお話できました。

Photofuji ウェディング・ケーキは、富士山shine さすが、静岡。
もちろん、後でいただきました。美味しかった delicious

何より、結婚式場・披露宴会場、宿泊した部屋には大きな窓やベランダ。富士山と清水港の眺望が素晴らしい lovely
夜は、宿泊する部屋に長男家族と次男夫婦が集まり、しばし歓談。
5歳孫は、「ずーっとここに居たい」だって coldsweats01

コンサート!

10月26日(金)

所属する鍵盤ハーモニカグループに、コンサート依頼がありました notes
出演料も出ますwink
スタジオ使用や楽譜購入に費用がかかるので、ありがたい。

でも、それが…1時間!
そんなに長く演奏したことが無いため、今週月曜の会場下見(私は予定があって不参加)の後にレパートリーを何曲も増やすことが決まりました。
その日のうちに、弦楽、金管四・五重奏などの曲がラインで決まっていき、リーダーがネットで楽譜購入→ラインにアップ→各自印刷して自習だって!?
若い人達のやることは、すごいな~coldsweats01

その4日後の今日は、音楽スタジオに集まって、新曲のパート決めと練習、ポスターの写真撮影と、大忙し💦
あと半月しかないし…

このスピード感、脳への刺激が半端ない wobbly

«高齢世帯

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ