ようこそ!

cat 新着記事はこの下にありますので、ご注意ください。

wine Doblog 時代のものは、こちら goo のブログ に 「資料」として、記事のみ保存。

pen 趣味の 劇場通い旅、バンド、どっぷり漬かっている 市民活動読書 映画家族 のことなどを綴っています。

Syou


wave 南の島の浜辺に建つホテルに滞在し、椰子の木陰で昼寝 をするのが好きなので、このタイトルをつけました(写真は、ニューカレドニア島のホテルの窓から)。

bottle 初めていらした方は、お好きなように お読みください。 例えば、
※ページの下までざっと読み、前のページ へと進む
※右下の カテゴリー から 興味のあるものを選んで 読む

pc 尚、「 保存するほどでもない 」 と思った記事は、削除することがあります。 また、映画や観劇、書籍等についての記事は 私の 「 備忘録 」 ですので、ネタバレ もあります。 私は 結末が解かっても一向に気にしない性質ですが、そうでない方 ( で、これから観る・読む方  )は、読まない方が無難かも。

豪華な賞品

Photo_2

夫は、ゴルフのコンペでよく賞品をいただいてくる。

延々投資しているのだから・・・それも、当然!
今回は、ベスグロで 1万5千円!!のお酒。
いつも飲んでるのと違うことはハッキリわかるけど・・・私には、5千円以上の味は区別がつかん。
色々買える ギフトカードの方が、うれしいな。

杉山 春さんの講演会

6月17日(土)

Photo

男女共同参画週間のイベントで、ルポライターの杉山 春さんの講演会。
子どもを虐待死させた親を拘置所・手紙の遣り取りなどで丁寧に取材されてのお話に…忘れかけていた凄惨な事件を思い出させてくれた。

「子どもを虐待して殺した非道な親」と責めたてたのが当時の報道だったけれど…その経過の中で、今なら「虐待」として、すぐに児相・警察に通報されるところを、担任教師も小児科医も気付かない・何もしないでやり過ごしたことが、裁判の証言で分かってくる(ギャンブル依存症の親をもつなどで、飢えていることを知っていながら…何もしない学校って、なんなんだろう。どこか公機関に繋げられるだろう、その気になれば)。

そして、「非道な親」達の生育環境をみると… ネグレクト・虐待されて育ち、解離性人格障害がみられたり、知的障がいがあって公機関に相談に行くことに思い至らなかったり。その親たち(被害児の祖父母)が全く支援できない環境にある時、親子には「助けて!」と誰かに言える地域の人間関係が、セーフティーネットになるんだよね。

6月第1回目の子ども食堂

Dsc_0453
モデルチェンジで・・・企業さんからいただいた、割れにくい深皿。今日、初めて使いました。

今日は、豚丼・わかめスープ。
青物市場に勤務されている参加者のお父さんから、野菜をいっぱい寄付していただきました。フルーツトマトが、とっても美味しい delicious

 寄付金が貯まってきたので、食後のフルーツに西瓜を付けました。
※黄色い小皿は、生食用の南瓜。

Img_20170614_164021_2
たくさん寄付していただいた新じゃが芋を大鍋いっぱいに茹でておいたら…夕食前のおやつに、そして、食後30分もすると「お腹すいたー!」と、塩をふりかけて食べる子が続出。
売り切れました wink

中間試験を翌日に控え、中学生の参加が0人。
お皿を寄付して下さった企業さんからの見学・食事を入れて、45人が食事をしました。

市民活動フェス

6月10日(土)

今日・明日の2日間、区内の社会福祉協議会と福祉団体・市民活動団体が参画して行う恒例のイベントに出ずっぱり!

Photo
所属団体の活動資金作りと活動PRとして、「オリジナル名刺作り」担当。

Photo_2

一昨日・昨日は、運営委員数名で、活動資金作りのための販売品の用意。長野県から取り寄せた杏のパック詰め・紅茶漬けにした杏作り作業をしていました。

水曜は、ステージの「めくり」を作っていました。今年はベーシストが都合で出られないため、バンドでの参加はありませんが…毎年担当しているので、まぁ bleah

映画上映『いしぶみ』

2017年7月9日(日)、ドームホール(北とぴあ6階)にて
午前・午後2回上映。

Photo

◆監督:是枝 裕和、出演:綾瀬 はるか、池上 彰
◆前売り 1,000円、当日 1,200円、小中高校生は無料(要整理券)
※第1回上映のみ保育あり、無料(当日1歳以上の未就学児、先着10名)。
  お子さんのお名前と年月齢を明記の上、申込。〆切:7/2(日)

詳しくは、こちらをご覧ください。

映画 『ザ・ダンサー』

6月5日(月) sun cloud

Photo

『ザ・ダンサー』を観てきた。都内3館しか上映していない中、交通の便がよくて あまり混まない新宿へ。

監督:ステファニー・ディ・ジュースト、出演:ソーコ/ロイ・フラー役 、 ギャスパー・ウリエル/ルイ・ドルセー伯爵、リリー=ローズ・デップ/イサドラ・ダンカン、メラニー・ティエリー/ガブリエル、フランソワ・ダミアン/マルシャン

史実を元にした作品。バレエもダンス(民族舞踊を含めて)も大好きな私だが、主人公のロイ・フラーについては、初めて知った。

彼女は、振付・ダンサーというだけでなく、絵コンテを描いて、舞台装置・衣裳デザイン・照明・舞台監督まで、舞台のことを全てやっていたマルチな人だった flair
しかも、何の訓練も受けていない田舎娘が、だ。こういうのを天才って、言うのね confident
そして、度胸がある!女性のダンスが卑しいとされた時代に、バレエの殿堂であるパリ・オペラ座で踊るという夢をかなえるために、アメリカからフランスへと渡って、自力でその夢を掴み取るのだから。


監督は女性。主演のソーコは下半身がガッシリしていて、体力勝負の振付をよくこなしている。彼女に見いだされて裏切る「イサドラ・ダンカン」役がジョニー・デップの娘というのが映画の宣伝で「一番の話題」だというのに、苦笑 coldsweats01
ギャスパー・ウリエルがいい具合に歳をとって lovely

子ども食堂ネットワーク

地域で「子ども食堂」を行っている団体とこれから開店予定の団体・店が集まり、「子ども食堂ネットワーク」が発足しました。
※「地域でネットワークをつくっていこう」という全国的な流れです。

私は 「呼びかけ人」の一人で、発足後は「世話人」となりました。
今後の情報交換会の開催の企画運営は、協力団体である社会福祉協議会の子ども支援担当者と相談して行います。

現在、区内には子ども食堂が7つ(月1回の開催は3つ、1回が4つ)あり、これから開始を予定している団体・店が7つ、これから団体名を考えるというグループが3つ。
提案した「参加同意書」も確認しました。 子ども食堂7つは既に顔見知りですが、その他は初顔合わせなので、まずは自己紹介。

そして…私から全国の動きや保健所対応、保険、支援を必要としている子ども達との繋がり方などをお話し、質問にも応じました。 もう一人の世話人がML担当なので、その説明も(MLって、何?という方もいます)。
MLで情報提供や相談などができれば、実際に顔を合わせる会合は年に2回ほどで良いかと思います。
私のところは特に問題ありませんが…子ども食堂の中には、手を広げ過ぎて負債を抱えたりスタッフ不足で継続できなくなっているところもあります。そういう実例を紹介することも有効だと思います。

お皿の寄付

Photo
企業さんから「子ども食堂』に、割れにくい深皿をいただきました。モデルチェンジに伴う食器の大処分で、2箱に70枚 wink

今まで会員の持ち寄りだったのですが…深くない皿も少なくなく、こぼれそうだったり、使いにくかったり。割れると危ないしね。
箸やスプーン・(割れない)コップを購入してからのお知らせだったので…これについては、残念でした。

翌日、これを会場の台所に運んで収納。 仲間が一緒に運んでくれました shine

その後は、いつものように…ミーティング。無料の学習支援教室のオープンは、8月。7月に講師役の教師経験者や学生さんを集めて、顔合わせ・打ち合わせをします。

『海街diary 8』

Photo

吉田 秋生 著、小学館 (2017/4/10)

8巻目が4月に出ていたなんて…知らなかった!
即、購入。

4姉妹それぞれの恋バナや仕事・進学、周囲の人達とのエピソード、そこで発せられる長女 幸の心に響く言葉や「おっちゃん」の説得力ある言葉、いいなぁ confident

*「ここだけの秘密にしてね」は、相手に負担をかける…その通り!周囲に事実を隠しながら(嘘をついて)気遣うなんて、中学生には重荷だわ。

*細かい突っ込みが小っちゃい字で書いてあって、これも楽しい。普段使いの老眼鏡では読めず、度の強いのでしっかり読んだ  wink

*4姉妹で暮らす「女子寮」然の暮らしは、進学や結婚で、あと何カ月かで終わりを告げる。続きも、楽しみ shine

『銀のロバ』

5月28日(日)

Photo

14日に「子ども劇場」の例会で観た『銀のロバ』。
事務局が「原作も、いいですよ」と勧めてくれたので、買って読んでみた(古本しかなかった)。

ソーニャ・ハーネット 著、野沢佳織 訳、主婦の友社 (2006/9/1)

舞台では割愛されていた下記のエピソードが読むことができた。
◎ふたつめの話…人に怒った雲が雨を降らさなくなった時、謙虚で誠実なロバ(だけ)が成し遂げたこと。
◎戦場(第一次世界大戦の西部戦線)での中尉の経験…部下が次々と亡くなっていく有り様
どちらも、心に残るものだった confident


舞台にかけるために省略されているのか思っていたこと…
*銀のロバが何故土の中に埋められていて、中尉の弟がそれを掘り当てたのか
*中尉は帰宅するなり捕まって銃殺されるだろうに、何故帰るのか
これらは「謎のまま」ということも分かった。

姉妹と同じ年頃の子どもから読めるよう、平易な表現で書かれていて、それでもこれほど心に響く。こと細かに描いていない分、色々考えさせられるのだ。孫がもう少し大きくなったら、読んであげたい(読んでほしい)と思える作品だ shine

5月第2回目の子ども食堂

20170524
◆献立:照り焼きチキン丼、みそ汁
 参加者・スタッフ・お手伝いで60人弱。

◎区内の他地域で「子ども食堂を開きたい」という見学者がお二人みえたので、リーフレットや献立チラシ、自治会への後援願い、保健所、保険…できる限り、アドバイス。

◎食後に子どもの一人が近所の方とぶつかって、転倒。最後は、スタッフミーティングしたそうで。早退した私への報告や親御さんとの遣り取りで、翌日までメールが飛び交い、電話や謝罪の訪問も。子どもの参加が多いと、こういうこともありますネ。

実は、7月に出産を控えた義娘が「切迫早産の恐れあり」で入院。見学者への説明を終えたところで、私は早退。オープン以来、完全参加だった記録が途絶えました sweat01 遅い時間に中学1年生が17人も来て、調理担当は大変だったことも、後から聞きました。

この日は、 孫を保育園から引き取り、夫の車で病院にも回り、孫と帰宅したのは、8時半。それから夕食。
初めて孫と一緒にお風呂に入り…ママとの体型の違いをズバリ!指摘されたのでした(失礼な despair

甘酢漬け

5月17日(水)

Img_20170517_081315

今年も、新生姜の季節。いつものように、甘酢漬け lovely
ザウアークラウトの空き瓶にちょうど収まった。 楽しみ~ delicious

Img_20170517_082859_2

調子にのって、他の野菜もピクルスにした wink

年に一度のお楽しみ

5月16日(火)

Dsc_0437_2
交通の便を考えて…渋谷を拠点に活動している団体の月例の運営委員会。

年度始めは、いつも懇親会を兼ねて、イタリアンで会食。

話し合いを早く切り上げて楽しく食事をしたいところだが…昨年度の会計報告・新年度の役割決め、そして…8月に行うイベントの内容など、議題が盛り沢山。

Img_20170516_212723


前菜の後はお肉やパスタ・ピザ・デザートも出てきて…お腹が苦しくても、美味しくて残せない delicious

Img_20170516_212748

「サービス」で一品多く出してくれたそうだが…腹12分目くらいになり、皆、「2食分食べたみたい」と coldsweats01

直前に「体調が悪い」「親戚のお通夜」などでキャンセルが入り、人数が少なくて寂しかった…が、内容の濃い会だった shine

オペラシアターこんにゃく座『銀のロバ』

5月14日(日)

Photo

子ども劇場の例会。
*原作:ソーニャ・ハーネット
*台本:いずみ凛、作曲:荻 京子、演出:恵川智美


うちの子ども劇場は「こんにゃく座」が好きで、毎年のように例会でとっている。役者さん達は音大出で声が良く、舞台装置も簡素ながら美的。今回も、木の枝やロバも含めて、何役もこなして良質な舞台となっていた。
が、曲がね~。今回も…記憶に残る歌は一つだけ。あとは、曲ではなく「旋律」。それも耳に馴染みやすいものではないの。「よくあれに出演者が息を合わせて歌えるもんだ」と、出演者の音楽的能力に驚かされる coldsweats01

【内容】祖国に帰りたい脱走兵、彼と出会った2人の姉妹。ロバにまつわる3つのエピソードを交えながら、姉妹の助けで元兵士が船で祖国に向かうまでを描く。

反戦に共感しつつ、友情・兄弟愛・子どもの無邪気さで、温かい気持ちにもなった。
が、故郷に帰ったら、脱走兵は捕まって銃殺になるのでは?と心配 despair

『子どもの放課後にかかわる人のQ&A50-子どもの力になるプレイワーク実践-』

Photo

アップするのを忘れていました…coldsweats01

武田 信子・嶋村 仁志・天野 秀昭・幾島 博子・関戸 博樹 他著
学文社 (2017/3/10)

pencil 子どもにかかわる人向けの、Q&A集。
「子ども劇場」仲間で、プレイパーク活動も並行して続けている人に強く薦められて、購入しました。

日常で遭遇する様々なシーンでのリアルな「困った! 」に、学童保育、児童館、冒険遊び場等で長年活躍してきたベテランスタッフたちが具体的に答えています。

「子ども食堂」でいきなり沢山の子ども達と接することになった私にとっては、良きアドバイザー。
「それで…どうするの?」という、解決に結びつかない回答もありますが、考え方の基本が分かるということで、コスパ 良 wink
仲間に回して読んでもらっています。

«『あそびの生まれる場所』

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ