ようこそ!

新着記事はこの下にありますので、ご注意ください。

Doblog 時代のものは、こちら goo のブログ に 「資料」として、記事のみ保存。

趣味の 劇場通い旅、音楽活動どっぷり漬かっている 市民活動読書 映画家族 のことなどを綴っています。

Photo_7

 

南の島の浜辺に建つホテルに滞在し、椰子の木陰で昼寝 をするのが好きなので、このタイトルをつけました(写真は、ボルネオ島コタキナバルのホテルの窓から)。

初めていらした方は、お好きなように お読みください。 例えば、
※ページの下までざっと読み、前のページ へと進む
※右下の カテゴリー から 興味のあるものを選んで 読む

尚、「 保存するほどでもない 」 と思った記事は、削除することがあります。 また、映画や観劇、書籍等についての記事は 私の 「 備忘録 」 ですので、ネタバレ もあります。 私は 結末が解かっても一向に気にしない性質ですが、そうでない方 ( で、これから観る・読む方  )は、読まない方が無難かも。

映画『春の画(え)SHUNGA』

この作品に関わった方が知り合いで、観に行きました (^^ゞ
「江戸時代に隆盛を極め、明治時代に禁じられ」て、(写真が出てきたなどで)忘れられたジャンルなのね。
「葛飾北斎、喜多川歌麿ら著名な浮世絵師たちが」書いたから「芸術作品」としてカテゴライズされているそうで。
日欧の研究者や学芸員・コレクターによると、「男女が共に楽しんでいるのがいい」「多色刷りの技術がすごい」
江戸時代から続く版画工房で「技術伝承のために」名作の復刻版に彫り師と摺師が挑戦する様子も出てくる。工房の主も彫り師も女性だった。
勉強にはなったけれど、版画・肉筆画の「春画」の名作を延々とアップで観ていると疲れてきて・・・実物が見たいとは思えなかったです(@@;) 

性犯罪事犯者との面接

2月19日(月)

保護司対象のオンライン講演を受講。質疑応答も含めて130分余り。
保護司は男性が多いので、性犯罪者については男性保護司への依頼が多いと思うけれど、「どんな内容なのか」に興味があって。
結果、性犯罪についての知識から始まり、施設内で行っている加害者プログラム(たった5回)、再犯を防ぐための指導について具体的な例も示す内容でした。

Photo_20240220085601 3_20240220085601 2_20240220085601  

春風

2月18日(日)

今日は在宅。
暖かかったので、散歩に出ました。
きれいな花や実を眺められて、気持ちよかったです(^^♪ 
暖かいけど風が強くて、植木鉢がひっくり返ったり、自転車が倒されたりと。

Photo_20240220083802 Photo_20240220083801 Photo_20240220083901

人形劇団むすび座『トッケビー鬼ヶ島と呼ばれた島ー』

夜は、「子ども劇場」の例会。「鹿児島県子ども劇場協議会」が企画に加わった作品で、企画した『むすび座』と会員の子達は韓国を訪問したそうです。
島を支配下におきたい桃太郎。その家来でサギまがいの乗っ取り計画を進める雉。刀を持って「不在」の「鬼」を捜す犬と猿。
島民が皆、桃太郎の配下に入っても、1人、自分の生活を変えない「おばあさん」の勇気と気骨が際立つ内容でした。

※「桃太郎」は一度も登場せず、「トッケビ」は風鈴ベルの音でその存在が表されています。「トッケビ」の怒りは「サムルノリ」で表し、その演奏は「ノリパン」。名古屋を中心に活動しているグループだそうです。

※客席には、桃太郎の舟が。犬の目つきが悪い(ーー;)
彼らの登場の場面で、 近くに座っている会員に指示して舞台上にこれを運ばせていました(笑)

Photo_20240218073201

指定管理

2月18日(土)

 他区の活動仲間から教えてもらい、川崎の市民が主催する「市民館・図書館の指定管理の学習会」にリモート参加。自分の区の文化センターの運営について、行政職員と指定管理者が話すという企画だったからです。
指定管理導入で何百万も予算を削り、常勤職員が減って再雇用・再任用職員が増えている状況。それで年中無休で12時間営業。大変。「手を挙げる企業が増えても、値崩れしない(中味のレベルと職員の給与)ようにする必要がある」との意見が。
センター運営者が区の紹介をしている時に、退屈で寝落ち。だって、3時間もあるのよ。

時間があったので、ポテトサラダを作りました。たまに食べたくなるのです。人参は、皮付きのままスライサー利用で、茹でる必要なし!オニオンスライスとコーンは、必須✨
お昼は、土曜日恒例、近所のパン屋さんのパン。カンパーニュは土曜日しか焼いていないので、土曜日指定なのです。

Photo_20240218075401 Photo_20240218075402

フィールドワークの報告会

2月15日(木)

昨年の3月、地域の大学のゼミの先生からお声がけがあり、「子ども食堂」に来ていただきました。その後、団体の活動についてゼミでお話したり、フィールドワークとして、複数の学生さん達に何度もお手伝いにきていただきました。
今日、社会福祉学科全体の報告会があるとお誘いいただき、リモートで参加。ゼミの学生さんの報告を聞いて、それに対するコメントをしました。

学生さんのご報告の中で「なるほど」と思ったこと。
*子ども達は自分で遊びを選び、途中で希望する子がいれば入れてあげていた。また、食事の時には、自分たちが食べられる分だけお皿に盛っていた。ここでの遊びや食事を通して「協調性」や「主体性」「自主性」が育まれている。
外側からのご意見、ありがたいです!

◆静岡在住の次男からのプレゼント、珈琲の粉です。
目の色が左右で違う猫が、魅力的。美味しくいただいています✨
黒の「ショコラ」を先に味見したかったのに、珈琲担当の夫が違うのを開封してしまったのは、残念(*_*;

Photo_20240218071501 Photo_20240218071502

バレンタインデー

午後、区内の「子ども食堂」仲間の団体主催のイベントに参加。
「子ども食堂」で子どもを待っているだけでなく、プレゼントを家に届けることをきっかに、自宅訪問の機会をつくる事業を推進している団体で、区内の企業から寄付、区から補助金を得るのに力を発揮。お届けには、うちも参加しています。
※家庭と繋がることで、SOSを受けやすくなったり、保護者や子ども達の困りごとに気付くことができる。

◆その後は、「子ども食堂」へ。
献立は、豚丼とじゃが芋のみそ汁、他。牛乳やお菓子のご寄付をいただきました。

◆今日は、バレンタインデー。缶が可愛いので、夫に買いました。中味はビターチョコで、夫から不満が(^_^;
右の写真は、昨夜、夫が仲間内の飲み会で女性からいただいた義理チョコ。
黒と赤で美しい!

20240214 Photo_20240215070201 2_20240215070201  

本『わたしに会いたい』

2月14日(水)

地域の男女センターで借りました。
ロナ禍前の2019年から、自身の乳がん発覚⇒治療を行った22年にかけて発表された7編と書き下ろし1編を含む、全8編を収録。
留学先のカナダでの手術体験が作品でも語られていて、英語を話す女性たちが大阪弁なのが、面白い。
身体について語るのがアケスケで、VIO」にはビックリ。
「あらわ」では、手術で取り除いた自分の乳首を干してピアスに加工するのに、ギョッとした!? 

Photo_20240214093601

人権作文

2月13日(火)

人権擁護委員になって最初に区内担当の割り当てで、担当職員から「人権作文」を打診された。何か異を唱えない限り、そのまま毎年留任となり、それはそれで楽なのだが、組織の重要ポストは自治体の輪番制なので、そのうちお役が回ってくると、そのうち気付いた。
結果、今年が「当たり」年。年間9回の会議に出ることになった(都合がつけば)。

で、新年度にもなっていないのに、もう、第1回の代表会議!?「人権週間」のある12月に表彰式をやっているので、早くスタートしないと間に合わないということらしい。
当たって分かったことは、日程や様々な決めごとに意見を述べられること。優秀な作文を選ぶことに関心が高くない私だが、少人数の会議なので、疑問に思ったことを口にし、それが他の委員や事務局の議論を呼び、ある程度納得できる「変更」がなされた。
こういう場に参加することの意味は、感じられた。

電車の乗り換えで目の前の階段を上っていたら、ガクッときた。まずい!その後は、エスカレーターを使い(長い行列ができていたらエレベーター)、用心した。で、会議の後に接骨院に回って、股関節のケア。



防災講座

2月12日(日)

講師の国崎さんは、能登半島地震が起きてすぐに現地に行かれ、石川県と被災した自治体の会議にアドバイザーとして出席。道路の割れ目を避けて車を走らせたとのことでした。
◎現地では、発災直後に役所に集まったのはごく少数。救助を求める電話がじゃんじゃん鳴って、皆がそれを消防署に繋いだ。その後も「早く助けに来て!」という電話がきて、でも・・・「津波警報が解除されてないと、入れない。そうして、亡くなっていった人達がいた。自治体の職員と消防署の連携も不十分だったと。
「誰かが助けに来てくれるのを待つのではなく、自分の身を守るためには、耐震性のある家に住みましょう」と、県が150万の耐震工事費を出すと決めて、職員が住民宅を回って申請書を書いてもらって工事が進んでいるという自治体の例を紹介。
「お住まいの自治体にもそうしてもらえるよう、言ってみてはどうですか?」
「耐震性の低い家に居るなら、揺れて10秒以内に外に出る。1階ではなく2階に寝る」
地震や水害時の行動、普段の心がけなど、具体的なお話をたくさん聞くことができて有意義でした。

Photo_20240212071801

映画『愛国者に気をつけろ!』

2月10日(土)

今年も、所属団体の会員さん(映像プロデューサー)から案内メールが来て、昨日、『座・高円寺ドキュメンタリー・フェスティバル』に参加、『愛国者に気をつけろ!』を観ました。
鈴木邦男の著作を読んだことがあり、右翼なんだけど「ヘイト」や「排除」をしない人、「生長の家」出身なんだけど「日本会議」に進まず、「安倍元首相とは一線を画す」など、興味があったので。
「右翼だけど、保守じゃない。今の自民党を支持しない」とも。

謙虚でフラットだから、いろんな人が寄ってきて「邦男ガールズ」「邦男ボーイズ」になっていて、面白かったです!「ガールズ」の雨宮処凛が「高齢の男性って、男の面子・沽券、俺をたてろとか言う人が多いけど、そういうことを言わない人」、松本麗華(麻原章晃の三女)は「差別や排除をしない人」だと。
国が思想をもって、そうでない人を排除しちゃいけない。改憲で個人が不自由になるより、今の方が自由でいい」「愛国者は、政府を支持する訳じゃない。自分のいる国を愛しているのだ」
「盾の会」で三島由紀夫と一緒に自決した森田必勝のことを毎年の墓参りの映像を交えて語っています。

監督トークがあるのが、このフェスのいいところで、中村真夕 監督のお話も、とってもよかった!
イギリスの大学⇒アメリカの大学院で映像を学んだ女性で、父親が知人という関係で「勇気を出して取材を申し込み」「貴重な話を色々聴けた」と。亡くなる前に撮れて、本当によかった。

◆質問に答えて
◎「1人で撮影・監督・編集をやっているので、お金はあまりかからない。制作費は自分で。クラウドファンディングで、宣伝費を集めた」
◎鈴木邦男は、自分が正しいと思って意見を押し付けてくるということをしない。
◎(英米で教育を受けたことを踏まえて)日本では生きにくい。多数と同じじゃないと、排斥される。
◎テロは非難されるが、「国のテロが戦争」

Photo_20240211065601

防災職員に女性を!

東京新聞の記事から

「災害時の避難所運営や備蓄を担当する防災部署の職員が「女性ゼロ」の市区町村は昨年4月時点で全国で55%を超える。」
未だに、こんな状況。
豊島区では、担当に女性を複数入れたら、赤ちゃんや女性のための備品が大きく見直されたとのこと。

Photo_20240210073201

保護者面談

2月9日(金)

学習支援教室の保護者面談が、今週で終わりました。小学生、12家庭分。全て記録を作成して副代表と共有しているので、結構な仕事でした。
学習面だけでなく、学校や家庭で困っていることがないかも聴いて、支援についても考えます。ひとり親なのに、夜勤や泊まり出張が多いなど、生活の大変さや子どもの学習についてケアできない状況を実感できます。

今日は保護司の研修があり、下記の資料が配られました。
新任もいるので、よい内容だと思います。

Photo_20240210072702  

雪が溶けて

2月7日(水)

路面の凍結もなく、朝、男女センターまで自転車でいけました。
会議の前に隔月刊の雑誌も読めて、よかった。
庭には、パイナップルセイジ。
まだ雪が残っています。

Photo_20240208080801

新年会

2月6日(火)

区の権擁護委員の会議と新年会。コロナで、4年ぶりの会食でした。昨年退任された委員3人も参加されての歓送迎会も兼ねて。昨年8月に就任された委員さんは会議への欠席が続いたので、「はじめまして!」でした。
新年会は情報交換の場なので、「こういう席は必要」と口々に。私は特に、退任された先輩委員と、組織のことや相談対応などのお話ができて有意義でした。

※会場は、イタリアンの半個室。またまたピザ・パスタも出てきて。食後のティラミスも、美味しかったです(^_^♪ 

Photo_20240208081102

«積雪の夜に

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ