ようこそ!

cat 新着記事はこの下にありますので、ご注意ください。

wine Doblog 時代のものは、こちら goo のブログ に 「資料」として、記事のみ保存。

pen 趣味の 劇場通い旅、音楽活動どっぷり漬かっている 市民活動読書 映画家族 のことなどを綴っています。

Syou


wave 南の島の浜辺に建つホテルに滞在し、椰子の木陰で昼寝 をするのが好きなので、このタイトルをつけました(写真は、ニューカレドニア島のホテルの窓から)。

 

bottle 初めていらした方は、お好きなように お読みください。 例えば、
※ページの下までざっと読み、前のページ へと進む
※右下の カテゴリー から 興味のあるものを選んで 読む

pc 尚、「 保存するほどでもない 」 と思った記事は、削除することがあります。 また、映画や観劇、書籍等についての記事は 私の 「 備忘録 」 ですので、ネタバレ もあります。 私は 結末が解かっても一向に気にしない性質ですが、そうでない方 ( で、これから観る・読む方  )は、読まない方が無難かも。

「子ども食堂応援フェスティバル」

9月15日(土)

昨日からの1歳孫の子守(発熱で保育園に行けず)がありつつ、 予定していた「子ども食堂応援フェスティバル」に朝から行っていました。

12時からのシンボルロゴお披露目式では共催者挨拶をし、「子ども食堂」や区内の「子ども食堂ネットワーク」について説明する好機となりました。
私達区内「子ども食堂ネットワーク」は、会場中央の」のテントに集合。
雨の中、テント内に配置する各「子ども食堂」作成のパネルが水浸しにならないよう、テントの骨組みに結わえて吊るすのに、時間がかかりました coldsweats02

「ネットワーク」のテントには、「子ども食堂」への質問、立ち上げのご相談や募金・フードドライブなど、沢山の方がみえました。

夫が「言葉の通じない(!?)孫を1日みるのはイヤ」だというので、午後は早退。
機嫌が悪い孫の相手で、クタクタ despair
でも、熱が下がってよかった~
shine

サークル会

9月12日(水)

先週、台風で延期したサークル会。
7月の「子ども劇場」の例会、8月の「城北演劇」の例会、どちらも観なかった仲間は、3カ月ぶりの再会sign01その間の旅行の話や家族の話、スポーツ界のパワハラや買春などの醜聞等々、話題に事欠きません happy01

Original 今日は、メニューの豊富な中華料理店を会場にして、甕出し紹興酒をロックで飲みながら、自分では作らない内臓系や乾燥豆腐の料理、かた焼きそば、胡麻団子などを美味しくいただきました delicious

帰宅途中で通った仲間の家の外壁には、ゴーヤがsign02
夫が種蒔きして育て、猛暑を凌ぐのにも役立ったそうです。
可愛いのを一つ、いただきました。

アートあそび

9月9日(日)

Photo 今日は、孫の子守。

夫は5歳児の方を連れて、所属しているソフトボールチームの応援に行きました。
Photo_2 近くのプレイパークに寄るよう、おすすめしたら…イベントをやっていて、楽しく参加できました shine
私の方は、1歳児とピアニカで遊びました。

1歳孫のお昼寝の後、家の中で飽和状態になったため、5歳孫の希望に沿って、ラジコンを持って、皆で近所の公園へ。

Photo_3 5歳孫が滑り台にいるカマキリに気付き、皆で注目!
ちょうど、パパと遊びにやってきた女の子にも説明してあげていました。

そして、その子にラジコンを貸して、やり方を教えている孫に、ジジババで感動(私達が小さかった頃、そんなことをした記憶ナシ!) とにかく、誰かと一緒に遊びたい。それが行動の基本にあるのだろうな。友好的で、素晴らしいflair

1歳孫に小さな滑り台をやらしてあげたら、泣き出しました。 未経験のことが苦手なのは、兄と同様。 うちの息子達は無鉄砲だった(怪我も多い)ので、子どもはそれぞれだと実感させられたのでした。

練習日

鍵盤ハーモニカの練習日でした。
新曲の楽譜を配られて、「さあ、やってみましょう!」
木管5重奏で、メンバーが6人。
1人多いので、「メロディーだけ弾く」よう、言われました。
それが…5パート全てがメロディーを吹く部分があるため、私は5パートを渡り歩くことになります。
しかも、「クラリネットのパートは2度下げて演奏するように」って。
それ、初見で sign02

リーダーが「メロディー」部分に☆印をつけてくれましたが、あっち行きこっち行き、アタフタ💦 それでも、何度かやっていくうちに、曲として形を成してきて。
楽器によってパート譜が必要なのも分かりました(2度下げての演奏は、大変)。
どっと疲れましたが、こうした緊張も新鮮でした shine

次のステージは、「区民まつり」。新曲は、子ども向けに「サザエさん~ドラえもん~ちびまる子ちゃん」のメドレー。
あと1か月あるので、大丈夫 wink

北海道の地震

9月7日(金)

北海道では、大変なことになっていますね。
北海道電力、地震は「想定外」じゃないので、震度2であの有様は、お粗末でした。
宅地の液状化や山の斜面の地滑りは…東日本大震災を思い起こさせました。
液状化しやすい地盤、地滑りしやすい立地は、全国にあるのです。

札幌には、義父母亡き後も義姉が住んでいる。
昨朝、夫が電話した時は停電に茫然としていたけれど…午後には復旧したと。早い!
「水も電池も備蓄していない」と言うのに…夫婦で唖然としたが、もう復旧したとなると、変わらないかなぁ。
東日本大震災は「他人事」だったのか、教訓にならないものねぇ sweat01

今朝、札幌市内に住む2番目の義姉から「大丈夫だから」と、電話がありました。
固定電話がやっと繋がったので、連絡してきたのでした。
安否確認できずに心配していたので、ホッとしましたが、
夫「こういう時のために、携帯電話をもったらどうか?」
義姉「実は…夫がもっているが、普段、電源を切ってある」
携帯電話をもっているなら、それですぐに電話してこればいいと思うけれど、電池切れだったのか、持ち慣れていない人には思いつかなかったのか…。

しかし、夫が義姉に
「うちでは、夫婦で非常用リュックとヘルメットを用意してある」「水・カセットコンロ・非常用トイレも買ってある」と自慢げに言っているのに、苦笑 coldsweats01
それ、全部、私が用意したものですから。
東日本大震災の時も、ホームセンターや食料買い出しの列に並ばずに、1週間は暮らせました。だって、神戸の震災があったじゃないですか。他人事じゃないと、思いましたもの。
あの後で家を買った時は、地盤をきちんと調べました。カセットガスストーブも買いました。

ともかく…
夫は急に、非常灯兼ラジオの点検をして(「どこにあるんだ!から始まったの。興味が無いから、自分の非常用リュックに入っているのを忘れている)、電池が古くなっていることに気付き、取り替えました。
いいことです。備えあれば、憂いなし flair
※因みに、電池不要の手動式ラジオも、あります。

「子ども食堂 応援 フェスティバル」

Photo 午前中、区内の「子ども食堂ネットワーク」の情報交換会がありました。主に、来週末に行われるイベントの打ち合わせ。

私は世話人なので、9時20分集合で打ち合わせ。台風で…土砂降りの雨の中、(自転車を使えず)徒歩で行くため、9時前に家を出ました。
防水だと思っていたショートブーツが、まさかの…。靴下も足もぐしょ濡れ、スカートも冷たかった weep 往復で50分も歩き、蒸し暑くて、汗だく
sweat01

夜は「子ども劇場」のサークル会の予定でしたが、強風で雨天なので、来週に延期。しばらく振りに皆と会いたかったのに、残念 despair

映画

東京⇔バンクーバーの機内で観た映画をメモしておきます。

Photoタリーと私の秘密の時間』2018年、アメリカ、95分、日本公開中
*主役のシャーリーズは、育児に疲れた3児の母を演じるために、20キロも体重を増やしたことが話題になっていましたが、戻すのに1年半かかったそう wobbly 体に負担がかかりそうだわ~。
*発達障害(?)の息子が幼稚園から「専任のシッターをつけろ」とか退園を迫られ、夫は夜にゲームをしているような男。その状態で、3番目の子を出産する!?
*暗い表情の妹に、リッチな兄が「夜間のベビーシッターを付けてくれる」と提案。稼ぎが少ない夫が(義兄への嫉妬から)反対するも…若い有能なシッター、タリーは、掃除も料理も育児も完璧!
*が、タリーは…仕事も育児も家事も完璧にこなしたいマーロが睡眠障害になって作り出した幻だった!という意外な結末。交通事故で入院する彼女が旧姓を「タリー」と言ったところで、「えっ!?」と気付いたが、ぼっとしていると見逃すかも(夫のようにcoldsweats01

ちはやふるー結びー

◆『Hello Vietnam(ベトナムを懐う(おもう)』2017、ベトナム、87分、ヌエン・クワン・エン監督、2018年公開
*ニューヨークを舞台に、ベトナム移民の男が故郷から父親をよぶが、お金のためにダブルワークする生活で、父親の世話ができない。それで、老人施設に父親を入れるが、父親は望郷の思いに駆られ、脱走。祖父のせいで両親が離婚したと思っているアメリカ育ちの孫娘と、家に戻ってきた祖父の間には、深い溝ができている。
*娘に何も語らない父親が、まず問題。ベトナム人とアメリカ人のギャップは、両方を知る彼が埋めなきゃ。
*その他にも色々あって…祖父と孫娘が事情を理解し合う結末で、めでたしめでたし。

◆『La Ville』2017年、フランス、105分、ロベール・ゲディギャン監督、2019年日本公開予定

父が住む海辺の家で、孫娘が溺死した悲劇から20年。父親が意識不明となって、老いに差し掛かった独身の三兄妹は「父を看取るまで」という期限付きで、一緒に暮らすことになる。それぞれが あまり幸福ではないため、重苦しい雰囲気。
そこに難民が流れ着き、警察が追っている。見つかると強制退去となる状況で、親を亡くした三姉弟をかくまうことになり、活気が出てくるのがおかしい
happy01

Chtite◆『La  Chtite Famille』2018年、フランス、106分、ダニー・ブーン監督、日本公開未定
*故郷を捨てて、都会で成功したデザイナー。イナカッペの家族が恥ずかしくて「孤児」ということにしてあるが、金に困った兄が「弟が誕生祝いをしてくれる」と母親に嘘をついて、家族で上京してくる。金儲けしか頭にない義父の車に轢かれて、記憶喪失に!
*美人で有能な妻が、方言しか喋れなくなった夫のために練習するという、予想外の献身ぶりに感動 lovely

家族愛や夫婦愛に溢れたコメディ映画で、大変面白かった happy01

週末

9月2日(日)

土日は、孫の子守。
Ana 今日は雨なので、5歳児は地下鉄に乗せて…羽田空港に連れて行きました。担当は、夫。
この子は乗りものが大好きで、私たちが旅行に行くと「ぼくも行きたかったなぁ…」と、いつも恨めしそうに言われます coldsweats01

1歳児は、家でお留守番。兄の小さい時同様、食べるの、大好き!
誰かが食べているのを見ると、いつも「ボクも、ボクも!」と大騒ぎ。自分の分が無くなると、「もっとよこせ!」と、泣き出す始末 wobbly
両手に食べ物を持つと、満ち足りた顔をします。
飢えているわけでもないのに…もうcoldsweats02

男女共同参画推進フォーラム

8月31日(金)

「男女共同参画推進フォーラム」に参加。
会場の国立女性教育会館の最寄りの武蔵嵐山駅までは、池袋駅から1時間ちょっと。
到着時刻から逆算して、家を出るのは7時半過ぎだ despair
この日朝から参加する仲間に声を掛け、池袋駅ホームで待ち合わせ。

Img_20180831_151629 午前中は、全国フェミニスト議員連盟のワークショップ「あなたの出番です!議会はあなたを待っている」に参加。

パネリストは、 緒方 ゆうかさん (熊本県熊本市議)・ 堀場 明子さん(笹川平和財団特任グループ長/主任研究員) ・まき けいこさん(全国フェミニスト議員連盟共同代表) 司会:陣内泰子さん(八王子市議)。

緒方さんは、子連れで議場に出て話題になった方。お生まれは横浜、国連開発計画での仕事を経て、熊本へ。産休制度や託児所の設置などを議会事務局や議長・会派に提案・お願いなどをしたが成果が無かったという。

堀場さんは、ウグイス嬢から政策秘書までやる頭脳明晰な方で、あなたこそ「議員になってほしい!」と思うが…立候補する女性の支援をする裏方を担っていただけるようで、心強い shine
*党内の候補者選定の透明化(密室で長老が決めてしまう弊害)
*企業が選挙休暇を出す(落選したら戻れる/4年任期後に復帰できる)
*女性の視点を活かすべく、政治部の女性記者・デスクを増やす
などの提案をされた。

また、学術的な研究の結果として挙げられたのは、
女性は自信や野心を持ちにくく、「問題解決のために政治家になる」人が多い。男性は「政治家になる」のが目的の人が多いので、女性議員が増えることは、多くの問題が解決されると言われている。

会場から「議員の妻の役割というのがあるが、女性議員の夫の仕事は?」「あなたの夫の場合は?」という質問が出て…
緒方さんの夫はこの日一緒に来ていて、会場の後方でビデオ撮影をしていたのでした
shine

Nwec2018web_2昼食後、会館主催の国谷裕子さんの講演会(「クローズアップ現代」時代の話や SDGs の話)があり、午後、所属団体でワークショップを開催。

関東各地や北海道・石川・兵庫・京都・愛媛・熊本など遠方から、地域で活動する市民や担当課・センターの職員、学識者などの参加がありました。

午後3時半の開始時に雷が鳴っていましたが…途中で、まさかの停電! プロジェクターもマイクも照明もオフになり、真っ暗に。 停電を知らせ、「危険なので建物の外に出ないように」という館内アナウンスが何度も響き渡る中、スピーカーが淡々と話し続けました wink

まず、4月に男女平等条例が施行されたばかりの世田谷区と国立市の市民に、その特色や成立過程などを報告していただきました。
◎世田谷の男女平等条例の内容がスカスカ(?)なのは…区長が野党が多い議会対応に追われて、庁内で案を作り、市民不在のまま拙速に制定したから。
◎国立市の条例は、市内にある一橋大学で起きた事件を受けた「アウティング禁止」を盛り込んだのが特色。審議員は学識5人、公募市民5人(市民団体の推薦・充て職ナシ)。苦情解決機関(委員)が無いのが心配か。 これらを受け、
✳既に条例を制定した自治体から「LGBTをどのように入れていくか、他区の例を参考にしたい」
✳男女平等の意識が根付いていれば、条例は無くてもいいのではないか
✳素晴らしい素案ができたが、横槍が入り、(男女平等を後退させる)酷い条例が制定された例もある
✳世界的には、LGBTではなく「SOGI(ソギ)」が用いられている。その情報が入らない日本の状況は遅れている。
その他、様々な意見が交わされました。

やる気

月2回、小学生・中学生向けの学習支援教室(無料)をしている。

スケジュール表は前以て渡しているのだが、忘れて来ない子(親も忘れている)に電話掛けしたり、 講師も忘れて来なかったり、当日の朝に突然キャンセルしたりで、学生講師に連絡したり、臨時の講師を探したりと、バタバタだ。

集中して勉強している子は数人。
「先生いらない!」と、殆ど勉強しないで他の子の邪魔をする子(来なくていいよ~(泣)
勉強嫌いで寝てばかりいる子、学力不足の子を「受験させたい」と言う親(経済的にも無理だと思うけど)への対応に苦慮している。

180207 ま、「友達ができた!」と嬉しそうにお迎えに来た親に報告していたり、ご寄付のおやつや手作りの小夜食を喜んで食べているのを見ると、ここに集うだけでもいいか…とも思う。

「ここでみっちり勉強して、学力が向上する」という期待にはお応えしかねるけれど、ね(それは「子どものやる気」に依る)。

帰国

8月28日(火)

Photo_12 帰国便をweb上でチェックインをしたら、「バンクーバー到着が遅れるため、1時間遅れの出発となる」というお知らせがメールで飛んできました。便利ですね~!

8時間ちょっとの飛行で羽田に降り立ったら・・・翌日の夜。変な感じ coldsweats01

帰国した羽田空港では、初めて機械の顔認証でスムーズに入ることができました。
係官のいる方は行列で、ずらーっと並んだマシンがガラガラなので、不慣れでもつい「やってみようか」という気になります。
※入管の担当者の主な仕事が顔認証だったんですね。人員削減だけでなく、行列解消にも効果ありです。

スマホに電源を入れたら、日本の朝に入ったメールが!急ぎだったので、慌てて返信。
旅行中にメールで届いたPDF(スマホの画面では見切れない)の確認は、明日の正午が締め切り。やることがいっぱいあって…現実に引き戻されましたsweat01

バンクーバー5日目

8月27日(月)

最終日。

Photo_7 朝食のついでに、ヨットハーバーまで散歩。
豪華なクルーザーやヨットを眺めながら歩いて行くと、水上飛行機の発着所。
山を背景に、到着と出発が頻繁にあります。
背後は、公園。ベンチに座って、しばらく眺めていました confident

Photo_8
帰り道、スカンクに出会いました wobbly
一歩入ると、高層ビルが林立するオフィス街なのに…不思議。

Dsc_0199_2 チェックアウトしてから、南西の方角にある海岸へ。
最高気温20℃でも、こちらの夏。海水浴を楽しむ親子連れ、上半身裸で寝転んで日光浴をする人も。

Photo_9 流木を利用した丸太のベンチ、海の中にある滑り台、海岸の像など、楽しめますhappy01
※人の2倍ほどの高さ、ちょい気味悪いな・・・。
 

バンクーバー4日目-その2-

Photo_10 昼食は、構内のカフェで フィッシュ&チップス、オニオン・リング、ローカル・ビール。

Photo_11 海岸が近いので 海鳥が飛び(鳴いてもいる)、森の中だから リスが走る環境、素晴らしいなぁshine

キャピラノ渓谷よりも遠いし、バスで来るのが面倒くさいと思ったけれど、薦めてもらってよかった。
バス代の小銭を用意した(紙幣は受け取られない)夫も、「充実した一日だった」と満足気confident

バンクーバー4日目

8月26日(月)

昨日のフェイスブックに「是非、UBC人類学博物館※に行って!」というコメントが付き、夫と相談の結果…UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)までやってきました。
ガイドブックでは、バスの終点の筈。が、週末はその手前までしか運行せず…乗Dsc_0187 り換えが必要で、アタフタsweat01
※先住民族の展示で有名な博物館。左の写真は、屋外展示物がある裏庭からのもの。

森の中の広大な敷地、地図と現在地を一致させるのに、一苦労。
だいぶ歩いて…辿り着き、結果、素晴らしかったです!

Photo_2 特に、インディアンアートの巨匠、ビル・リードの代表作・・・ワタリガラスが蛤の中に入った最初の人類を見つけたというハイダ族の神話を表した木彫。
Img_20180826_112702 グルーっと一回りしないと全体像が掴めないshine

先住民による木彫は、巨大。見上げるものばかり。

Dsc_0181_2Dsc_0183Dsc_0186 屋外の展示も良かった。

バンクーバー3日目-その2-

1808262_2 ロブソン通りの突き当たり、広大なスタンレーパークには、先住民の部族の手によるトーテムポールが立つ。

Photo ここから街を見ると、高層ビルが林立しているのが見える。住宅は値上がりし、中心部のマンションも郊外の戸建ても、1億すると!聞いた bearing

20180825 ダウンタウンから橋を渡って北に行くと、深い森が広がっていて、有名な「キャピラノ吊り橋」がある。

峡谷にかかる長い吊り橋(高さ70m、長さ137m)が人気で、吊り橋の数を増やして遊歩道を整備し、崖に沿って歩く道も作ったとか。


20180825_3 観光客が押し寄せ、赤ちゃん連れ(抱っこ紐)、犬を抱いた人もいて、アミューズメントパークだ shine

緑が気持ち良くて、且つ、スリル満点! これは、夕方(6時〜6時半)。日中は入場制限して、行列ができるそうだ。
※日の入が8時半頃。 飛び跳ねたりして揺らす不心得者もいて…地面に辿り着いても、揺れている気がするの。

201808252 そして、階段が多くて…ゼイゼイ。膝が心配 weep

よく考えると怖いけど、後ろから大勢人が来るので、立ち止まっていられない。人につられて…ドンドン進んでしまった wink

«バンクーバー3日目

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ