ようこそ!

cat 新着記事はこの下にありますので、ご注意ください。

wine Doblog 時代のものは、こちら goo のブログ に 「資料」として、記事のみ保存。

pen 趣味の 劇場通い旅、バンド、どっぷり漬かっている 市民活動読書 映画家族 のことなどを綴っています。

Syou


wave 南の島の浜辺に建つホテルに滞在し、椰子の木陰で昼寝 をするのが好きなので、このタイトルをつけました(写真は、ニューカレドニア島のホテルの窓から)。

bottle 初めていらした方は、お好きなように お読みください。 例えば、
※ページの下までざっと読み、前のページ へと進む
※右下の カテゴリー から 興味のあるものを選んで 読む

pc 尚、「 保存するほどでもない 」 と思った記事は、削除することがあります。 また、映画や観劇、書籍等についての記事は 私の 「 備忘録 」 ですので、ネタバレ もあります。 私は 結末が解かっても一向に気にしない性質ですが、そうでない方 ( で、これから観る・読む方  )は、読まない方が無難かも。

「ヨチヨチ父 とまどう日々」

Photo


ヨシタケシンスケ  著、赤ちゃんとママ社、2017/4/22

「赤ちゃんとママ」に連載していたものだそうで、 はじめて「父」になったパパの戸惑いを描く育児マンガ。

さすがヨシタケさん、新生児の世話で疲労困憊しているママの不機嫌な顔や途方に暮れるパパのイラストに、もう、大笑い coldsweats01

父親はこう思うのか…と納得させられる内容満載で、 口コミでは 新米パパの共感を大いによび、 ママは「うちの夫だけじゃないのか」と、ホッとするだろう。

特に素晴らしいのは、「パパも大変だけど、ママの方がもっと大変」「ママを笑わせるのが、パパの役目」と言い切っていること。労いの言葉一つで、険悪な雰囲気は一掃できるもの。

前線から一歩引いた淡々とした描写で笑えるし、赤ちゃんへの愛に溢れているので、育児中のパパママに、そして、これから親になる若い夫婦にプレゼントすると、喜ばれるだろう wink

文科省/高校「妊活」教材の嘘

Photo_3

「男女共同参画推進フォーラム」(NWEC)で、執筆者から買った本を読みました。今ごろですが… coldsweats01

西山千恵子・柘植あづみ 編著、論創社、2017年5月3日

調査から、自分の主張に合う結果を取り出して示すことは、よくあること。そう、第1章「グラフを見たら疑え」 だ。

ここで話題になっているのは、高校の副教材。
高校生に人権教育・避妊の方法・リプロダクティブ・ヘルス/ライツもきちんと教えずに、「若いうちに子どもを産め」と学校で刷り込むのは、よしてほしい。しかも、ねつ造・改ざんしたグラフを基にしてだ。 集会を開き、本を出すことで、きちんと抗議の声を上げ、そんなインチキを少なくすることは、意味があるshine  編著者らの尽力に敬意を表したい。

※政権支持率が新聞ごとに違うことのは、調査対象が偏っているからだろう。平日、家の電話に録音テープで「世論調査に協力してほしい」という依頼がくるのは、結果が信用できない。あれに答えるのは、限られた人達だと思うから。

東京バレエ団〈20世紀の傑作バレエ〉

9月10日(日)

Photo
東京文化会館で、「プティ/ベジャール/キリアン」作品を観てきました。

1階は満席、2~5階は半分以上席が埋まっていました。ロビー目当てですかね?

全作、初演。東京バレエ団、頑張りますね!でも…作品がちょっと古めかしい。「古典」だと思って見ればいいのでしょうが。
「春の祭典」は、他のカンパニーの振付が色々あって、もっと荒々しいのを観てしまっているので、中途半端な感じがしました。初演当時は、衝撃的だったのだとは思います。

diamond「小さな死」
 振付:イリ・キリアン 音楽:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

club「アルルの女」
 振付:ローラン・プティ 音楽:ジョルジュ・ビゼー
 出演:フレデリ:ロベルト・ボッレ ヴィヴェット:上野水香
 全体を初めて見ました。なるほどね…。

spade「春の祭典」
 振付:モーリス・ベジャール 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
 出演: 生贄…岸本秀雄、…2人のリーダー:ブラウリオ・アルバレス、和田康佑
      2人の若い男…岡崎隼也、杉山優一
           生贄…渡辺理恵、4人の若い娘:二瓶加奈子、三雲友里加、政本絵美、崔 美実 

上海歌舞団「朱鷺」

9月7日(木)

Photo

上海歌舞団の舞踊公演を観てきました。
東京国際フォーラム ホールCにて

朱鷺の群舞が、本当に美しかった~lovely
鳥っぽい振付がバレエとは違い、羽根の動きが流麗。ウットリ…
confident

物語は、朱鷺の精と農民の恋。と思いきや…
20分もの休憩を挟んで、第2部では時代が進み…「環境汚染」で朱鷺が全滅 weep
えっ!?そういう話だったの?
「その後、中国・韓国・日本では環境に留意して朱鷺の生存が確認された」と字幕が入り、人間と生物の共存を大切さがテーマでした。

※朱鷺の精達は身長も揃っていて、抜群のスタイル。
地上のミュージアム・ショップを覗いて地下道に下りたら・・・タイツの上にショートパンツをはいた朱鷺メイクの女性達に遭遇 wobbly 見上げるような長身ぞろいで、皆さん、ファミマでお買い物のようでした delicious

学習支援教室では

8月はお休みだった小中学生数人が、9月に入って来所。
生徒の人数の方が多くなり、誰をどの講師にマッチングするのかに気を遣っています。
何せ、小2~中2までいて、毎回仕事や趣味などで遅くなる講師や早目に帰る生徒・講師がいて、そして、中学生にはその都度、「何を教えてほしいか」を聞いて調整。

定時に来る筈の先生が来なかったり(忘れている)、生徒が連絡なく欠席したり、お母さんが残業で連れて来るのが遅れたり…(その都度、電話で確認することに)。
そのため、講師が来る筈の生徒を待ってポツン!としていたり、その逆もありで wobbly
だからと言って、他の講師にくっつけてすぐに他の講師が来ると、席も移さないといけないし。
「遅れる時と欠席の時は、必ず連絡してほしい」と、親御さんにお願い(言わないと、分からないんだよね。

◎嬉しいのは、スタッフが用意している小夜食を完食して「ごちそうさま」と食器を持ってきてくれる時。何が好きか、スタッフに話してくれたり wink

◎お迎えに来たお母さんが達は、我が子が集中して学習している姿を見ると、とっても満足気。ボランティアをしようという教員経験者の方達は、本当に丁寧で親切だし、子どもの対応に慣れていると感心します shine

上野動物園

9月2日(土)

1709

長男が休日出勤のため、上の子のお泊り保育を引き受けた。
雨が上がったので、おでかけは… 四半世紀ぶりの上野動物園 flair

夏休み明けなのに、かなりの混雑。
パンダ舎の前は、赤ちゃんが公開されている訳でもないのに、大きな人山。

外国人も多いし、ベビーカーも多い(こんな小さい子に見せても分からんだろうに…)。家族連れだけでなく、大人だけで来ている人も多いので、ボーッとしているとぶつかる wobbly

ホントに広いな~!(暑い上に体力が落ちているので、なおさら)
長~い行列に並んで、東園と西園をモノレールで往復してもう…クタクタ。

◎「カバ見たい!」というリクエストでカバ舎に行ったのに…その大きさに怯え、サイも怖くて見られなかった孫でした(コビトカバは、大丈夫だった coldsweats01
何がウケるかは、性格と年齢によるな~。アイスを食べている時が一番満足そうな顔、予想外の結果でした delicious

子ども・子育て会議

「子ども・子育て会議」の第3期がスタートしました。
1期2年の任期で、私は3期目となります。
学識者が4名になり、小学校PTA連合会などの充て職委員や公募委員などの交代もあり、全体の1/3以上が新メンバー。

学識者も含めて「区の子ども施策についての状況がよく分からない」ということで、質問が多く出て、時間も延長。委員には税金を使って謝礼(費用弁償)も出ていることですし、委員を受けたり応募したのならば、区のホームページなどで勉強して参加すればよいと、私は思います。手当の多い学識の方は、特に。

*ひとり親家庭の相談サービス・ひとり親家庭向けの学習支援教室がスタート。その説明がありました。子ども食堂に「近々離婚する」という親子が来ることもあるので、離婚しそうなケースの相談にも応じる「そらまめ相談室」は有効かな。

*「子ども食堂」助成についての説明後、委員のお一人から、区内の「空き家」と時間がある「高齢者・主婦」で「子ども食堂」を増やせると、区へのご提案がありました。 場所と人手があれば「子ども食堂」がスタートできるという発想、時々、ぶち当たります despair
が、何ごとも、始めるには情熱とエネルギー、継続には冷静なマネージメントやチームワークが必要だと私は実感しています。また、会場の管理とスタッフの斡旋を区の職員がやるには、今の職員体制では無理かと思います(非常勤職員の採用や委託業者の募集ということになる?)

*公募委員さんから「子ども食堂」について質問が出たので、区内の状況や現場のお話をしました。

*「学習支援教室」については、「ひとり親家庭以外の困窮家庭の小中学生にも必要」という意見が出ました。(担当の職員さんがご欠席だったこともあり)無料の学習支援教室を行っている団体として、状況を説明しました。

「夏休みランチ会」終了

計5回の「夏休みランチ会」が終わりました。

Img_20170829_135012
今日は、焼きそばパンの予定でしたが…
ウィンナーも用意して、バイキングにしました shine
焼きそばとウィンナー、レタス、ミニトマト、バナナ、巨峰、浅漬け、オニギリを用意。

◎毎月寄付を下さる支援者の見学があり、区内の子ども食堂、区の助成、登録している子ども達の様子などをお話しました。
共感し、励まして下さることが、大変励みになります confident

ブロック会⇒分区会

8月24日(木) sun

うだるような暑さ。日中の外出が苦痛でした sweat01

Photo

翌日開催するワークショップの準備や会費納入なとの用事で自転車をこぎ、
午後は、「子ども劇場」のブロック会へ。
10月の定期総会に向けて、ブロックの「1年のまとめ」をし、赤字解消・運営について提案をまとめました。

ニュージーランド土産のキウイクッキー、キウイの粒が入っているの。甘さ控え目で「やさしい味」だと好評でした wink

Photo_2
そして、夜は、保護司の分区会を兼ねた暑気払い。
いつものお店は「夏休み」だったので…池袋へ。若い人向けの商業ビルの中に、 こんな洒落た居酒屋があったのね
shine
Photo_3
Photo_4
バッチリ冷房が効いていたので、お酒好きな先輩方と、夏場はいただかない熱燗をつい…飲み過ぎたかな delicious

8月第2回目の子ども食堂

2017823
幼児から高校生まで30人(うち、母親2人)の参加。
夏休みは やはり少ないけれど、常連の子がどこかに旅行や外食に行ったのだったら、それも嬉しい wink

◎献立は、ナポリタンライス、じゃが芋とレタスのスープ、ミニトマト、きゅうりの浅漬け。食後にアイスも。

 うちでこういうメニューを作ることはない(トマトソースなら、パスタかマカロニ)が、黒コショウをかけたら、結構おいしかった delicious

 ◎10月に区内でオープンする 子ども食堂の方が3人、見学にみえた。

 ◎夏休みの「体験ボランティア」で来てくれていた大学生とは、これでお別れ。力仕事も進んでこなし、子ども達にも人気で、皆でお別れを惜しんだ。

これから「子ども食堂」を始める方からよく聞かれる質問の一つに、
◎「余ったらもったいないから、完全予約制にした方がいいのか?」
ー答え:予約してくるのは、ほんの数名。仕事と子育てに追われて余裕のない親御さんが多いし、子どもも忘れていたりする。予約しないと行けない、そう堅苦しく思われると足が遠のきます。「(なるべく)予約してね」くらいで。

Dsc_0567
私たちは、(みそ汁の汁以外)余っても捨てていない。「ご寄付のお米や寄付金で買った野菜を絶対に無駄にしない」という信念をもっている。
スタッフが持ち帰って、帰宅の遅い家族の夕食や翌日のお弁当に利用したり。参加者が「冷凍して食べる」と、ご飯を持ち帰ることも。
このナポリタンライスのにチーズをかけて焼いて、私のブランチになるとか flair

映画「ドリーム」

Photo


帰りの飛行機の中で観た映画の一つ。
原題 「Hidden Figures」。

◎NASAの3人の黒人系女性スタッフの実録。

主人公のキャサリンは天才的な頭脳をもち、黒人女性初の工学博士でも、「黒人だから」という理由で臨時雇いの計算係。

「リケジョ」が「計算係部屋」に集められてこき使われているのは、胸が痛む
wobbly

黒人が使えるトイレが僅かしかなく、勤務棟の外に出て遠くの棟のトイレまで行かざるを得ないとか、エンジニアになるのに「白人しか学べない高校・大学に通うべし」という決まりがあったり、「前例がないから」と差別丸出しの境遇の中、実力で職場の上司を味方につけ、裁判を起こして勝利して 男子校の夜間講座を受けたりと、自ら道を切り拓く前向きな生き方に感銘を受けた。

IBMの大型コンピューター黎明期。「電算機室」を用意して設置するも…IBM社員がちっとも動かせず、休憩時間にマニュアルを読んで独学した「機械に強いリケジョ」が大活躍。

彼女は「大型コンピューター」購入で計算係が解雇されることを予測して、計算係全員を連れて「室長」となる。痛快!!

3人共、家庭をもち、母親や夫も総動員で子育てしているのも、素晴らしかった。

※悲しいのは、秘書の白人女性が「差別していない」と言いながら、ちっとも味方せず、「男性を補助する美人の秘書」然としていること。

オークランド5日目

8月18日(金)

B


出発まで時間があるので、夫の希望で…港にある海洋博物館へ。
ガイドブックにある市内の観光スポットは大体網羅して、ここくらいしか残っていない wink

2


港に繋いである船も、展示品 shine

3


マオリ族のカヌー、侵略して来たイギリス人の帆船・蒸気船から「アメリカズカップ」まで、幅広い。

大きなのは2〜3階ぶち抜きで置いてあるの coldsweats02

移民船の狭い二段ベッドが再現されていたりして、なかなかリアルでした。

◎ホテルからスーツケースをカラカラ引いて、スカイバス乗り場まで行き、空港へ。

オークランド4日目~その2~

Photo_15


昼食は奮発して、由緒あるフェリービル1階にあるレストランで。

2


港を一望できるオシャレな店。

Photo_16


スパイシーな羊肉、美味しかった delicious

Photo_17

食後、ベンチ座って…カモメを愛で、しばし港を眺めて。

お土産を買って帰りました。

オークランド4日目

8月17日(木)

マオリのショーが観られるというので、今日も市内循環バスに乗って、市内の南東部にある「オークランド戦争博物館」へ。

Dsc_0534
Dsc_0538


「戦争」と言っても、それは3階だけ。
1階では、マオリ族の文化・歴史を知ることができます。

Photo_13


Photo_14


巨大なカヌー(←上のカヌーの一部)や高床式の住居、彫刻などに圧倒されました wobbly

2階では、自然に関する展示。

国鳥 キーウィや飛べない巨大鳥 モアの剥製を見学。

 

◎マオリのショーは、一日に2回(夏季は3回)。入場料に2千円弱上乗せしてチケットを買います。

_20170817_121704

開始少し前に1階に集合すると、出迎えに来た出演者がエレベーター ⇒ 3階のホールまで引率してくれます flair

_20170817_121546
市民は入場料が無料で、観光客や社会科見学の学生に混じって、保育園児のグループも保育士さん達と入場 wink

ステージは、11時から30分ほど。
四部合唱がキレイにハモって、歌声は文句ナシ! 最後は、ウォー・ソング、「ハカ」。
フットボールの試合前にやる、アレです。迫力、ありました shine
「ハカって、何?」と訝しんでいた夫も、納得 confident

オークランド3日目~その2~

Photo_10


市内バスでホテル付近に戻り、徒歩でオークランド美術館へ。
ニュージーランドのアーティストの作品を鑑賞。建物自体が、ステキshine

入場無料で、作品にさほどの驚きはなく coldsweats01

Photo_11


それはアルバート公園の一角にあって、公園で…しばしのんびり confident 
木蓮やポピーなど草花の手入れも行き届き、市民や(隣接するニュージーランド大学の)学生さんも多い。

Photo_12

天気はいいし、空いていたので…街のシンボル、スカイタワーに上ってみた。
チケット売り場で、60歳以上は「シニア料金」があることを教えてもらい、500円ほど安い料金(1人2千円弱)で wink
60階の展望デッキへ。

Hoki



グルッと市内を展望し、カフェでこの地の人気No.1の人気アイス、ホーキーポーキーをdelicious

«オークランド3日目

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ